FC2ブログ

Never go out of

Pas de Quatre

Style

嘘つきは恋の始まり (45)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

嘘つきは恋の始まり (45)

1
「・・・流石に1日じゃ引っ掻き傷も治らなかったわね。何だか嫌だわ・・・息子のほっぺたにそんな傷があるだなんて。ヤバいことしてる人みたい」「そういう人は豆柴で傷なんて作らないでしょ。それに言うほど大きな傷じゃあるまいし、幸い今週は大きな会議も商談もないから大丈夫だって」パンにジャム塗りながら眉を顰めて俺の顔を見てる母さん・・・牧野なんか隣から傷をつんつんしてくるから、「止めてよ」って言うと「痛くない?」って...
私の帰る場所・20
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

私の帰る場所・20

2
東京から逃げたと笑って話してくれた女将さん・・・今は65歳だって教えてくれた。呼子に来てもう24年になるそうだ。結婚した時から子供は考えていなかったらしくご主人と2人、ここに通いで来る数人の仲居さんと調理師さんと楽しく暮らしてると戯けたような声の調子で話してくれた。「唐津の方に大きなホテルが建つようになってからはこっちは寂れちゃってね。昔はもう少しお客さんも多くて賑わってて、こんな大きさの旅館でも繁...
もう1度抱き締めて・4
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

もう1度抱き締めて・4

0
バレンタインが終わってから卒業式まで、俺はあきらとも類とも会わずに西門で仕事をしていた。親父から頼まれた仕事を黙々と・・・考えることは1つだったがひと言もあいつらの名前も牧野の名前も口にせずに過ごした。そして卒業式の日。面倒臭くて行くのをやめようかと思ったが、お袋に喧しく言われ仕方なく出掛けた。万が一・・・あきらの言う通りになってたらその場で帰ればよくね?でも俺の方が帰るのも癪に障る・・・その中途半端な気...
嘘つきは恋の始まり (44)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

嘘つきは恋の始まり (44)

2
「本当に申し訳ありません、専務・・・お顔の傷、大丈夫でしょうか?」「・・・こんなのすぐに治るからいい。今度からリード離さないでね・・・」「あっ!ごめんね、類。その子のリード外したの、私なの・・・」「・・・・・・」ほんのちょっとだけど右の頬に琥珀のつけた傷が薄らと・・・ヒリヒリはするけど、こんなの怪我とまで言わないし、絆創膏なんて貼る必要もないし。ただ機嫌だけは最悪になって、怒った顔して自分の車に桃太郎達を乗せる準備を...
私の帰る場所・19
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

私の帰る場所・19

2
3日の朝早く、私は羽田空港にいた。ここから福岡空港まで飛行機で移動して、それからはJRで唐津へ・・・遠い所だと思っていたけど5時間ぐらいで着くようだった。朝、ホテルで食べることもしなかったから空腹で余計に気分が悪い。でも、食べたら吐くかもしれないし・・・と思って水だけ飲んで飛行機の搭乗時刻を待った。「お父さん、お母さん、早く早く!」「あぁ、走らないで!迷子になっちゃうわ!」「お父さん、抱っこ・・・」「なん...
Christmas Concert(4)~隣の部屋の彼・番外編~
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Christmas Concert(4)~隣の部屋の彼・番外編~

4
類がクリスマスコンサートに賛成してくれたから、私はお客さんとして呼びたい人に声を掛け始めた。「そこまでしなくても・・・」って呆れたように言われたけど類と一緒に招待状も買いに行った。可愛いサンタのイラスト入りの招待状・・・中は手書きでcantabileの場所と時間を記入して。試験勉強の合間、いつも類が煎れてくれる珈琲とお菓子で休憩してたけど、今はそれをするのに夢中だった。「ねぇ・・・少しは俺の相手もして欲しいんだけど...
嘘つきは恋の始まり (43)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

嘘つきは恋の始まり (43)

2
「うわぁ!類、この車ってホントにこの子達のためにあるのね?こっちに入ってこられないように車の中に柵がある!」「うん。大人しくなってるけど何があるか解らないから運転席には入ってこられないようにしてるんだよ。事故ったら元も子もないからね」首都高速と圏央道を利用してあきる野市まで約1時間、桃太郎達に負担が掛からないように1番早く行けるルートを選んでドライブ中。いつもなら無言で運転してるから彼奴らも大人し...
『花沢城物語~誕生!!凄腕SP~』 byGPS
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

『花沢城物語~誕生!!凄腕SP~』 byGPS

2
花沢城物語 <Prologue>とある海の真ん中に Flower island と言う島がありました。そこには、東の西門国、西の花沢国、南の道明寺国、北の美作国とそれぞれの領地を治める四つの独立国があります。つい先日、花沢国は一人息子 類 の結婚を機に領主を交代したばかりです。驚いたのはその後に続く様に、他の三国も東は 総二郎、南は 司、北は あきらへと領主を交代した事でした。これから綴るのは、花沢国 領主が住まう花沢城を舞...