Index

738: 10月の向日葵 (74)

祥兄のこの部屋は殺風景でほとんど自分の持

  • 2
  • -

750: カフェラテに浮かべたメッセージ・14

すごくあったかい・・・今日は何でこんなにお

  • 2
  • -

737: 10月の向日葵 (73)

「祥兄ちゃん・・・どうして祥兄ちゃんがここ

  • 2
  • -

749: カフェラテに浮かべたメッセージ・13

「牧野様、申し訳ございませんが本日は類様

  • 4
  • -

736: 10月の向日葵 (72)

「お前・・・相変わらずだな。総二郎」その声

  • 2
  • -

760: Sister Complex ・番外編・Last Story~恋の予感 ~

母さんが子供達への手土産をつくしに渡して

  • 8
  • -

748: カフェラテに浮かべたメッセージ・12

「こちら大崎、現在類様をお屋敷にお送りす

  • 8
  • -

735: 10月の向日葵 (71)

12月になって私は4ヶ月目に入った。検診

  • 8
  • -

734: カフェラテに浮かべたメッセージ・11

お台場にある大観覧車に向かったのはゆっく

  • 4
  • -

705: 10月の向日葵 (70)

旭川の大きなスーパーに買い物に来ていた。

  • 2
  • -

759: Sister Complex ・番外編・5~恋の予感 ~

<日本・高城邸>「あのさぁ・・・倒れたって

  • 8
  • -

654: カフェラテに浮かべたメッセージ (10)

凄く気持ちが良くて、とってもいい香りがし

  • 6
  • -

704: 10月の向日葵 (69)

退院してから2週間が過ぎた頃、総二郎とま

  • 10
  • -

653: カフェラテに浮かべたメッセージ (9)

朝は食べられないことのほうが多かった。花

  • 6
  • -

703: 10月の向日葵 (68)

『西門総二郎さんと言えば、あの有名な英徳

  • 2
  • -

758: Sister Complex ・番外編・4~恋の予感 ~

TAKASHIRO HOLDINGの大会

  • 2
  • -

652: カフェラテに浮かべたメッセージ (8)

「どうしよう・・・何着ていけばいい?スカー

  • 4
  • -

702: 10月の向日葵 (67)

別荘で生活を始めて数日、つくしは自分で出

  • 4
  • -

651: カフェラテに浮かべたメッセージ (7)

その日は朝からソワソワしていた。あれから

  • 6
  • -

701: 10月の向日葵 (66)

つくしが助手席で寝ていたときに鳴ったのは

  • 4
  • -

757: Sister Complex ・番外編・3~恋の予感 ~

「マサチューセッツ工科大学だと?・・・あん

  • 8
  • -

650: カフェラテに浮かべたメッセージ (6)

「さっきはありがとうございました。助かり

  • 6
  • -

700: 10月の向日葵 (65)

次の日にこの病院を退院することになった。

  • 2
  • -

649: カフェラテに浮かべたメッセージ (5)

マスターが10時に来て、割れたグラスを見

  • 2
  • -

699: 10月の向日葵 (64)

「うん・・・出血は治まってますね。胎児の心

  • 2
  • -

747: Sister Complex ・番外編・2~恋の予感 ~

「西門翔子・・・さん?って茶道の西門流と関

  • 6
  • -

648: カフェラテに浮かべたメッセージ (4)

「きゃあぁーっ!」 「うわぁーーーーーー

  • 6
  • -

698: 10月の向日葵 (63)

手術から一週間が経って傷口の抜糸が行われ

  • 2
  • -

647: カフェラテに浮かべたメッセージ (3)

今日は少し天気が悪くて小雨が降っていた。

  • 0
  • -

746: Sister Complex ・番外編・1~恋の予感 ~

一枚の葉書がニューヨークに届いた。見たく

  • 4
  • -

697: 10月の向日葵 (62)

<side千春>総二郎さんが家を出てからそろ

  • 4
  • -

646: カフェラテに浮かべたメッセージ (2)

「ご馳走様・・・あ、そうだ」彼はお会計を済

  • 0
  • -

696: 10月の向日葵 (61)

「腕の手術は無事に終わりましたよ。以前は

  • 2
  • -

707: 危険な紅葉狩り・最終話~茶と華と・秋の番外編~

「本当に困った人ねぇ!総二郎さん・・・何を

  • 4
  • -

645: カフェラテに浮かべたメッセージ (1)

少し肌寒くなってきたけど今日もいい天気!

  • 16
  • -

671: 10月の向日葵 (60)

朝が来て、何となく隣に誰かがいるような気

  • 2
  • -

692: Sister Complex (最終話)

「質問は受けないと申し上げました。皆さん

  • 18
  • -

670: 10月の向日葵 (59)

「総・・・二郎?ホントに・・・総二郎?」「あぁ

  • 4
  • -

706: 危険な紅葉狩り・9~茶と華と・秋の番外編~

ドンドンドンドン!・・・ドンッ!!「今度は

  • 4
  • -

691: Sister Complex (119)

関西西門の分家、西門清四郎氏の屋敷に着く

  • 2
  • -

669: 10月の向日葵 (58)

「それでは今日は午後から左腕の再手術を行

  • 6
  • -

690: Sister Complex (118)

あれから数週間後、私は花沢から高城つくし

  • 2
  • -

668: 10月の向日葵 (57)

約束の時間になって類は駅前の駐車場に現わ

  • 4
  • -

695: 危険な紅葉狩り・8~茶と華と・秋の番外編~

今日の夜は仙台市内のホテルを予約していた

  • 4
  • -

689: Sister Complex (117)

「高城社長・・・まだ考えは変わりませんか?

  • 2
  • -

667: 10月の向日葵 (56)

<西門邸・side千春>総二郎さんが家を出て

  • 4
  • -

688: Sister Complex (116)

<side誠・回想>花沢類にイギリスに行くと

  • 6
  • -

666: 10月の向日葵 (55)

夕方になって花沢類がまた病室にやってきた

  • 2
  • -

694: 危険な紅葉狩り・7~茶と華と・秋の番外編~

崖っぷちにしがみついてる男の顔を見て唖然

  • 10
  • -

680: Sister Complex (115)

つくしの父親、牧野晴男はすでに他界してい

  • 9
  • -

665: 10月の向日葵 (54)

もう一度不動産屋でアパートの解約の手続き

  • 4
  • -

679: Sister Complex (114)

その日の午後、時間通りに高城夫婦が花沢を

  • 4
  • -

664: 10月の向日葵 (53)

次の日の朝、類からもらった書類一式は俺の

  • 6
  • -

687: 危険な紅葉狩り・6~茶と華と・秋の番外編~

つくしの事が心配で上着を手に持って急いで

  • 4
  • -

678: Sister Complex (113)

高城美智子からの連絡は両親が帰国した次の

  • 2
  • -

663: 10月の向日葵 (52)

「これさ・・・何のためにいると思う?」類が

  • 2
  • -

693: 「Life Is Beautiful」 管理人・向日葵様 ブログ記念日!

皆様、こんにちは!plumeriaでございます!

  • 10
  • -

677: Sister Complex (112)

日本に戻ってきて数日、寝込んでいた加代も

  • 2
  • -

662: 10月の向日葵 (51)

類が来いと言ったのは夜の8時・・・その時間

  • 5
  • -

660: Sister Complex (111)

花沢邸に戻ると一斉に使用人達が玄関前に集

  • 2
  • -

639: 10月の向日葵 (50)

類が病院からつくしをどこかへ連れて行った

  • 2
  • -

686: 危険な紅葉狩り・5~茶と華と・秋の番外編~

次の日になってつくしの足の包帯を取ってみ

  • 6
  • -

659: Sister Complex (110)

「よおっ!!類!つくしちゃん、こっち!こ

  • 4
  • -

638: 10月の向日葵 (49)

私のアパートから必要なものを持ってきてく

  • 4
  • -

685: リレーイベント 終了しました♥

皆様、こんにちは~!plumeriaでございます

  • 16
  • -

658: Sister Complex (109)

日本に帰国する当日になった。ここから持っ

  • 2
  • -

637: 10月の向日葵 (48)

「それでは牧野さん・・・いいですか?ちゃん

  • 6
  • -

676: 危険な紅葉狩り・4~茶と華と・秋の番外編~

つくしを抱きかかえて旅館に戻ると女将が出

  • 4
  • -

684: 「Beautiful days」 やこ様・ブログお誕生日のお祝い♥

皆様、おはようございます!plumeriaでござ

  • 6
  • -

657: Sister Complex (108)

高城さんが病室に現われた時、一瞬ドキッと

  • 4
  • -

636: 10月の向日葵 (47)

花沢類に頼むのは卑怯だとわかっていた・・・

  • 2
  • -

656: Sister Complex (107)

<side誠>母さんの話を自分の部屋のベッド

  • 2
  • -

635: 10月の向日葵 (46)

鎌倉にある親父の別荘に向かっていた。おそ

  • 2
  • -

675: 危険な紅葉狩り・3~茶と華と・秋の番外編~

東北自動車道を北に走っていって古川ICで降

  • 4
  • -

655: Sister Complex (106)

産んでくれてありがとう・・・この言葉は今が

  • 2
  • -

634: 10月の向日葵 (45)

マンションに戻ってすぐに都内の地図を出し

  • 2
  • -

644: Sister Complex (105)

つくしが落ち着いた頃、俺の電話が鳴った。

  • 2
  • -

683: リレーイベント 途中経過・2!

皆さん、今晩は! plumeriaでございます。

  • 12
  • -

633: 10月の向日葵 (44)

あきらに調べてもらった成城のマンションを

  • 2
  • -

674: 危険な紅葉狩り・2~茶と華と・秋の番外編~

それから数日後、天気のいい日につくしと2

  • 4
  • -

643: Sister Complex (104)

<side誠>母さんが一度アメリカに戻って欲

  • 4
  • -

632: 10月の向日葵 (43)

西門を出て俺が向かったのは自分で購入した

  • 4
  • -

682: 「明日咲く花」・asu様、ブログ2周年のお祝い♥

皆様、今晩は~♥plumeriaでございます!今

  • 2
  • -

642: Sister Complex (103)

<side総二郎>類からの電話は日本時間の真

  • 0
  • -

631: 10月の向日葵 (42)

私が気がついたとき、病室には誰もいなかっ

  • 4
  • -

673: 危険な紅葉狩り・1~茶と華と・秋の番外編~

茶道表千家西門流の宗家、次期家元の西門総

  • 2
  • -

641: Sister Complex (102)

病室に飛び込んできたお母様はいつもとは少

  • 4
  • -

681: リレーイベント・中間報告!

皆様、今晩は!plumeriaでございます!この

  • 8
  • -

630: 10月の向日葵 (41)

お袋との話を済ませた俺は自分の部屋に戻る

  • 2
  • -

640: Sister Complex (101)

「つくし・・・お帰り。待ってたよ・・・このまま

  • 0
  • -

619: 10月の向日葵 (40)

俺は一睡も出来ずにスマホを睨み付けて朝を

  • 2
  • -

629: Sister Complex (100)

<side誠>何とか無事に動き出したシステム

  • 6
  • -

618: 10月の向日葵 (39)

次の日、地方支部から帰った時、もうつくし

  • 6
  • -

628: Sister Complex (99)

<side総二郎>「高城美智子が自分で認めた

  • 4
  • -

672: イベント途中経過♥

皆さん、今晩は。plumeriaでございます。リ

  • 8
  • -

617: 10月の向日葵 (38)

考ちゃんのマンションについてきたのはやっ

  • 8
  • -

627: Sister Complex (98)

あきらからの連絡でつくしの母親が高城美智

  • 2
  • -

616: 10月の向日葵 (37)

あっという間に私が茶道会館を退職する日が

  • 4
  • -

626: Sister Complex (97)

加代の病室に行ってみるとそこも個室になっ

  • 4
  • -

615: 10月の向日葵 (36)

つくしが西門を出ていくのを見かけたとき、

  • 4
  • -

625: Sister Complex (96)

「事故後5時間経って発見されたのは日本人

  • 6
  • -

614: 10月の向日葵 (35)

あれから数日後・・・いつものように仕事を済

  • 2
  • -

624: Sister Complex (95)

<side総二郎>アメリカで起きた事故のニュ

  • 6
  • -

661: いよいよです!「花束を君に~21の翼~」!!

花束を君に〜21の翼〜異種CP21人の二

  • 4
  • -

613: 10月の向日葵 (34)

私と話をしたいという千春さんの申し入れは

  • 2
  • -

623: Sister Complex (94)

偶然テレビの速報で流れたマンハッタンでの

  • 6
  • -

612: 10月の向日葵 (33)

なんとか薬で頭痛を抑えて茶道会館へ出勤を

  • 2
  • -

622: Sister Complex (93)

<side加代>「つくし様!つくし様ーっ!!

  • 4
  • -

611: 10月の向日葵 (32)

<side千春>総二郎さんが帰って来たと聞い

  • 2
  • -

621: Sister Complex (92)

それは突然の出来事だった。本当に普通に過

  • 6
  • -

610: 10月の向日葵 (31)

考が無理矢理つくしに酒を飲ませてここまで

  • 4
  • -

620: Sister Complex (91)

<side総二郎>西門と安藤に繋がりがあった

  • 8
  • -

598: 10月の向日葵 (30)

<side類>牧野は俺の胸に抱かれるようにし

  • 4
  • -

608: Sister Complex (90)

高城がフランスの水素複合貯蔵システムの現

  • 4
  • -

597: 10月の向日葵 (29)

<side類>接待で仕方なく来た吉祥寺にある

  • 2
  • -

607: Sister Complex (89)

副社長の結婚披露パーティーが終わった次の

  • 2
  • -

596: 10月の向日葵 (28)

桜子を見送っていた私の後ろから声をかけて

  • 6
  • -

606: Sister Complex (88)

フランスでのプロジェクトが本格始動を始め

  • 4
  • -

595: 10月の向日葵 (27)

「千春さん、少しお話があります。よろしい

  • 2
  • -

605: Sister Complex (87)

道明寺と二人っきりで会場の外の庭園に出た

  • 4
  • -

594: 10月の向日葵 (26)

お家元が決めたという総二郎の婚約者は、あ

  • 6
  • -

604: Sister Complex (86)

次の日、高城さんに連れられて、ニューヨー

  • 8
  • -

593: 10月の向日葵 (25)

数日間、特に大きな動きもなく表面上は穏や

  • 4
  • -

603: Sister Complex (85)

総二郎からの電話・・・その最後は何を話した

  • 2
  • -

592: 10月の向日葵 (24)

本文中にR表現が含まれております。パスを

  • 6
  • -

602: Sister Complex (84)

<side総二郎>「覚え間違いではありません

  • 2
  • -

591: 10月の向日葵 (23)

「つくしの部屋に行ってもいい?」考ちゃん

  • 2
  • -

601: Sister Complex (83)

つくしの声を聞きながら眠ってしまった俺は

  • 2
  • -

590: 10月の向日葵 (22)

考ちゃん言われたとおり自分の部屋で着替え

  • 2
  • -

600: Sister Complex (82)

<side総二郎>病室のベッドの上で少しだけ

  • 4
  • -

589: 10月の向日葵 (21)

考ちゃんとの稽古の初日、私は総二郎の時の

  • 2
  • -

599: Sister Complex (81)

次の日、大学で高城さんとばったり出会った

  • 2
  • -

549: 10月の向日葵 (20)

「今なんとおっしゃいましたか?つくしの稽

  • 2
  • -

609: 豪華イベント開催のお知らせです!

皆様、こんにちは~!plumeriaでございます

  • 2
  • -

587: Sister Complex (80)

花沢のお父様からの連絡があったのは西門さ

  • 4
  • -

548: 10月の向日葵 (19)

つくしが部屋を出て行ってしばらくして、や

  • 2
  • -

586: Sister Complex (79)

次の日、西門さんが約束どおり迎えに来てく

  • 2
  • -

547: 10月の向日葵 (18)

♪~♪~スマホの目覚ましの音かどこかから聞

  • 4
  • -

585: Sister Complex (78)

つくしが泣きながら報告をしてきたのは、総

  • 2
  • -

546: 10月の向日葵 (17)

総ちゃんが考ちゃんとの話を断われって言っ

  • 2
  • -

584: Sister Complex (77)

目が覚めたのは自分の部屋だった。ぼうっと

  • 4
  • -

545: 10月の向日葵 (16)

つくしを後ろから抱き締めたまま、「帰さな

  • 4
  • -

588: Shall We Dance? Last Story

英徳学園の卒業プロムナードが始まった。会

  • 2
  • -

583: Sister Complex (76)

あっという間に日にちは過ぎて、類はフラン

  • 4
  • -

544: 10月の向日葵 (15)

弟子の1人が告げてきたのは類の訪問だった

  • 6
  • -

582: Sister Complex (75)

本文中に微R表現を含んだ部分がございます

  • 2
  • -

543: 10月の向日葵 (14)

つくしに持ってこられた話の相手が考だと聞

  • 2
  • -

577: Shall We Dance? (6)

卒業式の当日、あきらからすごい剣幕で電話

  • 2
  • -

581: Sister Complex (74)

大学に行くのが怖かった。道明寺のように駐

  • 6
  • -

542: 10月の向日葵 (13)

「それでは今日はこの辺で終わりましょうか

  • 6
  • -

580: Sister Complex (73)

高城のパーティーが終わってから数日間、以

  • 2
  • -

541: 10月の向日葵 (12)

「返事は次に会うときでいいよ。今までだっ

  • 2
  • -

576: Shall We Dance? (5)

本当に偶然だったんだ。小さな公園であきら

  • 2
  • -

579: Sister Complex (72)

ダンスが終わって今度はあきらの所に戻ると

  • 4
  • -

540: 10月の向日葵 (11)

フランスから花沢類が帰ってくると連絡があ

  • 2
  • -

578: Sister Complex (71)

つくしがテラスから戻ってきた。少しだけ悲

  • 0
  • -

537: 10月の向日葵 (10)

「総ちゃん。お待たせ・・・遅くなってごめん

  • 4
  • -

575: Shall We Dance? (4)

<sideAKIRA>「美作さん・・・放して?」「・・

  • 2
  • -

572: Sister Complex (70)

つくしの所に戻るとあきらとシャンパンを片

  • 0
  • -

536: 10月の向日葵 (9)

祥兄が家を出てから3年・・・俺が次期家元と

  • 0
  • -

571: Sister Complex (69)

高城誠が真っ直ぐに俺たちの方に向かってく

  • 2
  • -

535: 10月の向日葵 (8)

8月も終わり季節がゆっくりと秋に向かって

  • 2
  • -

574: Shall We Dance? (3)

<sideAKIRA>牧野が類にダンスの練習相手

  • 2
  • -

570: Sister Complex (68)

パーティーが始まって間もなく、司会者の方

  • 2
  • -

534: 10月の向日葵 (7)

私が大学を卒業してからもうすぐ2年になる

  • 2
  • -

569: Sister Complex (67)

「高城コーポレーション日本支社設立記念パ

  • 0
  • -

533: 10月の向日葵 (6)

<side祥一郎>昔からどうしても馴染めなか

  • 2
  • -

573: Shall We Dance? (2)

牧野のダンスの練習が始まって一週間が過ぎ

  • 2
  • -

568: Sister Complex (66)

<side司>総二郎が言った電子工学科に行く

  • 4
  • -

532: 10月の向日葵 (5)

何となくつくしとの距離が遠くなったり近づ

  • 2
  • -

567: Sister Complex (65)

久しぶりに日本に戻ってきたのは、つい最近

  • 0
  • -

531: 10月の向日葵 (4)

何年か過ぎた頃・・・多分俺が6年でつくしが

  • 4
  • -

562: Shall We Dance? (1)

英徳学園では卒業式の後にプロムと呼ばれる

  • 2
  • -

566: Sister Complex (64)

両親が帰国してから一週間が過ぎた。この間

  • 2
  • -

530: 10月の向日葵 (3)

英徳の小学部につくしが入学するときはうち

  • 2
  • -

565: Sister Complex (63)

自分の部屋に入ってからドキドキする心臓が

  • 0
  • -

529: 10月の向日葵 (2)

「それでは今後はこちらが牧野つくしさんの

  • 6
  • -

564: Sister Complex (62)

部屋をノックしたらつくしが静かにドアを開

  • 2
  • -

528: 10月の向日葵 (1)

もう20年も前の事だ。その日、やけに静か

  • 8
  • -

538: 正しい恋の進め方・後書き と拍手コメントのお礼

(((o(*゚▽゚*)o)))皆様。こんにちは~!plume

  • 2
  • -

563: Sister Complex (61)

高城がわざと両親の前で大学内での俺の行動

  • 2
  • -

552: 正しい恋の進め方 最終話

3月になってやっと叔父が病気療養から復帰

  • 8
  • -

526: Sister Complex (60)

高城は応接室のソファーに俺と両親を前にし

  • 2
  • -

554: 正しい恋の進め方 Lesson56

「なんだ?これ・・・いつの間にこんな風に変

  • 4
  • -

525: Sister Complex (59)

<side誠>大学の講義が休講になったために

  • 4
  • -

553: 正しい恋の進め方 Lesson55

2月、特に冷え込むこの季節には茶の世界に

  • 4
  • -

524: Sister Complex (58)

静が藤堂を捨ててラファエルと結婚すると言

  • 0
  • -

561: 友達以上彼女未満 ⑥R ~柳緑花紅・河杜 花様からの頂き物~

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます

  • -
  • -

560: 友達以上彼女未満 ⑤ ~柳緑花紅・河杜 花様からの頂き物~

昨日の続きです。総ちゃんらしくなってきま

  • 3
  • -

516: 正しい恋の進め方 Lesson54

正月行事がすべて終わってから俺は再び京都

  • 4
  • -

523: Sister Complex (57)

<side誠>電子工学科の廊下に少し広めのコ

  • 0
  • -

559: 友達以上彼女未満 ④ ~柳緑花紅・河杜 花様からの頂き物~

では、第4話です!どうぞ・・・♥ 柳緑花

  • 3
  • -

558: 友達以上彼女未満 ③ ~柳緑花紅・河杜 花様からの頂き物~

昨日に引き続きまして、「柳緑花紅」 河杜

  • 2
  • -

515: 正しい恋の進め方 Lesson53

クリスマスが終わるとすぐに牧野の誕生日だ

  • 2
  • -

522: Sister Complex (56)

<side誠>「父さん、花沢物産と直接取引っ

  • 2
  • -

557: 友達以上彼女未満 ② ~柳緑花紅・河杜 花様からの頂き物~

それでは2話目です~! 柳緑花紅・河

  • 4
  • -

556: 友達以上彼女未満 ① ~柳緑花紅・河杜 花様からの頂き物~

*****お友達作家様からのお話!*****今回お

  • 2
  • -

512: 正しい恋の進め方 Lesson52

「それじゃあ、そろそろプレゼントの時間に

  • 4
  • -

521: Sister Complex (55)

どうしても抜けられない講義を受けて、やっ

  • 2
  • -

511: 正しい恋の進め方 (51)

ノックして部屋に入ったが誰からも返事があ

  • 2
  • -

555: お友達から初めてお話しをいただきましたぁっ!

皆様こんにちは~!plumeriaでございます!

  • 6
  • -

520: Sister Complex (54)

<side総二郎>普段滅多に行かない図書室・・

  • 2
  • -

510: 正しい恋の進め方 Lesson50

そしてクリスマスイヴになった。今日から初

  • 2
  • -

519: Sister Complex (53)

私が他の男の人と話をしたぐらいでここまで

  • 0
  • -

551: 正しい恋の進め方 Lesson49

『お客様のおかけになった電話番号は電波の

  • 4
  • -

518: Sister Complex (52)

5月になってすっかり大学生活に慣れて、ま

  • 4
  • -

509: 正しい恋の進め方 Lesson48

牧野のウエディングドレスをこっそり注文し

  • 4
  • -

517: Sister Complex (51)

俺たちが恋人になった翌月の4月・・・つくし

  • 6
  • -

550: 正しい恋の進め方 Lesson47

京都から帰るとすぐにおば様のお稽古が再開

  • 4
  • -

497: 迷い猫と暮らした夏 (最終話)

「美味しかった。ありがとう、牧野の朝ご飯

  • 8
  • -

508: 正しい恋の進め方 Lesson46

次の日の朝、一乗寺の別邸ではない小さな宿

  • 2
  • -

496: 迷い猫と暮らした夏 (17)

大森会長が間に入るっていう意味がわからな

  • 4
  • -

507: 正しい恋の進め方 Lesson45

「どうぞ・・・」そう言って差しだしたお茶を

  • 4
  • -

539: Summer Festival 茶と華と 番外編・最終話

つくしが妊娠したということは嬉しかったが

  • 6
  • -

495: 迷い猫と暮らした夏 (16)

牧野の身体がゆっくりとベッドに沈んだ。俺

  • 2
  • -

506: 正しい恋の進め方 Lesson44

今日の野点の会場は金井支部長の屋敷・・・こ

  • 2
  • -

514: Summer Festival 茶と華と 番外編・9

不可抗力とはいえ自分の嫁に毒を投げられて

  • 4
  • -

494: 迷い猫と暮らした夏 (15)

「誰なの?・・・あの子、見たことないけど・・・

  • 2
  • -

505: 正しい恋の進め方 Lesson43

昼過ぎてからお袋と牧野は京都一乗寺にある

  • 2
  • -

513: Summer Festival  茶と華と 番外編・8

なんだか身体中が痺れて動けなくなって・・・

  • 4
  • -

493: 迷い猫と暮らした夏 (14)

滅多に話さない母親に呼び出されて自宅のリ

  • 4
  • -

504: 正しい恋の進め方 Lesson42

京都でも東京と同じく茶道教室の講師や雑誌

  • 2
  • -

450: Summer Festival 茶と華と 番外編・7

まさか本当に総二郎さんにドクゼリの粉を投

  • 4
  • -

492: 迷い猫と暮らした夏 (13)

今までは会社に行っていた平日、やることも

  • 4
  • -

503: 正しい恋の進め方 Lesson41

やっとベッドから出たのはもうお昼前・・・あ

  • 2
  • -

449: Summer Festival 茶と華と 番外編・6

大井埠頭まで来たがこの広い場所のどこにつ

  • 6
  • -

491: 迷い猫と暮らした夏 (12)

あの日から何もする気が起きなくなった。2

  • 4
  • -

486: 正しい恋の進め方 Lesson40

注*本文中にR表現がございます。パスをか

  • 6
  • -

448: Summer Festival 茶と華と 番外編・5

「うわ、頭痛い・・・あれ?ここはどこ?・・・」

  • 4
  • -

490: 迷い猫と暮らした夏 (11)

「牧野つくしさんでいらっしゃいますか?」

  • 4
  • -

485: 正しい恋の進め方 Lesson39

俺が京都に行く数日前の金曜日の飲み会・・・

  • 2
  • -

447: Summer Festival 茶と華と 番外編・4

俺の横からつくしの姿が消えた・・・慌てて周

  • 4
  • -

460: 迷い猫と暮らした夏 (10)

類があんな事するなんて思いもしなかった私

  • 10
  • -

484: 正しい恋の進め方 Lesson38

そして9月の終わりに近い金曜日・・・京都に

  • 4
  • -

446: Summer Festival 茶と華と 番外編・3

そしてもうすぐ花火が上がるっていうからつ

  • 6
  • -

459: 迷い猫と暮らした夏 (9)

「ごめんね・・・少しだけこうさせて・・・」 急

  • 4
  • -

483: 正しい恋の進め方 Lesson37

西門さんは今回作った着物の中で私用の秋物

  • 2
  • -

445: Summer Festival 茶と華と 番外編・2

つくしは1個もスーパーボールを取れなくて

  • 2
  • -

458: 迷い猫と暮らした夏 (8)

類の話を聞いていたらその横顔から目が離せ

  • 0
  • -

482: 正しい恋の進め方 Lesson36

8月・・・茶事や茶会は随分と減る。暑すぎる

  • 2
  • -

444: Summer Festival 茶と華と 番外編・1

西門につくしが嫁いで2ヶ月・・・1つの問題が

  • 6
  • -

457: 迷い猫と暮らした夏 (7)

バス旅行の当日・・・一泊だけだからってほと

  • 2
  • -

481: 正しい恋の進め方 Lesson35

「大好き・・・西門さん」その言葉は今までど

  • 4
  • -

456: 迷い猫と暮らした夏 (6)

牧野のアパートに転がり込んで一週間・・・こ

  • 2
  • -

480: 正しい恋の進め方 Lesson34

しばらくこうやって抱き締めていたら慣れて

  • 6
  • -

455: 迷い猫と暮らした夏 (5)

俺を拾った次の日、牧野は会社を休んで一日

  • 0
  • -

479: 正しい恋の進め方 Lesson33

「これからはお前が作ってくれりゃいいじゃ

  • 6
  • -

454: 迷い猫と暮らした夏 (4)

晩ご飯の支度をしていたら何故か類はキッチ

  • 2
  • -

478: 正しい恋の進め方 Lesson32

順調に海に向かってバイクを走らせていたけ

  • 2
  • -

453: 迷い猫と暮らした夏 (3)

あの日・・・雨の中で考えていたのはフランス

  • 4
  • -

477: 正しい恋の進め方 Lesson 31

牧野は嬉しそうに作った弁当を保冷バッグに

  • 8
  • -

452: 迷い猫と暮らした夏 (2)

次の日の朝、目が覚めたら私のベッドで彼は

  • 2
  • -

470: 正しい恋の進め方 Lesson30

花嫁修業・・・その言葉を聞いた牧野は驚きす

  • 4
  • -

451: 迷い猫と暮らした夏 (1)

7月の梅雨明け・・・とにかく蒸し暑くて今に

  • 2
  • -

469: 正しい恋の進め方 Lesson29

花火が終わって西門さんと部屋に戻ろうとし

  • 4
  • -

476: Summer Vacation~夏の女神~(最終話)

最後の一日は2人でレンボンガン島に行った

  • 6
  • -

468: 正しい恋の進め方 Lesson28

西門に着いたらすぐに牧野を抱えて正面玄関

  • 4
  • -

475: Summer Vacation~夏の女神~(12)

あと二日間になったバリ島のバカンス・・・最

  • 2
  • -

467: 正しい恋の進め方 Lesson27

人混みを掻き分けて牧野を探していたら通行

  • 2
  • -

502: 真夏の夜の夢 (LastStory)

急に現実となった湖の中での恐怖・・・今まで

  • 4
  • -

474: Summer Vacation~夏の女神~(11)

類と私が外出できるようになるまでの間、お

  • 2
  • -

466: 正しい恋の進め方 Lesson26

花火が終わってしばらくしたら牧野も少し落

  • 8
  • -

501: 真夏の夜の夢 (5)

「あきら・・・こっちよ・・・私についてきて・・・

  • 2
  • -

443: Summer Vacation ~夏の女神~ 10

すっかり夜になってからやっと母さんが帰ろ

  • 2
  • -

465: 正しい恋の進め方 Lesson25

藍色の浴衣の俺は自慢じゃないがそこら辺の

  • 2
  • -

500: 真夏の夜の夢 (4)

「あきらくん・・・帰りましょう?ママはこの

  • 0
  • -

442: Summer Vacation ~夏の女神~ 9

この旅行が終わったら別れるだなんて思って

  • 2
  • -

464: 正しい恋の進め方 Lesson24

花火大会の日、俺は事務所に頼んで午後に仕

  • 6
  • -

499: 真夏の夜の夢 (3)

もうみんなが朝食をすませた後にキッチンに

  • 4
  • -

441: Summer Vacation ~夏の女神~ 8

「晴美さん」を探すために近くのホテルを片

  • 4
  • -

463: 正しい恋の進め方 Lesson23

「大阪が納得すればしばらくは京都だろう」

  • 4
  • -

498: 真夏の夜の夢 (2)

その少女は俺を待っていたという。月明かり

  • 0
  • -

440: Summer Vacation ~夏の女神~ 7

牧野にこのジンバランで有名なスパに行って

  • 2
  • -

489: 真夏の夜の夢 (1)

今年の夏もうちの女性陣は夏の避暑地巡りの

  • 0
  • -

462: 正しい恋の進め方 Lesson22

「あれ・・・牧野さんじゃないですか?」運転

  • 2
  • -

439: Summer Vacation ~夏の女神~ 6

ジンバランでの初めての夜は浜辺でイカン・

  • 0
  • -

461: 正しい恋の進め方 Lesson21

廊下の遙か彼方向こうから響く西門さんの声

  • 0
  • -

438: Summer Vacation ~夏の女神~ 5

海で思いっきり遊んでこれ以上は疲れるから

  • 0
  • -

423: 正しい恋の進め方 Lesson20

「類がね・・・フランスに来いって・・・さ」「馬

  • 6
  • -

437: Summer Vacation ~夏の女神~ 4

類が忘れ物を取りに行っている間に出会って

  • 2
  • -

422: 正しい恋の進め方 Lesson19

<side類>しばらく見ないうちにすごく綺麗

  • 4
  • -

436: Summer Vacation ~夏の女神~ 3

今日も快晴な夏空・・・少し朝寝坊したからそ

  • 6
  • -

421: 正しい恋の進め方 Lesson18

届いた着物を牧野と並んでしまっていたらな

  • 6
  • -

435: Summer Vacation ~夏の女神~ 2

明日からやっと夏休みだっていうのに、俺の

  • 4
  • -

420: 正しい恋の進め方 Lesson17

仕事中だったけど西村さんが着物のことを知

  • 4
  • -

434: Summer Vacation ~夏の女神~ 1

大学4年の夏休みがもうすぐ始まるころ、こ

  • 4
  • -

419: 正しい恋の進め方 Lesson16

西門さんのところで働き出してからもうすぐ

  • 6
  • -

433: Sister Complex (50)

つくしがすべてを知ってしまってから数ヶ月

  • 2
  • -

418: 正しい恋の進め方 Lesson15

あれから牧野は毎日元気よく西門に出勤して

  • 4
  • -

471: 半年経ちました!お礼&今後について

皆様、こんにちは~!plumeriaでございます

  • 12
  • -

432: Sister Complex (49)

次の日の朝・・・見慣れない部屋で眼を覚まし

  • 2
  • -

417: 正しい恋の進め方 Lesson14

またこの赤い車・・・目立ちすぎて窓側に顔が

  • 4
  • -

431: Sister Complex (48)

つくしはまだ混乱していて俺が抱き締めてて

  • 2
  • -

416: 正しい恋の進め方 Lesson13

お昼になったらお弟子さんが母屋のダイニン

  • 2
  • -

430: Sister Complex (47)

唇を離したらつくしはもう眼を真っ赤にさせ

  • 4
  • -

415: 正しい恋の進め方 Lesson12

その電話は朝の9時過ぎ・・・俺の予想どおり

  • 6
  • -

429: Sister Complex (46)

道明寺の家を出てから車は花沢の家に向かっ

  • 2
  • -

414: 正しい恋の進め方 Lesson11

牧野を車に乗せてゆっくりと発進させた。気

  • 4
  • -

428: Sister Complex (45)

司は間もなくここを出てアメリカに渡る・・・

  • 4
  • -

412: 正しい恋の進め方 Lesson 10

牧野に電話をかけたら会社の飲み会だと言っ

  • 6
  • -

427: Sister Complex (44)

道明寺HDとアメリカのウイルソン社の宇宙

  • 2
  • -

411: 正しい恋の進め方 Lesson9

「つくし・・・どうした?急に店から出て行っ

  • 2
  • -

426: Sister Complex (43)

「ここが類のマンション・・・ここの一番上に

  • 0
  • -

410: 正しい恋の進め方 Lesson 8

西門さんとの2回もしちゃったキス・・・あの

  • 2
  • -

473: 花沢専務の悩み事・フランスの貴公子ピエール来日!(後編)

花沢物産フランス本社からやってきたピエー

  • 4
  • -

425: Sister Complex (42)

西門さんのお部屋で自分の気持ちを聞いても

  • 2
  • -

472: 花沢専務の悩み事・フランスの貴公子ピエール来日!(前編)

花沢物産には超絶美形な跡取り息子、花沢類

  • 6
  • -

409: 正しい恋の進め方 Lesson7

西門さんがお店の人と話し込んでいるから私

  • 4
  • -

424: Sister Complex (41)

ゆっくりとこっちに向かって歩いてくる道明

  • 2
  • -

408: 正しい恋の進め方 Lesson 6

「うそっ・・・。なんでこんなに高いの?・・・っ

  • 2
  • -

402: Sister Complex  (40)

次の日・・・大学には行かずに父さんの・・・社長

  • 0
  • -

407: 正しい恋の進め方 Lesson 5

牧野と再会してから3日目の土曜日、俺は珍

  • 2
  • -

336: 若宗匠総二郎の試練・本当にあった怖い話・黒いドレスの女

茶道表千家西門流の若宗匠、西門総二郎氏に

  • 10
  • -

401: Sister Complex  (39)

つくしに何も言わずに先に自宅に戻った。今

  • 0
  • -

406: 正しい恋の進め方 Lesson 4

久しぶりに牧野を見かけたのは薄暗くなりか

  • 2
  • -

400: Sister Complex  (38)

「類様・・・本当にこんな事をされるのですか

  • 0
  • -

405: 正しい恋の進め方 Lesson 3

西門さんが連れて行ってくれたのは小さいけ

  • 2
  • -

257: 聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥・道明寺司 編

皆様、こんにちは。plumeriaの「故事ことわ

  • 12
  • -

399: Sister Complex  (37)

司とつくしの婚約披露パーティーが終わって

  • 0
  • -

404: 正しい恋の進め方 Lesson 2

私の一言で怒るのかと思ったけど西門さんは

  • 2
  • -

398: Sister Complex  (36)

道明寺にキスされたまま・・・この部屋のベッ

  • 2
  • -

403: 正しい恋の進め方 Lesson 1

英徳大学を卒業して3年・・・一流とまではいか

  • 4
  • -

381: 紫陽花の恋物語 (後編)

家元夫人は私をたった今、譲って下さった着

  • 8
  • -

397: Sister Complex  (35)

ホテルの最上階でエレベーターを降りたら、

  • 4
  • -

380: 紫陽花の恋物語 (中編)

「紫陽花の青とピンク・・・何で色が変わるか

  • 4
  • -

379: 紫陽花の恋物語 (前編)

西門さんのところに・・・西門流に入門しても

  • 8
  • -

396: Sister Complex  (34)

「で、類はここには来なかったのか?ずっと

  • 0
  • -

392: 続・茶と華と (最終話)

福岡でつくしと迎えた2回目の夜・・・この日

  • 12
  • -

395: Sister Complex  (33)

道明寺の横に立ってはいるものの私は会場の

  • 2
  • -

391: 続・茶と華と (23)

しばらく俺は笑いが止まらなかった!まさか

  • 2
  • -

256: 早起きは三文の得・西門総二郎 編

皆様、こんにちは。plumeriaの「故事ことわ

  • 6
  • -

394: Sister Complex  (32)

報道発表からしばらくして自宅の周りも静か

  • 0
  • -

390: 続・茶と華と (22)

博多のド真ん中・・・西門の九州支部の会館の

  • 4
  • -

393: Sister Complex  (31)

次の日の朝・・・花沢家の前には大勢の報道陣

  • 0
  • -

389: 続・茶と華と (21)

「で?・・・私は何を助けたらいいのかしら?

  • 4
  • -

249: 嵐の前の静けさ・美作あきら 編

皆様、こんにちは。plumeriaの「故事ことわ

  • 8
  • -

377: Sister Complex (30)

「もう帰ろう・・・つくし」司がいなくなって

  • 0
  • -

362: 続・茶と華と (20)

次の日の朝・・・眼が覚めたらつくしの姿がな

  • 2
  • -

376: Sister Complex (29)

医務室でずっと寝続けた私は最後のホームル

  • 0
  • -

361: 続・茶と華と (19)

本文中に微R表現が含まれております。苦手

  • 10
  • -

250: 壁に耳あり障子に目あり・花沢類 編

皆様、こんにちは。plumeriaの「故事ことわ

  • 4
  • -

375: Sister Complex (28)

小さな教室の隅で西門さんと道明寺が睨み合

  • 2
  • -

360: 続・茶と華と (18)

何が起きたんだ?・・・俺の目の前にいるのは

  • 4
  • -

374: Sister Complex (27)

クラスメイトの1人が興奮しながら私の目の

  • 2
  • -

359: 続・茶と華と (17)

いろんなことがあってすっかり外が暗くなっ

  • 2
  • -

413: 花沢専務の悩み事・ミルキーウェイに願いを込めて

花沢物産には屋上に都市緑化計画への取り組

  • 6
  • -

373: Sister Complex (26)

<side司>「司・・・花沢のお嬢さんの事だけ

  • 2
  • -

358: 続・茶と華と (16)

福岡での仕事が始まったばかりなのはわかっ

  • 6
  • -

372: Sister Complex (25)

庭から会場に戻るとつくしがこっちを見てい

  • 0
  • -

357: 続・茶と華と (15)

「牧野つくしさん・・・あなたとお話がしたい

  • 2
  • -

258: 天邪鬼な乙女の恋心・5 LastStory

仕事中、カレンダーを見て金曜日を指でなぞ

  • 6
  • -

371: Sister Complex (24)

庭に出てから静と向かい合ってベンチに座っ

  • 2
  • -

356: 続・茶と華と (14)

「道明寺社長、司君は遅いですな・・・」「本

  • 10
  • -

254: 天邪鬼な乙女の恋心・4

類の上着を握り締めたまま向かい合ってお互

  • 6
  • -

370: Sister Complex (23)

つくしに道明寺からの迎えが来る前に家を出

  • 2
  • -

355: 続・茶と華と (13)

「取り敢えず類は帰れ。俺は今からこの女に

  • 4
  • -

253: 天邪鬼な乙女の恋心・3

雨が結構ひどく降っている。マスターが貸し

  • 0
  • -

369: Sister Complex (22)

「ごめんね・・・俺の方がつくしを愛してるん

  • 0
  • -

354: 続・茶と華と (12)

<side類>どうしてこの俺が総二郎のとこの

  • 4
  • -

252: 天邪鬼な乙女の恋心・2

「牧野・・・3年前に戻らない?」「は?3年

  • 0
  • -

368: Sister Complex (21)

両親が帰ってきて久しぶりの家族揃っての食

  • 0
  • -

353: 続・茶と華と (11)

福岡入りして2日目、こっちでの支部会が始

  • 6
  • -

251: 天邪鬼な乙女の恋心・1

「もう終わりだね・・・これ以上は無理だよ。

  • 0
  • -

367: Sister Complex (20)

司達から離れて一人で廊下を進んで・・・教室

  • 0
  • -

348: 続・茶と華と (10)

総二郎さんが福岡に行った次の日、私は西門

  • 2
  • -

366: Sister Complex (19)

しばらくは何事もなく平和に過ぎていった。

  • 0
  • -

347: 続・茶と華と (9)

本邸の廊下で大声で怒鳴り合ったのは当然大

  • 6
  • -

388: ヴィーナスの涙をあなたに・7 LastStory

「1人で行きなさい・・・わかるでしょう?」

  • 12
  • -

365: Sister Complex (18)

自宅に戻ったつくしはしょんぼりしたまま自

  • 0
  • -

346: 続・茶と華と (8)

昨日私たちの結婚披露パーティーをしたホテ

  • 6
  • -

387: ヴィーナスの涙をあなたに・6 

「あら・・・もう見えなくなったわねぇ。つく

  • 2
  • -

364: Sister Complex (17)

西門さんが類と静お姉様が一緒にいるんじゃ

  • 2
  • -

345: 続・茶と華と (7)

「よくもまぁ、あんなに怒鳴っちゃって・・・

  • 4
  • -

386: ヴィーナスの涙をあなたに・5

アパートの階段を急いで駆け降りて美作さん

  • 2
  • -

363: Sister Complex  (16)

英徳に入ってもうすぐ2ヶ月になろうとして

  • 4
  • -

344: 続・茶と華と (6)

「総二郎・・・なんか会場の外で司の声がする

  • 6
  • -

385: ヴィーナスの涙をあなたに・4

「おば様・・・色々とありがとうございました

  • 4
  • -

335: Sister Complex (15)

「じゃあ、もう行こうか。午後からの授業に

  • 0
  • -

343: 続・茶と華と (5)

ホテルでのパーティーになったら私の憧れの

  • 4
  • -

384: ヴィーナスの涙をあなたに・3

牧野がくれた四つ葉のクローバー・・・この施

  • 4
  • -

334: Sister Complex (14)

大学のカフェで類のお友達にまた出会った。

  • 2
  • -

342: 続・茶と華と (4)

西門邸での宴会が終わったら、場所を都内の

  • 2
  • -

383: ヴィーナスの涙をあなたに・2

「ねぇ、総二郎。あきらの態度が気にならな

  • 0
  • -

333: Sister Complex (13)

「そんな事言ったの?教室のみんなの前で?

  • 0
  • -

341: 続・茶と華と (3)

「お前、俺を陥れようとしてるだろう?」自

  • 4
  • -

382: ヴィーナスの涙をあなたに・1

司と別れた牧野が急に大学を休んで姿を見せ

  • 6
  • -

332: Sister Complex (12)

「珍しいわね!花沢様が高等部にいらっしゃ

  • 0
  • -

340: 続・茶と華と (2)

昼過ぎてからの本邸での結婚式・・・この長す

  • 6
  • -

331: Sister Complex (11)

類のバースディパーティーはその後何事もな

  • 4
  • -

339: 続・茶と華と (1)

茶道表千家西門流 次期家元  西門総二郎

  • 6
  • -

330: Sister Complex (10)

部屋に戻るなり俺の手から離れて、つくしは

  • 0
  • -

349: 雨の降る日はそばにいて・後書き

皆様、こんにちは~!plumeriaです。昨日で

  • 4
  • -

352: 若宗匠総二郎の試練・突撃!滋のコスプレ写真館!

茶道表千家西門流宗家の若宗匠、西門総二郎

  • 8
  • -

329: Sister Complex (9)

パーティー会場が一気にざわついた。会場の

  • 0
  • -

319: 雨の降る日はそばにいて (最終話)

私は電車に揺られて伊豆の小さな町に向かっ

  • 10
  • -

328: Sister Complex (8)

「つくし・・・ちょっといい?」やっと類が声

  • 2
  • -

351: 雨の降る日はそばにいて (55)

寺の隅にある小さな池に咲いている黄菖蒲を

  • 4
  • -

378: 花沢専務の悩み事・美作商事での大誤算!

花沢物産の跡取り息子、花沢専務は見ている

  • 4
  • -

327: Sister Complex (7)

今日はホテルなどを使わずに自宅の大広間で

  • 2
  • -

318: 雨の降る日はそばにいて (54)

「綾乃さん・・・そうまでしてあなたには一体

  • 0
  • -

326: Sister Complex (6)

3月30日・・・俺の誕生日になった。昼過ぎ

  • 2
  • -

317: 雨の降る日はそばにいて (53)

<sideあきら>牧野はそれまでと違う強い眼

  • 2
  • -

325: Sister Complex (5)

3月の終わり、俺の誕生日が近づくと家中が

  • 0
  • -

316: 雨の降る日はそばにいて (52)

「今すぐお前が欲しい・・・」すぐ目の前で美

  • 4
  • -

324: Sister Complex (4)

小さい頃から私は類の後ばかりくっついてい

  • 6
  • -

310: 雨の降る日はそばにいて (51)

翌日・・・俺は1人で長野に向かった。当然家

  • 6
  • -

350: 若宗匠総二郎の試練・小悪魔桜子の甘い誘惑

茶道表千家西門流宗家の次期家元、西門総二

  • 8
  • -

323: Sister Complex (3)

小学校も中学校もつくしは英徳ではない普通

  • 0
  • -

309: 雨の降る日はそばにいて (50)

牧野が最後に残した言葉・・・もう一度よく考

  • 6
  • -

322: Sister Complex (2)

ぼくが英徳の幼稚舎に行く頃には、つくしも

  • 0
  • -

308: 雨の降る日はそばにいて (49)

気が付いたら俺と牧野は以前のように強く抱

  • 2
  • -

320: Sister Complex (1)

それはぼくがまだ2歳の頃、春のあたたかい

  • 6
  • -

307: 雨の降る日はそばにいて (48)

あきらが牧野を連れてくると連絡をしてきた

  • 2
  • -

247: 猿も木から落ちる・西門総二郎 編

皆様、こんにちは。plumeriaの「故事ことわ

  • 4
  • -

295: 星の砂 月の雫 (最終話)

「すっかり母ちゃんの顔になったじゃん!牧

  • 8
  • -

306: 雨の降る日はそばにいて (47)

<sideあきら>総二郎の謹慎処分を聞いた牧

  • 4
  • -

294: 星の砂 月の雫 (19)

その後一度東京へ戻って、以前から連絡を取

  • 3
  • -

305: 雨の降る日はそばにいて (46)

あきらは信じられないといった顔でただ驚い

  • 2
  • -

338: 立っている者は親でも使え・道明寺司 編

皆様、こんにちは。plumeriaの「故事ことわ

  • 4
  • -

293: 星の砂 月の雫 (18)

牧野の腕の中で眠っている天使・・・覗き込ん

  • 6
  • -

304: 雨の降る日はそばにいて (45)

あきらを操ったのは綾乃・・・そう確信した俺

  • 2
  • -

292: 星の砂 月の雫 (17)

その数日後、俺たちの結婚式が明日行われる

  • 2
  • -

303: 雨の降る日はそばにいて (44)

あれから何日が経ったんだろう・・・。もうよ

  • 4
  • -

291: 星の砂 月の雫 (16)

『東條を追い出されたっていう料理人の男が

  • 6
  • -

337: 仏の顔も三度・美作あきら 編

皆様、こんにちは。plumeriaの故事ことわざ

  • 10
  • -

302: 雨の降る日はそばにいて (43)

「ダメだよ・・・美作さん。手を離して・・・?」

  • 2
  • -

290: 星の砂 月の雫 (15)

それは思いもしないことだった。亜由美の方

  • 6
  • -

300: 雨の降る日はそばにいて (42)

綾乃は自分の脚を鋏で刺した・・・その傷は深

  • 6
  • -

289: 星の砂 月の雫 (14)

「そろそろ式の準備に入ったらどうだ?この

  • 2
  • -

321: 住めば都・花沢類 編

皆様、こんにちは。今日から始まりました、

  • 2
  • -

299: 雨の降る日はそばにいて (41)

「もう、嫌だよっ!!」そう牧野が叫んで部

  • 4
  • -

288: 星の砂 月の雫 (13)

フランスに来てから数ヶ月後、亜由美の様子

  • 0
  • -

298: 雨の降る日はそばにいて (40)

西門さんの家に行くと約束したのは3時・・・。

  • 6
  • -

287: 星の砂 月の雫 (12)

総二郎が牧野を見つけてくれた。やはり竹富

  • 0
  • -

297: 雨の降る日はそばにいて (39)

牧野が来る土曜日、この日はなぜか綾乃が朝

  • 6
  • -

315: 花沢専務の悩み事・社員旅行という名の悪夢 (後編)

花沢物産では毎年社員旅行が行われている。

  • 5
  • -

286: 星の砂 月の雫 (11)

「牧野・・・お前、まさか・・・」すごく驚いた顔

  • 2
  • -

296: 雨の降る日はそばにいて (38)

京都での茶事が終わってからもしばらくは家

  • 4
  • -

314: 花沢専務の悩み事・社員旅行という名の悪夢 (前編)

花沢物産では毎年社員旅行が行われる。しか

  • 4
  • -

285: 星の砂 月の雫 (10)

お昼前に買い物をするために歩いてお店まで

  • 2
  • -

274: 雨の降る日はそばにいて (37)

京都から帰るときに着替える時間がなかった

  • 2
  • -

284: 星の砂 月の雫 (9)

sideつくし「失礼ですが、牧野つくしさんで

  • 2
  • -

273: 雨の降る日はそばにいて (36)

「いやぁ、少し見ないうちに本当に立派にな

  • 5
  • -

313: 若宗匠総二郎の試練・道明寺司、妊婦つくし誘拐事件(後編)

茶道表千家西門流、宗家の若宗匠総二郎氏の

  • 6
  • -

283: 星の砂 月の雫 (8)

しばらくその場に座って考えていた・・・どう

  • 4
  • -

311: 総つくコラボ 『柳緑花紅・完全版』が公開決定!

こんにちは~!plumeriaです!先日の総つく

  • 2
  • -

272: 雨の降る日はそばにいて (35)

京都での茶事が行われる日・・・前日から行く

  • 0
  • -

312: 若宗匠総二郎の試練・道明寺司、妊婦つくし誘拐事件(前編)

茶道表千家西門流・宗家の若宗匠総二郎には

  • 6
  • -

282: 星の砂 月の雫 (7)

短いバカンスは終わった・・・俺たちはまた忙

  • 2
  • -

271: 雨の降る日はそばにいて (34)

ドアを閉めるなり俺は牧野にキスをした。何

  • 4
  • -

281: 星の砂 月の雫 (6)

この島はほとんどが遊泳禁止地区だから本当

  • 0
  • -

270: 雨の降る日はそばにいて (33)

美作さんと会ったことを正直に言わなかった

  • 0
  • -

280: 星の砂 月の雫 (5)

島の人が朝早くに来て朝食を準備してくれて

  • 2
  • -

269: 雨の降る日はそばにいて (32)

今日見た光景が頭から離れない・・・自宅に戻

  • 4
  • -

279: 星の砂 月の雫 (4)

牧野の手を取って自分の膝の上に座らせた。

  • 4
  • -

301: 遅れましたが拍手コメントのお礼❤

今晩は!plumeriaです。今まで拍手コメント

  • 0
  • -

268: 雨の降る日はそばにいて (31)

Mホテルのレストラン、その一番奥にある特

  • 0
  • -

278: 星の砂 月の雫 (3)

夜になると星空はまるでシャンデリアのよう

  • 4
  • -

267: 雨の降る日はそばにいて (30)

西門さんからメールで言われたとおり18時に

  • 0
  • -

261: 花沢専務の悩み事・斎藤君VS専務・・・変人同士の戦い!

花沢物産、今年の新入社員で人気ナンバーワ

  • 4
  • -

277: 星の砂 月の雫 (2)

金曜日の朝・・・まずは石垣島へ行く飛行機に

  • 2
  • -

266: 雨の降る日はそばにいて (29)

夕方・・・もうすぐ6時になるってのに綾乃が

  • 0
  • -

275: 初めてのリレーコラボ!plumeriaの悩み事と試練!

その日の19時30分。私はあと4時間ちょっ

  • 8
  • -

276: 星の砂 月の雫 (1)

花沢の家は全く俺たちを認めようとはしなか

  • 4
  • -

262: サプライズ企画 『柳緑花紅』 第四話

←第3話はこちら!大人のおとぎ話、管理人

  • 3
  • -

265: 雨の降る日はそばにいて (28)

<sideあきら>久しぶりに綾乃から会い

  • 2
  • -

246: dernier amour~最後の恋~(後書き)

\(//∇//)\dernier amour~最後の恋~終わ

  • 8
  • -

243: 雨の降る日はそばにいて (27)

手に食器を持ったまま思いっきりそのドアを

  • 0
  • -

232: dernier amour~最後の恋~(最終話)

それから半年後、俺が卒業する時・・・牧野は

  • 6
  • -

242: 雨の降る日はそばにいて (26)

カサブランカの件があってからしばらくは西

  • 2
  • -

231: dernier amour~最後の恋~(50)

今日はいつものメンバーでまた集まっていた

  • 0
  • -

241: 雨の降る日はそばにいて (25)

仕事先から帰って早々に家元夫人がその顔を

  • 4
  • -

230: dernier amour~最後の恋~(49)

「話があるんだけど」今まで笑っていた類が

  • 2
  • -

240: 雨の降る日はそばにいて (24)

この前初めて西門さんの家に・・・自宅という

  • 4
  • -

229: dernier amour~最後の恋~(48)

司がアメリカへ戻ったと聞いたのは次の日だ

  • 2
  • -

239: 雨の降る日はそばにいて (23)

優紀ちゃんの家に行くという牧野を駅まで送

  • 2
  • -

228: dernier amour~最後の恋~(47)

今出せる力を振り絞って司の襟元を掴み上げ

  • 4
  • -

238: 雨の降る日はそばにいて (22)

「総二郎お兄様がヤキモチだなんてびっくり

  • 4
  • -

227: dernier amour~最後の恋~(46)

「司、帰ってるよね?案内してもらえる?」

  • 6
  • -

237: 雨の降る日はそばにいて (21)

ホテルで食事をした数日後・・・あきらが少し

  • 2
  • -

226: dernier amour~最後の恋~(45)

9時30分・・・花沢のSPは何台もの専用車

  • 6
  • -

236: 雨の降る日はそばにいて (20)

高橋さんのお店は東京の真ん中にあるのにす

  • 0
  • -

264: 花沢専務の悩み事・定期健康診断の結果

どこの企業でも行われる定期健康診断・・・こ

  • 8
  • -

263: dernier amour~最後の恋~ (44)

「間違いじゃないよね・・・この庭って・・・」夜

  • 2
  • -

235: 雨の降る日はそばにいて (19)

会社の更衣室で同僚にからかわれた。最近よ

  • 0
  • -

225: dernier amour~最後の恋~(43)

交差点で黒い車に引きずり込まれてから・・・

  • 0
  • -

234: 雨の降る日はそばにいて (18)

あのパーティーの日からしばらくして屋敷で

  • 0
  • -

224: dernier amour~最後の恋~(42)

腕の傷の抜糸をする為に類が病院へ行ったの

  • 0
  • -

233: 雨の降る日はそばにいて (17)

パーティーが始まって2時間が過ぎた頃、少

  • 2
  • -

223: dernier amour~最後の恋~(41)

「今、誰のこと考えてたの?」そう聞かれて

  • 4
  • -

218: 雨の降る日はそばにいて (16)

「総二郎お兄様?」ざわついてる会場の中で

  • 4
  • -

222: dernier amour~最後の恋~(40)

「牧野・・・おはよう。牧野・・・」声をかけるけ

  • 2
  • -

217: 雨の降る日はそばにいて (15)

パーティー会場があるホテルに着いた。今日

  • 0
  • -

200: dernier amour~最後の恋~ (39)

本文中にR表現が含まれておりますので閲覧

  • 9
  • -

216: 雨の降る日はそばにいて (14)

そうして悩んでるうちにパーティー当日にな

  • 5
  • -

260: 花沢専務の悩み事・総二郎の茶道部活動開始!

花沢物産では社員の福利厚生と自発的な成長

  • 6
  • -

199: dernier amour~最後の恋~(38)

退院して向かったのは牧野と行ってたスーパ

  • 4
  • -

215: 雨の降る日はそばにいて (13)

「牧野、家のこと心配したんだろ?」西門さ

  • 2
  • -

198: dernier amour~最後の恋~(37)

牧野が司に直接伝えた決別の言葉・・・その後

  • 0
  • -

214: 雨の降る日はそばにいて (12)

「最近いいことでもあったの?つくし、随分

  • 2
  • -

197: dernier amour~最後の恋~(36)

道明寺の顔が歪んだ・・・ここに来て初めて見

  • 2
  • -

244: 雨の降る日はそばにいて (11)

西門さんに自分の気持ちを伝えた次の日に早

  • 4
  • -

259: 若宗匠総二郎の試練・生まれてないのにこどもの日

茶道表千家西門流・・・この宗家の次期家元西

  • 6
  • -

196: dernier amour~最後の恋~(35)

入院してから7日目、類の傷も良くなってき

  • 4
  • -

213: 雨の降る日はそばにいて (10)

牧野のアパートまで車を走らせた。何を考え

  • 4
  • -

195: dernier amour~最後の恋~(34)

結局、次の日も看護師長に怒られることで始

  • 4
  • -

212: 雨の降る日はそばにいて (9)

昨日の牧野の態度が気になって、あいつの退

  • 2
  • -

194: dernier amour~最後の恋~ (33)

突然の牧野からのお願い・・・牧野がそんな事

  • 2
  • -

211: 雨の降る日はそばにいて (8)

佐々木さんを黙らせるためについた西門さん

  • 0
  • -

193: dernier amour~最後の恋~(32)

もう夜遅くなってしまったけど自分のベッド

  • 6
  • -

210: 雨の降る日はそばにいて (7)

食事が終わって店を出たのは9時を過ぎた頃

  • 4
  • -

245: 花沢専務の悩み事・UNHAPPY GOLDEN WEEK!

現在、世間ではゴールデンウィーク真っ最中

  • 6
  • -

192: dernier amour~最後の恋~(31)

牧野を助け出してから、総二郎がすぐに花沢

  • 2
  • -

209: 雨の降る日はそばにいて (6)

西門さんに言われた一言にドキッとした。本

  • 2
  • -

221: 大混乱の3ヶ月!

こんにちわ♪(o・ω・)ノ))plumeriaでござい

  • 16
  • -

191: dernier amour~最後の恋~(30)

「やれるもんならやってみろよ。日本で俺た

  • 4
  • -

208: 雨の降る日はそばにいて (5)

店に入ると早速メニューに釘付けになった牧

  • 0
  • -

190: dernier amour~最後の恋~(29)

「牧野!・・・牧野っ!無事かっ?!」俺は無

  • 2
  • -

207: 雨の降る日はそばにいて (4)

大学を卒業して3年、俺は西門の仕事を本格

  • 0
  • -

189: dernier amour~最後の恋~(28)

平和島付近に着いた。このあたりは企業用地

  • 2
  • -

205: 雨の降る日はそばにいて (3)

西門さん達が卒業する日・・・その日も雨が降

  • 2
  • -

188: dernier amour~最後の恋~(27)

眼が覚めたら、そこはすごく寒くて薄暗い場

  • 0
  • -

204: 雨の降る日はそばにいて (2)

司と別れた後は類とあきらが何かと世話をや

  • 2
  • -

187: dernier amour~最後の恋~(26)

あきらの家の地下室・・・ここには美作の情報

  • 4
  • -

203: 雨の降る日はそばにいて (1)

俺たちがもうすぐ大学を卒業するっていうと

  • 2
  • -

186: dernier amour~最後の恋~(25)

俺が目を覚ましたのは花沢系列の病院だった

  • 10
  • -

220: 若宗匠総二郎の試練・美作あきらの看病日誌

茶道表千家西門流の次期家元・西門総二郎氏

  • 4
  • -

206: 花沢専務の悩み事・道明寺司がやってきた!

花沢物産の跡取り息子、花沢専務には、天敵

  • 4
  • -

185: dernier amour~最後の恋~(24)

その日の夕方、美作さんから連絡があった。

  • 6
  • -

175: RoyalBlue~恋心~ (後書き)

RoyalBlue~恋心~ 終わりました~!!(*⌒

  • 4
  • -

184: dernier amour~最後の恋~(23)

牧野はガタガタと震えて玄関に座り込んだ。

  • 0
  • -

219: RoyalBlue~恋心~ (最終話)

牧野が西門で生活を始めて2年が過ぎた頃、

  • 10
  • -

179: dernier amour~最後の恋~(22)

朝早くにあきらからのメールがあった。司の

  • 2
  • -

164: RoyalBlue~恋心~(54)

「総二郎・・・類が総二郎と話したいって・・・私

  • 2
  • -

178: dernier amour~最後の恋~(21)

「あれ・・・ここは・・・?」真夜中になって目が

  • 0
  • -

163: RoyalBlue~恋心~ (53)

類の側に1歩ずつ近づいた。近づく度に心臓

  • 2
  • -

177: dernier amour~最後の恋~(20)

牧野を駐車場から安全な場所へ連れて行こう

  • 0
  • -

162: RoyalBlue~恋心~ (52)

総二郎に言われて、類の部屋の向かい側・・・

  • 0
  • -

172: dernier amour~最後の恋~(19)

牧野が特待生試験に合格して、大学への復学

  • 2
  • -

148: RoyalBlue~恋心~ (51)

フランスに着いてからまっすぐ花沢邸に向か

  • 4
  • -

171: dernier amour~最後の恋~(18)

総二郎から聞いた司の話を自分でも調べてみ

  • 4
  • -

147: RoyalBlue~恋心~ (50)

牧野はもう意識は飛んでいるんだろう、俺の

  • 6
  • -

202: 花沢専務の悩み事・藤堂 静VS牧野つくし

花沢物産の跡取り息子、花沢専務には世界的

  • 6
  • -

170: dernier amour~最後の恋~(17)

花沢邸から帰ってすぐに晩ご飯の支度を始め

  • 2
  • -

146: RoyalBlue~恋心~ (49)

次の日、木元さん礼を言って早い時間に屋敷

  • 6
  • -

169: dernier amour~最後の恋~(16)

「はい!終了です。お疲れ様。合否は一週間

  • 2
  • -

201: 若宗匠総二郎の試練・愛妻つくしのご懐妊

茶道表千家西門流・・・この日本の茶文化を代

  • 6
  • -

145: RoyalBlue~恋心~ (48)

牧野を庇うようにして自分の後ろに回した。

  • 6
  • -

168: dernier amour~最後の恋~(15)

類が2週間、びっちり勉強に付き合ってくれ

  • 2
  • -

144: RoyalBlue~恋心~ (47)

総二郎にすべて話したら少しは気持ちが楽に

  • 6
  • -

167: dernier amour~最後の恋~ (14)

大学に復学申請をしてから、そのまま特待生

  • 2
  • -

143: RoyalBlue~恋心~ (46)

牧野は笑っていた。とても優しい笑顔で・・・

  • 0
  • -

183: 花沢専務の悩み事・第2秘書牧野の有給休暇

大抵の企業がそうであるように、ここ花沢物

  • 2
  • -

166: dernier amour~最後の恋~ (13)

アパートの片付けが終わると西門さん達3人

  • 0
  • -

142: RoyalBlue~恋心~ (45)

「牧野、話あるんだろう?俺は覚悟が出来て

  • 2
  • -

182: 桜散る日の優しい雨・6

その日の夜、俺はただ夢中で牧野を抱いてい

  • 6
  • -

165: dernier amour~最後の恋~(12)

桜子と西門さんの車で買い物に行ってアパー

  • 0
  • -

141: RoyalBlue~恋心~ (44)

<フランス・花沢邸>「類の具合はどうなん

  • 2
  • -

181: 桜散る日の優しい雨・5

今日も少し雨が降っている。土曜日だから1

  • 4
  • -

132: dernier amour~最後の恋~(11)

次の日の午前中にあきらがマンションにきた

  • 0
  • -

140: RoyalBlue~恋心~ (43)

西門でのお正月行事が終わった。なんとか無

  • 2
  • -

180: 桜散る日の優しい雨・4

類と別れた後に私が住んだのは山口県だった

  • 0
  • -

160: dernier amour~最後の恋~(10)

牧野が作ってくれた朝食・・・本当に美味しか

  • 0
  • -

125: RoyalBlue~恋心~ (42)

年が明けて、家元から話があったとおり後援

  • 0
  • -

176: 桜散る日の優しい雨・3

小さなアパートの郵便受けに領収書が入って

  • 2
  • -

131: dernier amour~最後の恋~ (9)

こうやって楽しい再会をしているけど、もう

  • 0
  • -

124: RoyalBlue~恋心~ (41)

ものすごく幸せな時間の中で・・・楽しいおし

  • 0
  • -

174: 桜散る日の優しい雨・2

3年前に類の所から黙って姿を消してしまっ

  • 2
  • -

130: dernier amour~最後の恋~ (8)

類が連れて行ってくれたのはMホテルのレス

  • 0
  • -

123: RoyalBlue~恋心~ (40)

年末年始、とにかく西門は忙しい。全員が朝

  • 0
  • -

173: 桜散る日の優しい雨・1

3年前の春に牧野と別れた。それまではいつ

  • 0
  • -

128: dernier amour~最後の恋~ (7)

とある不動産屋さんの中で類と私の戦いが始

  • 0
  • -

119: RoyalBlue~恋心~ (39)

12月3日  前の日から大阪に来ていた。

  • 4
  • -

161: 花沢専務の悩み事・第一秘書藤本の転勤?

春になると必ずと言っていいほど行われる人

  • 6
  • -

127: dernier amour~最後の恋~ (6)

次の日・・・朝起きたら、あれ?ここどこだっ

  • 2
  • -

118: RoyalBlue~恋心~ (38)

もうここに来てどのくらいたつんだろう。総

  • 4
  • -

126: dernier amour~最後の恋~(5)

その日の夜は2人でワインを飲みながら遅く

  • 2
  • -

129: RoyalBlue~恋心~ (37)

紅葉の季節、この頃になると牧野も所作が落

  • 2
  • -

157: 秘密のキス~おとなの掟~ (後編) 星香様へ贈り物

昨日に続きまして星香様に送りつけてしまっ

  • 8
  • -

122: dernier amour~最後の恋~ (4)

日本に帰ってきたんだ・・・本当に。もう1年

  • 2
  • -

116: RoyalBlue~恋心~ (36)

牧野はあと半年で卒業する。その先を悩んで

  • 2
  • -

156: 揺れ動く~おとなの掟~ (前編) 星香様への贈り物

突然ですが!私、初めてお話しをお友達サイ

  • 2
  • -

121: dernier amour~最後の恋~ (3)

「ねぇ。類?何処に行くの?私そんなにお腹

  • 2
  • -

115: RoyalBlue~恋心~ (35)

牧野と京都から帰ってすぐ家元と家元夫人に

  • 2
  • -

120: dernier amour~最後の恋~ (2)

次の日、西田さんに聞いた便よりも早くに空

  • 2
  • -

110: RoyalBlue~恋心~ (34)

次の日の朝、もう随分と明るくなってから目

  • 2
  • -

159: 花沢専務の悩み事・イケメン新入社員、斎藤君現る!

4月、どこの会社でも行われる入社式。ここ

  • 6
  • -

117: dernier amour~最後の恋~(1)

牧野が大学2年になるはずだった去年の春・・

  • 2
  • -

109: RoyalBlue~恋心~ (33)

本文中にR表現がありますので苦手な方はご

  • 4
  • -

155: depart en voyage~旅立ち~ (7 )

明日はとうとう日本を離れるんだ。すっかり

  • 0
  • -

102: 幸せの花束(お誕生日・2)

花沢系列の病院の特別室。ここは花沢家で病

  • 8
  • -

108: RoyalBlue~恋心~ (32)

京都での仕事が始まった。さすが東京よりも

  • 2
  • -

101: 幸せの花束(お誕生日)

3月の終わり・・・花沢家の庭園にある大きな

  • 6
  • -

107: RoyalBlue~恋心~ (31)

夏休み・・・大学も大学院も休みだが俺の仕事

  • 2
  • -

158: 花沢専務の悩み事・専務の誕生日プレゼント

花沢物産では3月末が近づくと女子社員の持

  • 10
  • -

106: RoyalBlue~恋心~ (30)

****フランス****「類!いい加減彼女を認め

  • 4
  • -

153: depart en voyage~旅立ち~(6)

類からの話を聞いてから数日後、私は美作さ

  • 2
  • -

105: RoyalBlue~恋心~ (29)

大学に戻ったけど、何かヒソヒソと噂話をさ

  • 2
  • -

152: depart en voyage~旅立ち~ (5 )

非常階段で類が突然言った言葉・・・「アメリ

  • 0
  • -

104: RoyalBlue~恋心~ (28)

4月になってすぐあきらは研修のためイタリ

  • 2
  • -

113: 恋が始まる花吹雪 (後編)

あの人が卒業して私は1人で非常階段にいた

  • 4
  • -

112: 恋が始まる花吹雪 (中編)

二年になってすぐ、もう桜が終わりかけて・・

  • 0
  • -

103: RoyalBlue~恋心~ (27)

西門に入るのが怖いという牧野。人が怖いん

  • 0
  • -

154: 花沢専務の悩み事・最大のライバル!美作部長

花沢物産の広告塔といえば、超絶美形の跡取

  • 4
  • -

111: 恋が始まる花吹雪 (前編)

英徳の入学式の時、桜の花びらが舞い落ちる

  • 0
  • -

100: RoyalBlue~恋心~ (26)

牧野が退院してから1ヶ月近くたった頃、西

  • 2
  • -

151: depart en voyage~旅立ち~ (4 )

どうやって話そうか・・・やっぱり電話じゃダ

  • 2
  • -

135: RoyalBlue~恋心~ (25)

「牧野、昨日はよく眠れたか?」離れの時に

  • 4
  • -

149: depart en voyage~旅立ち~ (3)

あれからあんまり類と話しをすることが出来

  • 2
  • -

99: RoyalBlue~恋心~ (24)

牧野はその後の検査で外傷の処置は通院で可

  • 2
  • -

150: 花沢専務の悩み事・牧野VSお局様VS専務

会社という所には必ずと言っていいほど存在

  • 6
  • -

98: RoyalBlue~恋心~ (23)

頭が痛い・・・何なの?この痛みは・・・ここはど

  • 2
  • -

79: 夜桜の色に魅せられて(後編)

気がつくと大きな桜の木の下に座っていた。

  • 2
  • -

139: depart en voyage~旅立ち~ (2)

あれはまだ・・・牧野と出会ってすぐの頃だっ

  • 0
  • -

78: 夜桜の色に魅せられて(中編)

「牧野・・・?おいっ!牧野!!」叫んでみた

  • 0
  • -

97: RoyalBlue~恋心~ (22)

3月に入ってから牧野は花の世話をしたり、

  • 4
  • -

77: 夜桜の色に魅せられて(前編)

「総二郎、お花見って行ったことある?」牧

  • 0
  • -

91: RoyalBlue~恋心~ (21)

京都での仕事が終わり、午後になってから自

  • 0
  • -

138: 花沢専務の悩み事・牧野専用エレベーター

花沢物産ほどの会社になると当然ながらエレ

  • 8
  • -

137: depart en voyage~旅立ち~(1)

「牧野・・・お前いつもそれ持ってんだな。な

  • 0
  • -

90: RoyalBlue~恋心~ (20)

その日の夜は西門さんには電話をしなかった

  • 0
  • -

136: 花沢専務の悩み事・メール誤送信

花沢物産ではコンプライアンスの一環として

  • 2
  • -

89: RoyalBlue~恋心~ (19)

おば様と食事に出かけた。すごく高級そうな

  • 0
  • -

134: 花沢専務の悩み事・コピーの修理

花沢専務は今日も忙しい。忙し過ぎて最近デ

  • 4
  • -

95: 本当に欲しいもの・6

ベッドの中で牧野を抱き締めてたら、昨日の

  • 0
  • -

83: RoyalBlue~恋心~ (18)

お昼過ぎになって西門さんが京都に行くため

  • 0
  • -

133: 花沢専務の悩み事・朝のコーヒー

花沢物産の若き専務、花沢 類 27歳これ

  • 0
  • -

94: 本当に欲しいもの・5

次の日の朝、すぐ近くで聞こえる波の音で目

  • 0
  • -

93: 本当に欲しいもの・4

微R表現を含みますので苦手な方はご遠慮く

  • 0
  • -

82: RoyalBlue~恋心~ (17)

翌朝、母屋のリビングでお袋を待った。今日

  • 0
  • -

92: 本当に欲しいもの・3

「うわぁあああ!!すごーーーい!」グアム

  • 0
  • -

86: Jealously (後編)

怒るでしょ・・・って・・・怒るわよっ!もう、頭

  • 4
  • -

81: RoyalBlue~恋心~ (16)

「2ヶ月も住んでんだ」その言葉に牧野がポ

  • 0
  • -

88: 本当に欲しいもの・2

どこに行くか・・・だ。牧野に言っても反対す

  • 0
  • -

85: Jealously (中編)

私はショックのあまり映画も見ずにアパート

  • 2
  • -

87: 本当に欲しいもの・1

最近、俺は考える。牧野って何かほしいもん

  • 0
  • -

84: Jealously (前編)

14日・・・今日は全然面白くない!せっかく予

  • 0
  • -

80: RoyalBlue~恋心~ (15)

週が明けても牧野はまだ起き上がれず、大学

  • 0
  • -

76: RoyalBlue~恋心~ (14)

長い時間が過ぎた。「総二郎。お前の人生を

  • 0
  • -

114: 幸せの花束・あと書き

ヾ(o´∀`o)ノこんにちは~plumeriaで

  • 0
  • -

74: RoyalBlue~恋心~ (13)

朝になっても牧野は何も話さず虚ろな目をし

  • 4
  • -

63: 幸せの花束(最終話)

1年経って・・・今日は私たちの結婚式の日。

  • 10
  • -

73: RoyalBlue~恋心~ (12)

すごくたくさんの人の前で、真っ白なドレス

  • 0
  • -

62: 幸せの花束(31)

両親がフランスから帰ってくる。迷わず牧野

  • 2
  • -

72: RoyalBlue~恋心~ (11)

西門本邸に着いた。牧野を車から降ろし、抱

  • 0
  • -

96: 幸せの花束(30)

類と偶然再会してからは花沢のお屋敷に帰っ

  • 0
  • -

71: RoyalBlue~恋心~ (10)

牧野は慌てたように下を向き顔を上げなかっ

  • 0
  • -

61: 幸せの花束(29)

類の顔を見る事が出来ずに下を向いてた。「

  • 2
  • -

70: RoyalBlue~恋心~(9)

類が選んだロイヤルブルーのイブニングドレ

  • 0
  • -

60: 幸せの花束(28)

店内に戻ったら私の作った花束を持って立っ

  • 4
  • -

69: RoyalBlue~恋心~(8)

12月になった。世間はクリスマスカラーに

  • 0
  • -

59: 幸せの花束(27)

5月に日本に戻ってから2ヶ月・・・牧野を見

  • 0
  • -

68: RoyalBlue~恋心~(7)

大学のキャンパス内を牧野と類が並んで歩い

  • 0
  • -

58: 幸せの花束(26)

****3年後****「専務、今日の予定ですが午

  • 0
  • -

67: RoyalBlue~恋心~(6)

都内にある高級ホテルの展望レストランで、

  • 0
  • -

57: 幸せの花束(25)

「子供が出来たんだ」類が持っていたグラス

  • 0
  • -

66: RoyalBlue~恋心~(5)

久しぶりにまっすぐ家に帰った。自分の部屋

  • 0
  • -

56: 幸せの花束(24)

赤ちゃんがいなくなった・・・・。知ってか

  • 2
  • -

65: RoyalBlue~恋心~(4)

昨晩は後援会の親父達との会食で遅くなり、

  • 0
  • -

55: 幸せの花束(23)

病室に戻ると、つくしはもう目を覚ましてい

  • 0
  • -

64: RoyalBlue~恋心~(3)

「ねぇ、牧野。来週両親が日本に来るんだけ

  • 0
  • -

54: 幸せの花束(22)

あきらと婚約したと言っても、発表もなかっ

  • 0
  • -

50: RoyalBlue~恋心~(2)

牧野が司と別れた。ほんの少しびっくりした

  • 0
  • -

53: あきら君のお誕生日!

あきら君、お誕生日おめでとう!!(o‘∀‘o)*

  • 0
  • -

52: 幸せの花束(21)

あきらから話があるって言われてリビングに

  • 0
  • -

49: RoyalBlue~恋心~(1)

ロイヤルブルーという色は自身の奥深くにあ

  • 0
  • -

51: 幸せの花束(20)

4月・・・俺は大学2年になった。つくしは

  • 0
  • -

47: 我儘と意地っ張り(後編)

昨日、本当は行きたかった訳じゃないんだよ

  • 2
  • -

46: 我儘と意地っ張り(中編)

「加代っ!ちょっと話があるからリビングに

  • 0
  • -

48: 我儘と意地っ張り(前編)

花沢家の朝は・・・・今日は2人の喧嘩で始

  • 0
  • -

41: 幸せの花束(19)

*******フランス********「え・・・・?牧

  • 0
  • -

75: あっという間の1ヶ月・お礼とつぶやき

☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆こんにちわ!Plumeri

  • 4
  • -

40: 幸せの花束(18)

・・・・sideつくし・・・・類がいなくなっ

  • 0
  • -

39: 幸せの花束(17)

白を基調とした明るめなマンション。牧野は

  • 2
  • -

37: 幸せの花束(16)

「あきらくん?つくしちゃん知らない?どこ

  • 4
  • -

44: その喧嘩の結末は(後編)

自分のマンションに帰ってからベッドに沈み

  • 0
  • -

43: その喧嘩の結末は(中編)

「牧野・・?いったいどうしたの?そんなに

  • 0
  • -

42: その喧嘩の結末は(前編)

大学のラウンジのソファーに類とあきらが座

  • 2
  • -

36: 幸せの花束(15)

・・・・・・side あきら・・・・・・類が

  • 0
  • -

35: 幸せの花束(14)

そして夏になった・・・。7月の終わり、も

  • 4
  • -

34: 幸せの花束(13)

古い小さなアパートに着いた。2階の牧野の

  • 0
  • -

28: 幸せの花束(12)

美作さんの家に時々遊びに行くようになった

  • 0
  • -

27: 幸せの花束(11)

牧野はギプスが取れて、走ったりしなければ

  • 0
  • -

26: 幸せの花束(10)

「すっごい・・・家だね?・・・類」「うん

  • 0
  • -

25: 幸せの花束(9)

それから数日が過ぎた。牧野に特に大きなト

  • 0
  • -

24: 幸せの花束(8)

「あの子よ・・・花沢様の・・・って」「何

  • 0
  • -

18: Priceless Chocolate(後編)

[だって!アメリカっていったら丁度あんた

  • 0
  • -

15: 宝探し(後編)

牧野の前に立って顔を近づけた。ちょっと困

  • 0
  • -

17: Priceless Chocolate(中編)

14日、牧野は予想通り、簡単ラッピングで

  • 0
  • -

14: 宝探し(中編)

次の日の朝、なぜか牧野はすごくご機嫌で。

  • 0
  • -

16: Priceless Chocolate(前編)

2月に入ってすぐ・・ある日の授業中・・・

  • 0
  • -

13: 宝探し(前編)

2月13日の夕方めずらしく牧野の方から俺の

  • 0
  • -

38: ブログ名は・・・

こんばんは~plumeriaです。始めて間がな

  • 6
  • -

23: 幸せの花束(7)

「あれ、あの子・・・・・類といた・・・」

  • 0
  • -

33: 雪山にて(後編)

帰りの車・・・「ねぇ、すごく疲れたでしょ

  • 2
  • -

32: 雪山にて(中編)

スキー場に着いた・・・東京から車を走らせ

  • 0
  • -

31: 雪山にて(前編)

西門さんが珍しく夕方までお仕事のない日、

  • 0
  • -

22: 幸せの花束(6)

その日、夕食をとりながら聞いてみた。「明

  • 0
  • -

30: 雪だるま・後編

「また、降ってきたよ。早く仕上げないと」

  • 0
  • -

29: 雪だるま・前編

今年初めて雪が積もった日・・・花沢家の広

  • 0
  • -

21: 幸せの花束(5)

「何・・やってんの?」そこには無表情な類

  • 0
  • -

20: 幸せの花束(4)

なんだろう・・・牧野のこの感じがすごく気

  • 0
  • -

19: 幸せの花束(3)

親はただ見栄のため、私を玉の輿とやらにす

  • 0
  • -

12: 幸せの花束(2)

****類は英徳ではF4と呼ばれるグループの一

  • 0
  • -

10: 茶と華と(9)

それからしばらく家元夫人に付いて修行とや

  • 2
  • -

9: 茶と華と(8)

会場にエスコートして入ると一瞬どよめきが

  • 0
  • -

11: 幸せの花束(1)

大企業のジュニアとして生まれ、小さい頃か

  • 0
  • -

8: 茶と華と(7)

その交流会の当日、行われるホテルの最上階

  • 0
  • -

7: 茶と華と(6)

西門の家に来て10日たった・・・。もともと

  • 0
  • -

6: 茶と華と(5)

次の日、お茶会があるというので家元夫人に

  • 0
  • -

5: 茶と華と(4)

「ごめんないね、総二郎さん。ほほほ・・・」

  • 0
  • -

4: 茶と華と(3)

**華道牧野流宗家にて**「・・・というわけだ

  • 0
  • -

3: 茶と華と(2)

ものすごい沈黙・・・なんだ?この空気。いつ

  • 0
  • -

2: 茶と華と(1)

茶道西門流時期家元 西門総二郎 現在25歳

  • 0
  • -

1: はじめまして

はじめまして。plumeriaと申します。花より

  • 15
  • -