Index

184: dernier amour~最後の恋~(23)

牧野はガタガタと震えて玄関に座り込んだ。

  • 0
  • -

219: RoyalBlue~恋心~ (最終話)

牧野が西門で生活を始めて2年が過ぎた頃、

  • 10
  • -

179: dernier amour~最後の恋~(22)

朝早くにあきらからのメールがあった。司の

  • 2
  • -

164: RoyalBlue~恋心~(54)

「総二郎・・・類が総二郎と話したいって・・・私

  • 2
  • -

178: dernier amour~最後の恋~(21)

「あれ・・・ここは・・・?」真夜中になって目が

  • 0
  • -

163: RoyalBlue~恋心~ (53)

類の側に1歩ずつ近づいた。近づく度に心臓

  • 2
  • -

177: dernier amour~最後の恋~(20)

牧野を駐車場から安全な場所へ連れて行こう

  • 0
  • -

162: RoyalBlue~恋心~ (52)

総二郎に言われて、類の部屋の向かい側・・・

  • 0
  • -

172: dernier amour~最後の恋~(19)

牧野が特待生試験に合格して、大学への復学

  • 2
  • -

148: RoyalBlue~恋心~ (51)

フランスに着いてからまっすぐ花沢邸に向か

  • 4
  • -

171: dernier amour~最後の恋~(18)

総二郎から聞いた司の話を自分でも調べてみ

  • 4
  • -

147: RoyalBlue~恋心~ (50)

牧野はもう意識は飛んでいるんだろう、俺の

  • 6
  • -

202: 花沢専務の悩み事・藤堂 静VS牧野つくし

花沢物産の跡取り息子、花沢専務には世界的

  • 6
  • -

170: dernier amour~最後の恋~(17)

花沢邸から帰ってすぐに晩ご飯の支度を始め

  • 2
  • -

146: RoyalBlue~恋心~ (49)

次の日、木元さん礼を言って早い時間に屋敷

  • 6
  • -

169: dernier amour~最後の恋~(16)

「はい!終了です。お疲れ様。合否は一週間

  • 2
  • -

201: 若宗匠総二郎の試練・愛妻つくしのご懐妊

茶道表千家西門流・・・この日本の茶文化を代

  • 6
  • -

145: RoyalBlue~恋心~ (48)

牧野を庇うようにして自分の後ろに回した。

  • 6
  • -

168: dernier amour~最後の恋~(15)

類が2週間、びっちり勉強に付き合ってくれ

  • 2
  • -

144: RoyalBlue~恋心~ (47)

総二郎にすべて話したら少しは気持ちが楽に

  • 6
  • -

167: dernier amour~最後の恋~ (14)

大学に復学申請をしてから、そのまま特待生

  • 2
  • -

143: RoyalBlue~恋心~ (46)

牧野は笑っていた。とても優しい笑顔で・・・

  • 0
  • -

183: 花沢専務の悩み事・第2秘書牧野の有給休暇

大抵の企業がそうであるように、ここ花沢物

  • 2
  • -

166: dernier amour~最後の恋~ (13)

アパートの片付けが終わると西門さん達3人

  • 0
  • -

142: RoyalBlue~恋心~ (45)

「牧野、話あるんだろう?俺は覚悟が出来て

  • 2
  • -

182: 桜散る日の優しい雨・6

その日の夜、俺はただ夢中で牧野を抱いてい

  • 6
  • -

165: dernier amour~最後の恋~(12)

桜子と西門さんの車で買い物に行ってアパー

  • 0
  • -

141: RoyalBlue~恋心~ (44)

<フランス・花沢邸>「類の具合はどうなん

  • 2
  • -

181: 桜散る日の優しい雨・5

今日も少し雨が降っている。土曜日だから1

  • 4
  • -

132: dernier amour~最後の恋~(11)

次の日の午前中にあきらがマンションにきた

  • 0
  • -

140: RoyalBlue~恋心~ (43)

西門でのお正月行事が終わった。なんとか無

  • 2
  • -

180: 桜散る日の優しい雨・4

類と別れた後に私が住んだのは山口県だった

  • 0
  • -

160: dernier amour~最後の恋~(10)

牧野が作ってくれた朝食・・・本当に美味しか

  • 0
  • -

125: RoyalBlue~恋心~ (42)

年が明けて、家元から話があったとおり後援

  • 0
  • -

176: 桜散る日の優しい雨・3

小さなアパートの郵便受けに領収書が入って

  • 2
  • -

131: dernier amour~最後の恋~ (9)

こうやって楽しい再会をしているけど、もう

  • 0
  • -

124: RoyalBlue~恋心~ (41)

ものすごく幸せな時間の中で・・・楽しいおし

  • 0
  • -

174: 桜散る日の優しい雨・2

3年前に類の所から黙って姿を消してしまっ

  • 2
  • -

130: dernier amour~最後の恋~ (8)

類が連れて行ってくれたのはMホテルのレス

  • 0
  • -

123: RoyalBlue~恋心~ (40)

年末年始、とにかく西門は忙しい。全員が朝

  • 0
  • -

173: 桜散る日の優しい雨・1

3年前の春に牧野と別れた。それまではいつ

  • 0
  • -

128: dernier amour~最後の恋~ (7)

とある不動産屋さんの中で類と私の戦いが始

  • 0
  • -

119: RoyalBlue~恋心~ (39)

12月3日  前の日から大阪に来ていた。

  • 4
  • -

161: 花沢専務の悩み事・第一秘書藤本の転勤?

春になると必ずと言っていいほど行われる人

  • 6
  • -

127: dernier amour~最後の恋~ (6)

次の日・・・朝起きたら、あれ?ここどこだっ

  • 2
  • -

118: RoyalBlue~恋心~ (38)

もうここに来てどのくらいたつんだろう。総

  • 4
  • -

126: dernier amour~最後の恋~(5)

その日の夜は2人でワインを飲みながら遅く

  • 2
  • -

129: RoyalBlue~恋心~ (37)

紅葉の季節、この頃になると牧野も所作が落

  • 2
  • -

157: 秘密のキス~おとなの掟~ (後編) 星香様へ贈り物

昨日に続きまして星香様に送りつけてしまっ

  • 8
  • -

122: dernier amour~最後の恋~ (4)

日本に帰ってきたんだ・・・本当に。もう1年

  • 2
  • -

116: RoyalBlue~恋心~ (36)

牧野はあと半年で卒業する。その先を悩んで

  • 2
  • -

156: 揺れ動く~おとなの掟~ (前編) 星香様への贈り物

突然ですが!私、初めてお話しをお友達サイ

  • 2
  • -

121: dernier amour~最後の恋~ (3)

「ねぇ。類?何処に行くの?私そんなにお腹

  • 2
  • -

115: RoyalBlue~恋心~ (35)

牧野と京都から帰ってすぐ家元と家元夫人に

  • 2
  • -

120: dernier amour~最後の恋~ (2)

次の日、西田さんに聞いた便よりも早くに空

  • 2
  • -

110: RoyalBlue~恋心~ (34)

次の日の朝、もう随分と明るくなってから目

  • 2
  • -

159: 花沢専務の悩み事・イケメン新入社員、斎藤君現る!

4月、どこの会社でも行われる入社式。ここ

  • 6
  • -

117: dernier amour~最後の恋~(1)

牧野が大学2年になるはずだった去年の春・・

  • 2
  • -

109: RoyalBlue~恋心~ (33)

本文中にR表現がありますので苦手な方はご

  • 4
  • -

155: depart en voyage~旅立ち~ (7 )

明日はとうとう日本を離れるんだ。すっかり

  • 0
  • -

102: 幸せの花束(お誕生日・2)

花沢系列の病院の特別室。ここは花沢家で病

  • 8
  • -

108: RoyalBlue~恋心~ (32)

京都での仕事が始まった。さすが東京よりも

  • 2
  • -

101: 幸せの花束(お誕生日)

3月の終わり・・・花沢家の庭園にある大きな

  • 6
  • -

107: RoyalBlue~恋心~ (31)

夏休み・・・大学も大学院も休みだが俺の仕事

  • 2
  • -

158: 花沢専務の悩み事・専務の誕生日プレゼント

花沢物産では3月末が近づくと女子社員の持

  • 10
  • -

106: RoyalBlue~恋心~ (30)

****フランス****「類!いい加減彼女を認め

  • 4
  • -

153: depart en voyage~旅立ち~(6)

類からの話を聞いてから数日後、私は美作さ

  • 2
  • -

105: RoyalBlue~恋心~ (29)

大学に戻ったけど、何かヒソヒソと噂話をさ

  • 2
  • -

152: depart en voyage~旅立ち~ (5 )

非常階段で類が突然言った言葉・・・「アメリ

  • 0
  • -

104: RoyalBlue~恋心~ (28)

4月になってすぐあきらは研修のためイタリ

  • 2
  • -

113: 恋が始まる花吹雪 (後編)

あの人が卒業して私は1人で非常階段にいた

  • 4
  • -

112: 恋が始まる花吹雪 (中編)

二年になってすぐ、もう桜が終わりかけて・・

  • 0
  • -

103: RoyalBlue~恋心~ (27)

西門に入るのが怖いという牧野。人が怖いん

  • 0
  • -

154: 花沢専務の悩み事・最大のライバル!美作部長

花沢物産の広告塔といえば、超絶美形の跡取

  • 4
  • -

111: 恋が始まる花吹雪 (前編)

英徳の入学式の時、桜の花びらが舞い落ちる

  • 0
  • -

100: RoyalBlue~恋心~ (26)

牧野が退院してから1ヶ月近くたった頃、西

  • 2
  • -

151: depart en voyage~旅立ち~ (4 )

どうやって話そうか・・・やっぱり電話じゃダ

  • 2
  • -

135: RoyalBlue~恋心~ (25)

「牧野、昨日はよく眠れたか?」離れの時に

  • 4
  • -

149: depart en voyage~旅立ち~ (3)

あれからあんまり類と話しをすることが出来

  • 2
  • -

99: RoyalBlue~恋心~ (24)

牧野はその後の検査で外傷の処置は通院で可

  • 2
  • -

150: 花沢専務の悩み事・牧野VSお局様VS専務

会社という所には必ずと言っていいほど存在

  • 6
  • -

98: RoyalBlue~恋心~ (23)

頭が痛い・・・何なの?この痛みは・・・ここはど

  • 2
  • -

79: 夜桜の色に魅せられて(後編)

気がつくと大きな桜の木の下に座っていた。

  • 2
  • -

139: depart en voyage~旅立ち~ (2)

あれはまだ・・・牧野と出会ってすぐの頃だっ

  • 0
  • -

78: 夜桜の色に魅せられて(中編)

「牧野・・・?おいっ!牧野!!」叫んでみた

  • 0
  • -

97: RoyalBlue~恋心~ (22)

3月に入ってから牧野は花の世話をしたり、

  • 4
  • -

77: 夜桜の色に魅せられて(前編)

「総二郎、お花見って行ったことある?」牧

  • 0
  • -

91: RoyalBlue~恋心~ (21)

京都での仕事が終わり、午後になってから自

  • 0
  • -

138: 花沢専務の悩み事・牧野専用エレベーター

花沢物産ほどの会社になると当然ながらエレ

  • 8
  • -

137: depart en voyage~旅立ち~(1)

「牧野・・・お前いつもそれ持ってんだな。な

  • 0
  • -

90: RoyalBlue~恋心~ (20)

その日の夜は西門さんには電話をしなかった

  • 0
  • -

136: 花沢専務の悩み事・メール誤送信

花沢物産ではコンプライアンスの一環として

  • 2
  • -

89: RoyalBlue~恋心~ (19)

おば様と食事に出かけた。すごく高級そうな

  • 0
  • -

134: 花沢専務の悩み事・コピーの修理

花沢専務は今日も忙しい。忙し過ぎて最近デ

  • 4
  • -

95: 本当に欲しいもの・6

ベッドの中で牧野を抱き締めてたら、昨日の

  • 0
  • -

83: RoyalBlue~恋心~ (18)

お昼過ぎになって西門さんが京都に行くため

  • 0
  • -

133: 花沢専務の悩み事・朝のコーヒー

花沢物産の若き専務、花沢 類 27歳これ

  • 0
  • -

94: 本当に欲しいもの・5

次の日の朝、すぐ近くで聞こえる波の音で目

  • 0
  • -

93: 本当に欲しいもの・4

微R表現を含みますので苦手な方はご遠慮く

  • 0
  • -

82: RoyalBlue~恋心~ (17)

翌朝、母屋のリビングでお袋を待った。今日

  • 0
  • -

92: 本当に欲しいもの・3

「うわぁあああ!!すごーーーい!」グアム

  • 0
  • -

86: Jealously (後編)

怒るでしょ・・・って・・・怒るわよっ!もう、頭

  • 4
  • -

81: RoyalBlue~恋心~ (16)

「2ヶ月も住んでんだ」その言葉に牧野がポ

  • 0
  • -

88: 本当に欲しいもの・2

どこに行くか・・・だ。牧野に言っても反対す

  • 0
  • -

85: Jealously (中編)

私はショックのあまり映画も見ずにアパート

  • 2
  • -

87: 本当に欲しいもの・1

最近、俺は考える。牧野って何かほしいもん

  • 0
  • -

84: Jealously (前編)

14日・・・今日は全然面白くない!せっかく予

  • 0
  • -

80: RoyalBlue~恋心~ (15)

週が明けても牧野はまだ起き上がれず、大学

  • 0
  • -

76: RoyalBlue~恋心~ (14)

長い時間が過ぎた。「総二郎。お前の人生を

  • 0
  • -

114: 幸せの花束・あと書き

ヾ(o´∀`o)ノこんにちは~plumeriaで

  • 0
  • -

74: RoyalBlue~恋心~ (13)

朝になっても牧野は何も話さず虚ろな目をし

  • 4
  • -

63: 幸せの花束(最終話)

1年経って・・・今日は私たちの結婚式の日。

  • 10
  • -

73: RoyalBlue~恋心~ (12)

すごくたくさんの人の前で、真っ白なドレス

  • 0
  • -

62: 幸せの花束(31)

両親がフランスから帰ってくる。迷わず牧野

  • 2
  • -

72: RoyalBlue~恋心~ (11)

西門本邸に着いた。牧野を車から降ろし、抱

  • 0
  • -

96: 幸せの花束(30)

類と偶然再会してからは花沢のお屋敷に帰っ

  • 0
  • -

71: RoyalBlue~恋心~ (10)

牧野は慌てたように下を向き顔を上げなかっ

  • 0
  • -

61: 幸せの花束(29)

類の顔を見る事が出来ずに下を向いてた。「

  • 2
  • -

70: RoyalBlue~恋心~(9)

類が選んだロイヤルブルーのイブニングドレ

  • 0
  • -

60: 幸せの花束(28)

店内に戻ったら私の作った花束を持って立っ

  • 4
  • -

69: RoyalBlue~恋心~(8)

12月になった。世間はクリスマスカラーに

  • 0
  • -

59: 幸せの花束(27)

5月に日本に戻ってから2ヶ月・・・牧野を見

  • 0
  • -

68: RoyalBlue~恋心~(7)

大学のキャンパス内を牧野と類が並んで歩い

  • 0
  • -

58: 幸せの花束(26)

****3年後****「専務、今日の予定ですが午

  • 0
  • -

67: RoyalBlue~恋心~(6)

都内にある高級ホテルの展望レストランで、

  • 0
  • -

57: 幸せの花束(25)

「子供が出来たんだ」類が持っていたグラス

  • 0
  • -

66: RoyalBlue~恋心~(5)

久しぶりにまっすぐ家に帰った。自分の部屋

  • 0
  • -

56: 幸せの花束(24)

赤ちゃんがいなくなった・・・・。知ってか

  • 2
  • -

65: RoyalBlue~恋心~(4)

昨晩は後援会の親父達との会食で遅くなり、

  • 0
  • -

55: 幸せの花束(23)

病室に戻ると、つくしはもう目を覚ましてい

  • 0
  • -

64: RoyalBlue~恋心~(3)

「ねぇ、牧野。来週両親が日本に来るんだけ

  • 0
  • -

54: 幸せの花束(22)

あきらと婚約したと言っても、発表もなかっ

  • 0
  • -

50: RoyalBlue~恋心~(2)

牧野が司と別れた。ほんの少しびっくりした

  • 0
  • -

53: あきら君のお誕生日!

あきら君、お誕生日おめでとう!!(o‘∀‘o)*

  • 0
  • -

52: 幸せの花束(21)

あきらから話があるって言われてリビングに

  • 0
  • -

49: RoyalBlue~恋心~(1)

ロイヤルブルーという色は自身の奥深くにあ

  • 0
  • -

51: 幸せの花束(20)

4月・・・俺は大学2年になった。つくしは

  • 0
  • -

47: 我儘と意地っ張り(後編)

昨日、本当は行きたかった訳じゃないんだよ

  • 2
  • -

46: 我儘と意地っ張り(中編)

「加代っ!ちょっと話があるからリビングに

  • 0
  • -

48: 我儘と意地っ張り(前編)

花沢家の朝は・・・・今日は2人の喧嘩で始

  • 0
  • -

41: 幸せの花束(19)

*******フランス********「え・・・・?牧

  • 0
  • -

75: あっという間の1ヶ月・お礼とつぶやき

☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆こんにちわ!Plumeri

  • 4
  • -

40: 幸せの花束(18)

・・・・sideつくし・・・・類がいなくなっ

  • 0
  • -

39: 幸せの花束(17)

白を基調とした明るめなマンション。牧野は

  • 2
  • -

37: 幸せの花束(16)

「あきらくん?つくしちゃん知らない?どこ

  • 4
  • -

44: その喧嘩の結末は(後編)

自分のマンションに帰ってからベッドに沈み

  • 0
  • -

43: その喧嘩の結末は(中編)

「牧野・・?いったいどうしたの?そんなに

  • 0
  • -

42: その喧嘩の結末は(前編)

大学のラウンジのソファーに類とあきらが座

  • 4
  • -

36: 幸せの花束(15)

・・・・・・side あきら・・・・・・類が

  • 0
  • -

35: 幸せの花束(14)

そして夏になった・・・。7月の終わり、も

  • 6
  • -

34: 幸せの花束(13)

古い小さなアパートに着いた。2階の牧野の

  • 0
  • -

28: 幸せの花束(12)

美作さんの家に時々遊びに行くようになった

  • 0
  • -

27: 幸せの花束(11)

牧野はギプスが取れて、走ったりしなければ

  • 0
  • -

26: 幸せの花束(10)

「すっごい・・・家だね?・・・類」「うん

  • 0
  • -

25: 幸せの花束(9)

それから数日が過ぎた。牧野に特に大きなト

  • 0
  • -

24: 幸せの花束(8)

「あの子よ・・・花沢様の・・・って」「何

  • 0
  • -

18: Priceless Chocolate(後編)

[だって!アメリカっていったら丁度あんた

  • 0
  • -

15: 宝探し(後編)

牧野の前に立って顔を近づけた。ちょっと困

  • 0
  • -

17: Priceless Chocolate(中編)

14日、牧野は予想通り、簡単ラッピングで

  • 0
  • -

14: 宝探し(中編)

次の日の朝、なぜか牧野はすごくご機嫌で。

  • 0
  • -

16: Priceless Chocolate(前編)

2月に入ってすぐ・・ある日の授業中・・・

  • 0
  • -

13: 宝探し(前編)

2月13日の夕方めずらしく牧野の方から俺の

  • 0
  • -

38: ブログ名は・・・

こんばんは~plumeriaです。始めて間がな

  • 6
  • -

23: 幸せの花束(7)

「あれ、あの子・・・・・類といた・・・」

  • 0
  • -

33: 雪山にて(後編)

帰りの車・・・「ねぇ、すごく疲れたでしょ

  • 2
  • -

32: 雪山にて(中編)

スキー場に着いた・・・東京から車を走らせ

  • 0
  • -

31: 雪山にて(前編)

西門さんが珍しく夕方までお仕事のない日、

  • 0
  • -

22: 幸せの花束(6)

その日、夕食をとりながら聞いてみた。「明

  • 0
  • -

30: 雪だるま・後編

「また、降ってきたよ。早く仕上げないと」

  • 0
  • -

29: 雪だるま・前編

今年初めて雪が積もった日・・・花沢家の広

  • 0
  • -

21: 幸せの花束(5)

「何・・やってんの?」そこには無表情な類

  • 0
  • -

20: 幸せの花束(4)

なんだろう・・・牧野のこの感じがすごく気

  • 0
  • -

19: 幸せの花束(3)

親はただ見栄のため、私を玉の輿とやらにす

  • 0
  • -

12: 幸せの花束(2)

****類は英徳ではF4と呼ばれるグループの一

  • 0
  • -

10: 茶と華と(9)

それからしばらく家元夫人に付いて修行とや

  • 2
  • -

9: 茶と華と(8)

会場にエスコートして入ると一瞬どよめきが

  • 0
  • -

11: 幸せの花束(1)

大企業のジュニアとして生まれ、小さい頃か

  • 0
  • -

8: 茶と華と(7)

その交流会の当日、行われるホテルの最上階

  • 0
  • -

7: 茶と華と(6)

西門の家に来て10日たった・・・。もともと

  • 0
  • -

6: 茶と華と(5)

次の日、お茶会があるというので家元夫人に

  • 0
  • -

5: 茶と華と(4)

「ごめんなさいね、総二郎さん。ほほほ・・・

  • 0
  • -

4: 茶と華と(3)

**華道牧野流宗家にて**「・・・というわけだ

  • 0
  • -

3: 茶と華と(2)

ものすごい沈黙・・・なんだ?この空気。いつ

  • 0
  • -

2: 茶と華と(1)

茶道西門流時期家元 西門総二郎 現在25歳

  • 0
  • -

1: はじめまして

はじめまして。plumeriaと申します。花より

  • 15
  • -