FC2ブログ
遠回りして帰ろう(最終話)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

遠回りして帰ろう(最終話)

12
ホテルの最上階にあるエグゼクティブスイートルーム。真下にはさっきのクリスマスツリーが輝いてるし、この部屋にもゴールドのランプだけが輝いてる大人っぽいツリーがあった。その窓辺で後ろから花沢類が抱き締めてくれる。私の胸の前でクロスされてる腕を掴んだら耳元に優しくキスされた。「もっと早く打ち明けたかったんだ。でも親から婚約者って存在を言われてね」「婚約者?花沢類の・・・婚約者?」「そう、俺も知らなかったん...
遠回りして帰ろう(13)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

遠回りして帰ろう(13)

4
「花沢類!お待たせ~!」 「ううん、俺も今来たところ。休みの日まで仕事、お疲れ!」久しぶりに会う花沢類は温かそうなコートにやっぱりカシミヤのマフラーしてる。足元を見たらジーンズじゃなくてスーツみたいだったから少し驚いた。だって支度は気にするなって言ったから普通のお店に行くんだと思ってた・・・それとも違うのかな?「どうかした?」「あ、ううん・・・何でもない。寒いなぁって思って。当たり前か!」「早く食事に行...
遠回りして帰ろう(12)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

遠回りして帰ろう(12)

6
12月に入って街中にクリスマスソングが流れるようになった。歩いてても恋人同士が1番楽しそうに見える・・・いや、私がどんどん迫ってくる春に怯えて淋しくなってるだけなのかも・・・。街路樹を飾るイルミネーションが苦しく見えるし、クリスマスイベントの広告を見ても気持ちだけが焦る。バスの窓からクリスマスツリーを見たらウキウキするどころか心が風邪引きそう。「ねぇねぇ、彼に何買った?」「私は今年は奮発して腕時計!もし...
遠回りして帰ろう(11)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

遠回りして帰ろう(11)

4
秋になって少し風が冷たくなった頃・・・だんだん心の奥が痛くなってきた。あと半年・・・あと半年しかなくなったんだって、10月になったら毎日のようにその事ばかりが頭を過ぎる。たまに仕事でミスして先輩に心配されて落ち込む時もあった。諦めなきゃって思うほど諦められなくて、考えちゃいけないって思うほど考えてしまう。離れなきゃって思うほど・・・やっぱり傍にいたい。この想いを伝えずに別れた方がいいのか、それとも返事は要...
遠回りして帰ろう(10)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

遠回りして帰ろう(10)

6
夏が終わって少し暑さが和らいだ。日焼けした子供達が元気よく学校に通い始め、私はその子供達と擦れ違いながら会社に向かうバスに乗る。バスに乗ったらとっくに学校が始まってる時間なのに高校生ぐらいのカップルがゆっくりと手を繋いで歩いてるのを見たりして、それに溜息をついていた。そんな事してないで早く学校に行って勉強しなさいよ・・・!世の中、そんなに甘くないのよ?楽しんでばかりじゃ大人になってから苦労するんだか...