FC2ブログ
Be mine Forever・LastStory
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Be mine Forever・LastStory

6
本文中にR表現を含んだ部分がございます。苦手な方はご遠慮下さい。パスをかけておりませんので閲覧は自己責任でお願い致します。******************************つくしをバスルームで軽くいただいた後、先に部屋に戻ってミネラルウォーターで水分補給。そして雛乃が手渡してくれた物を用意した。さて・・・どんな効果があるんだか。ベッド脇にそれを置いてつくしが来るのを待っていたら、暫くしてふら...
Be mine Forever・11
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Be mine Forever・11

2
本文中にR表現を含んだ部分がございます。苦手な方はご遠慮下さい。パスをかけておりませんので閲覧は自己責任でお願い致します。******************************ホテルの部屋に入ると俺の手を振り解き、猛ダッシュで窓際まで逃げやがった。こんな場所で俺から逃げられる訳ねぇのに・・・まるで襲われるのかってぐらい怯えてるから逆に面白かった。「なんでそんな窓際に逃げてんの?こっちに来い、つく...
Be mine Forever・10
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Be mine Forever・10

2
「バレたもんは仕方ねぇ。ここは泊まれるようになってないからホテルに行くぞ」「はっ?!総二郎はお座敷が・・・」「馬鹿野郎!この状況で座敷になんか戻れるか!」「いや、戻ってもいいわよ?こ、これもお仕事でしょ?途中で抜けちゃあねぇ!」「仕事は講演だったから終わった。これからはフリーだ」まったく・・・俺の計画丸潰れで、笑いしか出てこねぇし。でもこいつのヤキモチってのが嬉しくて腹が立ってた事なんてどっかにすっ飛ん...
Be mine Forever・9
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Be mine Forever・9

0
急に襖が開いて、大声で喚きながら飛び込んで来たのはつくしと桜子。その後に入ってきた爺さんは俺があるものを頼んでいた西門馴染みの老舗呉服店、「冨久田屋」の店主。夕方挨拶に行った呉服屋の爺さんだ。揃ったところで長襦袢姿の雛乃には取り敢えず着物を羽織らせて、全員がその場に座った。「・・・で?もしかして俺の後をずーっとタクシーで付け回していたのはお前達か!」「付け回してたって・・・元々は総二郎が京都で浮気したか...
Be mine Forever・8
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Be mine Forever・8

2
「失礼します、西門の若宗匠居てはりますか?雛乃が参りましたよ」「あぁ、ありがとう。すぐ行く」祇園のお茶屋である「桜や」に来たのは18時半。ここに雛乃を呼んで、お茶屋と繋がっている古い宿の一室で会うことになっていた。それにしても今日は1日中誰かにつけられてたような気がして、ここでも何故か落ち着かなかった。京都のお茶屋は『一見さんお断り』の風習があるから知らないヤツは入って来られないって判ってるけど、...