FC2ブログ
私の帰る場所・番外編~花音の恋~・最終話
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

私の帰る場所・番外編~花音の恋~・最終話

6
母様の言う通り、父様はその日帰って来なかった。今日はお爺様達と一緒に食べようと決めた朝食なのに、ポツンと空いてる父様の席・・・そこに目が行って言葉にならなかった。「花音、何かあったらすぐに帰るんだぞ?」「お爺様ったら!まだ行ってもないのに帰るお話はやめてくださる?」「向こうに行ったら街の様子を教えてね?随分行ってないから変わったかしらねぇ?そのうち私も遊びに行こうかしら」「あら!お婆様、一緒にお買い...
私の帰る場所・番外編~花音の恋~・16
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

私の帰る場所・番外編~花音の恋~・16

4
点前畳に座ったら頭が真っ白になった。真剣だったかどうかは置いといて15年間やってきたはずなのに、まず何からすればいいのか・・・そう思った時に父様から「これを使え」と言われて手渡された帛紗。あぁ!帛紗捌きだったって思い出したけど、まさか自分がお茶を点てると思って無かったから持って無かったんだ。そんな事もド忘れするほど緊張していた。それを受け取る時も父様の視線を感じて手が震える・・・何度か小さな溜め息を漏ら...
私の帰る場所・番外編~花音の恋~・15
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

私の帰る場所・番外編~花音の恋~・15

4
類お兄様が父様に話してくれた次の日の朝、父様は私と顔を合わせてくれなかった。朝食も食べに来なくて、母様が「放っておきなさい」って苦笑い・・・。それでも母様は私の渡仏準備を一緒に進めてくれた。1番にはお爺様達への報告で、それにはかなり動揺されたけど母様が必死に説得してくれた。この家で花嫁衣装を着る日を待っていたとお爺様は大泣きだったけど「お嫁に行かないと決まったわけじゃありませんよ?」と逆にお婆様がフ...
私の帰る場所・番外編~花音の恋~・14
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

私の帰る場所・番外編~花音の恋~・14

8
仕事仲間という言葉に何を思ったのか、総二郎がいきなり座って居た場所から立ち上がり、俺の胸ぐらを掴みあげた!俺もそれまで座っていた身体がこいつの手で持ち上げられ、その早さに一瞬面食らった!「きゃあああーーっ!総、やめて!」「父様、だめぇっ!!」牧野と花音の言葉が聞こえたけど、総二郎の手が俺を締め上げる力は緩まない。顔面を紅潮させて、左腕で喉元をグッと押されて喋ることも出来なかった。花音が総二郎の脇腹...
私の帰る場所・番外編~花音の恋~・13
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

私の帰る場所・番外編~花音の恋~・13

6
車をガレージに停めて降りたら、そこで待っていたのは牧野だった。ほんの少し眉を下げて泣きそうな顔・・・まるでこれから起こることを予測でもしてるのか、両手を擦りながら落ち着きがなかった。「くすっ、何してんの?」「だって・・・あの・・・花音が何か言ったんでしょ?」「うん、それもあるけど他にもね・・・」「花音のこと以外にも?何かあったの?」「ん~・・・総二郎にも言うからその時で」そう言うと「判った」って頷いて俺を屋敷の...