FC2ブログ
いろはにほへと恋せよ乙女・18
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

いろはにほへと恋せよ乙女・18

2
牧野を抱きかかえて屋敷に入ったら、奥から志乃さんが小走りで近寄って来た。そして包帯巻いてる牧野を見て眉根を寄せ、「今度は捻挫ですか!」のひと言。牧野は「すみません・・・」としょぼくれていたが、原因は俺だと言えばその呆れ顔は俺に向けられた。「総二郎様が毎回女性の担当者に甘い顔をなさるからですわ!以前からそう申し上げておりましたのに」「はいはい、判ってるって。でも怪我したもんは仕方ねぇだろ?部屋は何処に...
いろはにほへと恋せよ乙女・17
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

いろはにほへと恋せよ乙女・17

4
ホテルからの帰り道、もう診療時間外だと思うのに無理矢理入った病院・・・そこでレントゲンを撮って、靱帯のごく一部の線維が切れた、所謂軽度の捻挫だと診断された。その時も真横には西門さんがいて、お医者様の説明を一緒に聞いてる。確かに怪我した時横に居た人だけど、自分で説明が出来ない訳じゃないから側に居なくてもいいのに・・・チロッと睨んだけど私の顔なんて見もしなかった。「軽度と言っても甘くみないで。湿布を貼って安...
いろはにほへと恋せよ乙女・16
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

いろはにほへと恋せよ乙女・16

8
対談と撮影が行われるホテル2階の中庭・・・そこの真横の部屋が控え室で、西門さんが「今日は見学しとけ」って椅子に座らせてくれた。抱きかかえられた腕から降ろされる時も意外と優しくて、表情はクールなのに女性の扱いは丁寧・・・。こんな風に抱えられた経験もないクセに、そんな風に思う自分がちょっと恥ずかしかった。「牧野、スマホ持っててくれ」「は、はい!」「車のキーも・・・無くすなよ」「・・・判りました」余計なものを服のポ...
いろはにほへと恋せよ乙女・15
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

いろはにほへと恋せよ乙女・15

4
西門さんに連れられて入った超高級ホテル・・・その目映さに驚いて足が竦んだ。私みたいな安物のスーツの人なんて何処にも居ない。ここの従業員さんの制服の方が絶対に高級品だと思えてすごく恥ずかしかった。どうしよう・・・合皮のパンプスなんて履いてくるんじゃなかったわ。鞄だってもう少し良いものがあったと思うのに、こんなヨレヨレで・・・初日から出掛けるならそう言ってくれればいいのに、どうして何も言わなかったのよ!・・・と、...
いろはにほへと恋せよ乙女・14
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

いろはにほへと恋せよ乙女・14

4
茶室に入ってもだんまり・・・両手で帛紗を握り締めること10分経過。そろそろ限界だな、と思い「お稽古は中止ですか?」と言えば・・・・・・泣く。いい加減にしろよ💢と言いたいがそれも言えず、黙って付き合うこと15分経過。ダメだ、こりゃと諦めて茶碗を片付けはじめたら,今度は嫌味が始まる。「・・・どうしてですの?今まで秘書なんてお付けにならなかったのに。男性でも宜しいのではありませんか?」「どうしてと言われましても、こ...