恋が始まる花吹雪 (後編)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

恋が始まる花吹雪 (後編)

4
あの人が卒業して私は1人で非常階段にいた。今年はもう探す人もいない。今年の桜は綺麗じゃないみたい。そういえば・・・あの人の名前だけはわかった。大きな会社の一人息子さん・・・花沢 類今はきっとあの綺麗な人とフランスで暮らしてるんだろうな。「よしっ!私は私で頑張らなくっちゃね!」次の恋を見つけなくっちゃ!あの人以上のってのは無理でも自分に似合う人がきっとどこかにいるよ!そう自分に気合いを入れて、一年間頑張ろ...
恋が始まる花吹雪 (中編)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

恋が始まる花吹雪 (中編)

0
二年になってすぐ、もう桜が終わりかけて・・・最後の花が舞うときに非常階段であの人と出会った。この学校に馴染めない私はよく1人で非常階段に来ていた。だれも来ないし、でも景色はいいし・・・何となく落ち着ける場所。ある日、そっとドアを開けて階段を降りて踊場まで行くとすぐ下の階段であの人がお昼寝をしていた。びっくりしすぎて声を上げそうになったが慌てて口を塞いだ。ぐっすり寝てるみたい・・・ちょっとだけ近づいた。あと50...
恋が始まる花吹雪 (前編)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

恋が始まる花吹雪 (前編)

0
英徳の入学式の時、桜の花びらが舞い落ちる中であの人を見つけた。それはとても衝撃的で、私のすべてが一瞬止まったかのような錯覚を覚えた。さらさらの茶色の髪が桜と共に風に靡いてて俯きがちな瞳はまるでビー玉のように透き通るような色でそこだけが光って見えるほど、その人は綺麗だった。他に3人のすごくかっこいい人たちと一緒に、私のいる方に向かって歩いてくる。自分の心臓の音がその人に聞こえるんじゃないかって思うほ...