FC2ブログ
元カレには逆らえない・31
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

元カレには逆らえない・31

2
ニヤけた類にムカついてワインをグイッと飲んだ後、急にあきらが真剣な表情になった。今まで巫山戯ていたくせにどうしたのかと手を止めたら、西門の事を聞かれた。「さっき考三郎の事を言ってたけど、お前、次期家元を降りたってのは本当なのか?」「・・・あぁ、それも知ってるのか?」「ふぅ~ん、本当だったんだ・・・」笑っていた類までが真面目な顔になって、テーブルにグラスを戻した。そして2人で顔を見合わせてる・・・思わせ振り...
元カレには逆らえない・30
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

元カレには逆らえない・30

4
態とらしくつくしにベタベタする2人を鬱陶しく見ながら飯を食って、それが終わったら酒の時間。リビングに移動してあきらと類が向こうでの仕事の話をしてる間、つくしはキッチンで後片付けとつまみの準備をしていた。そんな話ならここでしなくても良いだろうに・・・って俺が睨んでも気にもしない。・・・邪魔することが目的で帰って来たとか言わねぇよな?そもそも帰国の連絡の時もメッセージでひと言だった。『あきらと帰国するから牧...
元カレには逆らえない・29
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

元カレには逆らえない・29

2
「それでは本日はここまで。また来週、続きを稽古しましょう」「「「「「はいっ♥」」」」」「出来ましたらご自宅でも復習して下さいね」「「「「「はいっ、総二郎様っ♥」」」」」「・・・それではこれで」「「「「「ありがとうございました~♥」」」」」どっからそんな声が出るんだ?ってぐらい甲高い声だけど、目を開ければ平均年齢55歳のおばちゃん達。彼女たちが乙女のように頬を染めてくれるのは有り難いが、俺としてはそれより...
元カレには逆らえない・28
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

元カレには逆らえない・28

2
午後になって総二郎から聞いた迎えの時間が迫ってきた。ここから羽田に行くとなると・・・と、計算したらもう出なくちゃいけない頃だ。だから慌てて料理の下拵えを止めて身仕度を整え、部屋を飛び出した。「このコンパクトカーにあの大男2人が乗るのかしら・・・まぁ、いいか!最悪私が後ろに乗れば♡」そんな事を呟きながら地下駐車場を出て、車を羽田空港に向けて走らせた。予定通り16時に羽田に到着したものの、何処で待てば判るん...
元カレには逆らえない・27
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

元カレには逆らえない・27

2
「えっ!今日もなの?」「あぁ、馴染みの企業社長の接待だ。11時に赤坂の店に頼む」「・・・・・・はいはい、行ってらっしゃい!」「宜しく!」家元達と顔合わせしてから数日後・・・にこやかに出ていく婚約者を腕組み&仁王立ちで見送る私。今日も飲みの迎えを頼まれたからだった。あれからは穏やかな毎日だったけど、私には作法の教本と西門流の歴史書のようなものが手渡され、家に居る時に読んでおけと言われた。総二郎のお茶の稽古も...