FC2ブログ
二重螺旋~その先にあるもの~・42
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

二重螺旋~その先にあるもの~・42

-
8月最後の土曜になった。明日が和香との約束の動物園に行く日・・・その準備のために住職から俺の所持品を一時返してもらった。その時にも何も聞かない住職・・・穏やかな笑顔を向けられると少しばかり罪悪感が湧いた。「気をつけて行きなさいよ」と言われるのも、まるで子供に言うようで照れ臭い。それに深く頭を下げて礼を言い、午後の自由時間に寺を出てタクシーを呼んだら、夏着物の姿で京都駅近くの店に買い物に行った。買うのは自...
二重螺旋~その先にあるもの~・41
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

二重螺旋~その先にあるもの~・41

-
「・・・いや、俺も少しはここから出たいし。いつにしましょうか・・・そうだな、来週の日曜日とかは?」「本当に良いんですか?住職様、お許しになるんですか?」「そこは貴女が気にしなくても大丈夫です。言ったでしょう?俺は修行中ですが、修行僧ではありません」「・・・じゃあ、その日の10時に・・・現地でいいですか?正面左側の建物の前で・・・」「判りました。先程申し上げましたが俺はスマホなど持たないので連絡が出来ません。もし...
二重螺旋~その先にあるもの~・40
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

二重螺旋~その先にあるもの~・40

-
8月16日、この日も僧侶達は皆忙しく、俺は寺での仕事と1人稽古だった。住職からは盆の間中別邸に戻ってもいいと言われたが断わり、ここでの雑務と花木の手入れ、その方が気が休まると言えば苦笑いされた。そして今日も午前中に作務を終え、訪れる客の対応ばかり。そうしてるうちに寺の門の前で中を窺い見る和香を見掛けた。墓地に両親が来てないかを確認しているんだろうが、その足元には同じ姿勢をしている由依が居る。その姿...
二重螺旋~その先にあるもの~・39
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

二重螺旋~その先にあるもの~・39

-
ここから2時間以上離れたところに祥一郎さんが行く・・・今までみたいに会えなくなる。半年以上近くに居て、クリスマスも私の誕生日も龍の誕生日も・・・お花見に七夕にって過ごしてきたから、もうとっくに友人の域は超えていた。自分の中であと少しの勇気が出ないだけ・・・彼には沢山守ってもらえて、心の支えになってることに間違いなかった。後はどうしても消えることがない総二郎の姿をどうやって忘れようかって、それにあとどのくら...
二重螺旋~その先にあるもの~・38
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

二重螺旋~その先にあるもの~・38

-
祥一郎さんがまた私の所に来るようになって、これまでと同じような日々が続いた。次に大雨が降った時はアパートよりも音が静かな彼のマンションに2人で避難し、そのまま泊まった事もある。彼の部屋には龍のおもちゃが増えて、私と龍の服も少しだけ置かれてる。別の部屋にはオムツもあって、小さな布団まで・・・余計な出費を申し訳ないと言ったら、ボーナスが出たからいいんだって笑っていた。「今まで何か買おうと思っても欲しいも...