Sister Complex (77)

目が覚めたのは自分の部屋だった。ぼうっとして何が何だかわからない・・・ここが自分の部屋だということはわかったけどどうしてここに戻っているのか覚えてない。どうしたんだっけ・・・。朝大学には行ったはず。車に乗って・・・あれ?誰の車だっけ・・・今日は違う車で類じゃない人と・・・類じゃない人・・・?そこまで考えた時、頭の中に西門さんが浮かび上がってきた!「いつから?」・・・あの質問をした彼の顔が!呆れたような笑顔を向けてきた・...

Shall We Dance? Last Story

英徳学園の卒業プロムナードが始まった。会場には女子生徒のカラフルなドレスが咲き乱れていて、それをエスコートする男子生徒のタキシードが華麗な世界を演出している。その中で皆の歓声を浴びているのは司・・・隣の美女は大河原滋だった。水面下で進んでいるという婚約の話ももうすぐ正式発表・・・かな?あの司が特に嫌がる風でもなく滋に腕を差し出していた。明日には日本を出るらしい・・・これからはアメリカがあいつの活躍の場所だ...

Sister Complex (76)

あっという間に日にちは過ぎて、類はフランスへと旅立った。空港まで行くと離れられないと、このお屋敷の玄関で類を見送った。「つくし様、類様がいらっしゃらないからってそんなに沈まないで下さいませ。加代で申し訳ありませんけどお話し相手ぐらいにはなりますから。それに最近お食事も少なめですからお痩せになったのではありませんか?お身体にも障りますからお食事はちゃんと摂らないといけませんよ?」類が行ってから2日し...

Sister Complex (75)

本文中に微R表現を含んだ部分がございます。パスを掛けておりませんので閲覧は自己責任にてお願いいたします。***つくしの調子は良くなったり悪くなったりを繰り返しながら数日が過ぎたが、近頃は精神的にも落ち着いてきたために、主治医も花沢家から本来の病院へと戻っていった。精神的には問題がなくても、体力的には大学と自宅を往復するだけが精一杯の状態は変わらなかった。今日も朝食に全く手をつけようとしないつくしに加代...

Shall We Dance? (6)

卒業式の当日、あきらからすごい剣幕で電話があった。絶対に卒業式には来いと・・・。もともと行く気がなかったから、そんな電話もらっても俺はベッドから起き上がることはなかった。もう何日間もこの部屋に籠もりっきり・・・あの光景が頭から離れなかった。笑顔で牧野と会える気がしない。もう一度ベッドに潜り込んでこのままプロムが終わってしまうまで逃げるつもりだった。時間が過ぎていく・・・時計を見たら午後1:00、卒業式が始まっ...