隣の部屋の彼 (35)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

隣の部屋の彼 (35)

0
「で?どうしたの、総二郎。また家元と喧嘩したの?」「喧嘩とかって可愛いもんじゃねぇけど。いつものヤツだよ・・・面倒くせぇから逃げてきた」リビングの真ん中、ラグの上に胡座をかいて座りテレビのリモコンで適当に番組を探してる総二郎。冷めた表情で画面を見つめてるけどおそらく頭に内容なんて入ってないんだろう。あきらはワインを準備しながら薄笑い浮かべて、親友の憂鬱そうな顔を横目で見ていた。話を聞くと関西の後援会の...
隣の部屋の彼 (34)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

隣の部屋の彼 (34)

2
その週の木曜日。俺は大学が終わってから寮に戻り、そこで騒々しい光景を憮然とした表情で見ていた。「類様、お困りのことはございませんか?何か足りない物などは?」「別に何もない。加代、そういうときは俺から頼むから放っておいてくれない?どうせこれも母さんの指示でしょ?」突然寮にやってきたのは加代で、また冷蔵庫には大量な食材が詰め込まれた。数人の使用人を引き連れて部屋の掃除や夏物だと言って服を総入れ替えされ...
隣の部屋の彼 (33)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

隣の部屋の彼 (33)

2
花沢類のヴァイオリンを聴いたのは初めてだった。っていうか弾けることを知らなかったから驚いた。この前聞いた「トロイメライ」もこの人だったんだ。すごく温かみのある綺麗な音・・・涙が出そうなのを必死で堪えたけど最後の方は泣いていた。「今日は講義が早かったの?こんな時間に珍しいね」「うん。いつもはこの時間にイタリア語があるんだけど教授の都合で中止になったの。今度振り返られるんだって」「そう・・・それでここに避難...
隣の部屋の彼 (32)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

隣の部屋の彼 (32)

2
試験が終わって数日後、円香と亜利沙と一緒に中庭でいつものようにご飯を食べて大笑いしたあと、全く別の校舎での講義だからそこに行くまでの通路を並んで歩いていた。円香に彼氏が出来たらしく、その話で盛り上がった。初めてのキスがどうだったとか、この夏に早速2人っきりで旅行に行くとか、彼氏の部屋に入ったら汚くて掃除したとか。まぁ、冷蔵庫じゃなかっただろうけど。「いいなぁ!田中君って格好いいし優しそうだもん。円香...
隣の部屋の彼 (31)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

隣の部屋の彼 (31)

6
花沢類は陽翔の失礼な発言を怒ることもなく午後からの講義を受けに戻っていった。私も「迎えに行くね」なんて言われて、今まで大声出してたのが一気にドキドキの方に変わっちゃって彼の後ろ姿を見ていた。そして国際経済学部のある校舎に入っていくのを見届けたら自分も教室に行こうとして向きを変えた。でも、そこにまだ陽翔が立っていて怖い顔は変わっていなかった。「牧野、お前は甘いんだよ!企業の事なんてまだ無縁かもしれな...