10月の向日葵~番外編 類の想い~再会~・LastStory
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

10月の向日葵~番外編 類の想い~再会~・LastStory

16
次の日、蒼を残して先に俺だけが帰ることになっていた。蒼はもう1日、家元から許可をもらって総二郎に稽古をつけてもらう事になっている。そういう理由を付けた家族水入らずの時間なんだ。「写真撮ろうよ!花沢類が真ん中ね。毬莉抱っこする?」「うん、じゃあ牧野は俺の隣ね。総二郎は後ろで」「なんで俺が後ろなんだよ!」「じゃあ端っこで」こうして撮った写真は結局牧野と俺が真ん中で、総二郎は怒った顔して端っこに立ってた...
10月の向日葵~番外編 類の想い~再会~・8
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

10月の向日葵~番外編 類の想い~再会~・8

4
嬉しそうに総二郎に頭を下げて蒼は我が家の門を入って行った。偉そうに・・・なんて隣を見たら、総二郎は穏やかな笑みを浮かべて自分の息子の後ろ姿を見ていた。天邪鬼・・・牧野にだけじゃなく蒼にまで気持ちと反対の言葉をかけるんだね?呆れたような顔で立ってた俺に気がついて、慌てたように厳しい顔を作ってるけどもう遅いから。「あっ!蒼兄様だー!お母さーん、蒼兄様が帰ってきたよー!」「蒼兄ちゃん、どうしたの?もうこっちに...
10月の向日葵~番外編 類の想い~再会~・7
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

10月の向日葵~番外編 類の想い~再会~・7

4
毎年必ず牧野からメッセージカードが届く。新年と俺の誕生日の2回。もう今年でメッセージカードは20枚になった。そのカードは全部机の引き出しに入れたまま・・・見返すこともしないけど。俺が贈るのは牧野の誕生日だけ。その時に思いついたものをカードと一緒に贈った。意味深なものは贈ったりはしない・・・マフラーだったり帽子だったり、時には可愛らしいぬいぐるみだったり。贈る言葉も毎年同じ・・・『誕生日おめでとう。素敵な1年...
10月の向日葵~番外編 類の想い~・6
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

10月の向日葵~番外編 類の想い~・6

2
西門家と相談した結果、牧野は大学まで進学をさせてもらう事になって俺達と同じように英徳大学に入学した。高校を卒業したら西門以外の場所で働きたかった牧野は少し困惑していたけど、これは彼女のためというよりは西門が世間に美談として知らしめたい行動だろうって事はわかっていた。親を亡くした可哀想な子供を大学まできちんと出してやった・・・何かの話題作りにはもってこいの内容だから。だから牧野は一番無難な学部で無理の...
10月の向日葵~番外編 類の想い~・5
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

10月の向日葵~番外編 類の想い~・5

2
俺が高等部を卒業するときのプロムナードのパートナーを牧野に申し込んだのは新しい年が明けたときだった。初詣にみんなで行ったその帰り、あいつらがいる前で誘った。「あのさ、3月の卒業プロムのパートナーになって欲しいんだけど。ダメかな、牧野」「え?私が花沢類の?・・・え、えと、私なんかがパートナーだなんてやめた方がよくない?自慢じゃないけどダンスとか出来ないし。ホントに下手だからダメかも・・・」「ダンスが出来る...