宝探し(後編)

牧野の前に立って顔を近づけた。ちょっと困った顔しちゃって赤くなってる。確かめる前に唇にキスしちゃいそう。ホント、可愛いよね。「ねっ!耳貸して?」そう言って、牧野の耳に・・・ピアスにキスをした・・・・ほら!甘いじゃん!!「見つけた・・・でしょ?」「うそー!見つかっちゃったのー?」そんなガッカリした顔しなくても。そのピアスはホワイトチョコでしょ。だってそんなの見たことないもん。俺のあげたピアス以外持っ...

宝探し(中編)

次の日の朝、なぜか牧野はすごくご機嫌で。部屋まで朝食を運ばせたんだけど、怒らずに食べてる。こういうの、いかにもって感じで嫌だって・・・あれだけ言ってたくせに。それに今日もすっごく可愛い格好してる。ピンクのふわふわのセーターにめずらしく白のミニスカート。髪はアップにして、見たことない白いハートのピアスが揺れてる。「今日も可愛いね。めずらしいんじゃない?ミニスカートなんて」「ん?今日はね、ほら!バレン...

宝探し(前編)

2月13日の夕方めずらしく牧野の方から俺の家に来た。今日もちょっとオシャレしてて、薄く化粧もしてる。女に子らしくして来てくれたんだ。大きな荷物持って,なんだか嬉しそうだね?「どうしたの?その荷物。今日、泊まっていけるの?」さりげなく聞いてみたら、お約束通り!真っ赤になってうなずいてる。ぷっ!ホントにめずらしいね。素直なあんたって。「あ・・・あのさ、フランス語の課題みてくれない?あとね、英語の論文もある...