FC2ブログ
隣の部屋の彼 (183)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

隣の部屋の彼 (183)

6
「それでは明日から夕方4時間、頑張りますので宜しくお願いします!」「はいはい、こちらこそ。火曜、木曜の夕方と土曜日は午後から夕方までって・・・大丈夫?うちは嬉しいけど大学生の土曜日は忙しいんじゃないの?デートとか困らないの?」「・・・あはは!相手がいませんので」一晩寝たら熱も下がったからバイト探しを始めた。運良くアパート近くの喫茶店でウエイトレス募集の張り紙を見つけて、その足でお店に駆け込んで申し込んだ...
隣の部屋の彼 (182)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

隣の部屋の彼 (182)

2
解熱剤を飲んで無理矢理熱を下げてから、夕方だったけど渡された資料にあった大学に行ってみた。アパートから歩いて行ける距離の私立のN大学。広い敷地は芝生に覆われてて緑が多い。校舎は英徳大学みたいに豪華でも大きくもなくて可愛らしかったけど、学生達の顔は日焼けしててみんな明るくて楽しそう・・・。如何にも南国って感じの木が沢山植えてあって遠くには海も見えた。運動してる生徒も多いし外国人も多いみたい・・・セレブって...
隣の部屋の彼 (181)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

隣の部屋の彼 (181)

4
朝、目が覚めたけど起きる気にもならなかった。頭が重い・・・何だか身体も少し熱い気がする。もしかして南の島に来たのに風邪引いたのかな?こんなにも冷めた空気の中で起きる朝なんて今まであったかしら・・・なんて思いながらクセで手が隣を探す。でも、当然そこには誰もいなくて冷たい布団があるだけだった。私の大好きな人はここにはいないんだって・・・起きた瞬間に思い知る絶望感。類もどんな気持ちで昨日の夜を過ごしたんだろう、...
隣の部屋の彼 (180)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

隣の部屋の彼 (180)

8
『・・・本気で怒るぞ、類。今度はなんだ!こんな時間から何をさせる気だ!』「ごめん、あきら。今どこにいる?」『六本木のバーで総二郎と飲んでる。まさか、お前、また・・・!』「牧野がいなくなった。どうしてもすぐに探したい・・・悪いけど美作のシステム室に大至急入りたいんだ。頼んでもらえない?今あきらの家の前にいるから」『牧野が?』「事情はあとで話す。いつもごめん、花沢じゃ探せないんだ」美作の屋敷の前であきらに電話...
隣の部屋の彼 (179)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

隣の部屋の彼 (179)

6
俺が3歳の時、母さんと2人で那須の別荘に遊びに行った・・・その時の事を母さんはゆっくりと話し始めた。**『おばあさま、ジョンがぼくの手を舐めてくる~!ジョン、ダメだよ!あっ、ジョンったら!』その頃、那須の別荘にはミニチュアダックスフンドのジョンがいて、俺は東京ではペットなんて飼ってなかったからその子と遊ぶのが好きだったらしい。部屋の中で2人で寝転んでじゃれ合って、時には噛まれて泣いたりして、それなりに...