FC2ブログ
雨の降る日はそばにいて (34)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

雨の降る日はそばにいて (34)

4
ドアを閉めるなり俺は牧野にキスをした。何度もその唇を重ねては離して、もう牧野の身体が折れるんじゃないかってくらい強く抱き締めた。「んっ・・・ちょ・・・ちょっと西門さん!ここ玄関だからっ・・・」「だから何だよ・・・どこだってかまわねぇよ。ずっと会えなかったんだからおとなしく抱かれてろ!」ここが玄関だろうがキッチンだろうが・・・たとえ外だってかまわねぇよ!今はただ、牧野が欲しかった。牧野を抱きかかえてベッドに向かっ...
星の砂 月の雫 (6)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

星の砂 月の雫 (6)

0
この島はほとんどが遊泳禁止地区だから本当はこのビーチでも泳ぐことは出来なかったけど今日が最後だからって内緒で水着に着替えた。白い肌に映えるブルーの水着・・・そんな細い紐だけで心許ないんだけど・・・でも、他に誰がいるわけでもないから俺だけのもの。「類・・・背中に日焼け止め塗って?届かないから・・・背中だけでいいからね!」「はいはい!別にいいのに・・・全身塗ってあげようか?」「いいってば!自分で出来る所はやるから・・・...