FC2ブログ
雨の降る日はそばにいて (37)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

雨の降る日はそばにいて (37)

2
京都から帰るときに着替える時間がなかったから着物のまま新幹線に乗ってしまった。東京はすごい雨になっていて、傘を持たなかった私は駅ですでにずぶ濡れ状態だった。そしてそのまま夜になって熱を出してしまった。朝になっても熱は下がらず、月曜日は会社を休む羽目に・・・。かろうじて病院に行き薬だけもらって、アパートで倒れるように寝込んだ。「はぁ・・・すごい。熱が39度もある・・・どおりでクラクラする・・・」何も食べずにベッ...
星の砂 月の雫 (9)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

星の砂 月の雫 (9)

2
sideつくし「失礼ですが、牧野つくしさんですね?私は花沢社長の秘書をしています、安田と申します」その一言ですべてがわかってしまった。やっぱりこの時が来たんだって・・・それは竹富島から戻ったその日の夜だった。さっきまでの夢のようだった時間はあっさりと崩れた・・・まるで指の間から流れる星の砂・・・その人を部屋に通してお茶だけをだした。帰ったばかりで片付けられてない旅行の荷物を安田さんはジッと見ていた。そしてお茶...