FC2ブログ
雨の降る日はそばにいて (38)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

雨の降る日はそばにいて (38)

4
京都での茶事が終わってからもしばらくは家元夫人とも綾乃とも口をきかずに過ごした。顔も合わせず、ただ仕事に打ち込んで夜は牧野の所に行く。それを見かねた家元から呼び出しがあった。滅多なことでは俺を呼びつけることはない人だからかなり心配したんだろう。「何があったのかは知らんが、どういう態度だ?総二郎。この西門を纏めようという気があるのならもう少し改めなさい。家元夫人もお前の事を心配してのことだろう。話し...
花沢専務の悩み事・社員旅行という名の悪夢 (前編)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

花沢専務の悩み事・社員旅行という名の悪夢 (前編)

4
花沢物産では毎年社員旅行が行われる。しかし、大企業であるがため全社一斉というわけにはいかない。色々な課の人間が数人でグループに分かれ、何回かに分かれていくのである。今年の行き先はシンガポール・・・3泊4日という短い旅行だがそれでも会社の経費で行く旅行ほど楽しいものはない。当然秘書課でも誰がいつ行くかのくじ引きが行われていた。役員秘書課は総勢18名・・・6回に別れていく旅行では3名ずつに分かれる。昔な...
星の砂 月の雫 (10)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

星の砂 月の雫 (10)

2
お昼前に買い物をするために歩いてお店まで行く。気になったので水牛車には乗らなかった。天気が良すぎてクラクラする・・・気持ちが少し悪いけどこれは小さな私の希望だから我慢できた。でも、どうしていいかわからなかった・・・ここに病院があるのかどうかも知らない。不安な気持ちで買い物をしても、手に取るものが必要なものかどうかの判断すら上手く出来なかった。嬉しいんだけど・・・その先の不安も大きかった。ぼんやりと商品を見...