FC2ブログ
雨の降る日はそばにいて (46)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

雨の降る日はそばにいて (46)

2
あきらは信じられないといった顔でただ驚いていた。「でも、怪我をしたのは綾乃の責任だろう?なんで謹慎処分になる必要がある?総二郎が刺したわけじゃないだろう!それならいっそ茶室の話をすればいいじゃないか!」「止められなかったのは事実だからな。家元達も綾乃のしたことだとわかってんだ・・・謹慎処分って言っても西門の外部には寺での修行になってる・・・期間はわかんないけど、ここで茶を点てるのはかなり先かもな・・・」納...
立っている者は親でも使え・道明寺司 編
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

立っている者は親でも使え・道明寺司 編

4
皆様、こんにちは。plumeriaの「故事ことわざのお勉強」の時間です。本日のお勉強の内容は「立っている者は親でも使え」です。本日も下記のお話しを読んで、この意味について考えてみましょう。*******大学のラウンジでソファーに座っている牧野の後ろ姿が見えた。なんだ?背中を丸めて小さくなってやがる・・・まるでババァのようなカッコしやがって!俺は階段を上がってこいつを驚かしてやろうと足音をさせずに近寄ったが・・・牧野の...
星の砂 月の雫 (18)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

星の砂 月の雫 (18)

6
牧野の腕の中で眠っている天使・・・覗き込んだらその愛らしい口元が少しだけ動いた。まだ小さすぎるからなのかな・・・俺に似た柔らかそうな髪の毛をそっと触ってみた。「どうして驚かないの?・・・類、知ってたの?」「知らなかったよ。総二郎が最近ここに来たんじゃない?動画を送ってくれたんだ・・・ちょうど今みたいに牧野がこの子を抱いて散歩しているところ・・・その時はびっくりしたよ」「・・・そうだったの。ごめんなさい。西門さんに口...