FC2ブログ
正しい恋の進め方 Lesson 31
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

正しい恋の進め方 Lesson 31

8
牧野は嬉しそうに作った弁当を保冷バッグに詰め込んでいた。調理長に頼んで作ってもらえば楽なのに、元々料理が好きなコイツはどうしても自分で作りたかったみたいだ。何度か食ったことはあるが確かにに美味いと思う。だけどそれを素直に言えたことは一度もなかった。そして今日の弁当も俺のためなのか、なんてガキみたいなことは今更聞かねぇけど。「西門さん!こんなに作ったけど食べられるかな!余っちゃうと嫌だなぁ・・・」「適...
迷い猫と暮らした夏 (2)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

迷い猫と暮らした夏 (2)

2
次の日の朝、目が覚めたら私のベッドで彼はまだ寝ていた。昨日とは違って穏やかな顔になってる・・・寝息も静かで顔色も悪くはない。花沢・・・るいって言ったっけ?おでこに手をあててみた・・・どうやら熱は下がったみたい。でもまだ目を開けそうにはなかった。「あら?どうしよう・・・このままだと会社に行けないんじゃない?・・・この人を1人でここに置いていくわけにもいかないし、連れてもいけないし!大体この人がどこの花沢さんかも知ら...