FC2ブログ
正しい恋の進め方 Lesson40
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

正しい恋の進め方 Lesson40

6
注*本文中にR表現がございます。パスをかけておりませんので閲覧は自己責任でお願いいたします。苦手な方は閲覧をご遠慮ください。**************牧野をゆっくりとベッドに沈めた。少し震えてるのかも知れない。唇が微かに動いている。それでも真上から見下ろしたら、その瞳は真っ直ぐに俺を見つめていた・・・牧野もこの時を待っていたんだろうか。怖がってはいるんだろうけど・・・その目に誘われているような気さえする。「俺にして...
Summer Festival 茶と華と 番外編・5
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Summer Festival 茶と華と 番外編・5

4
「うわ、頭痛い・・・あれ?ここはどこ?・・・」目が覚めたらどこかの倉庫みたいな場所に転がされていた。周りには誰もいなくて異常に蒸し暑い・・・かび臭いから普段は使われてない場所なのかも知れない。私は縛られているわけでもなくて身体は自由に動かせたから、立ち上がって少しその倉庫の中を歩いた。「一体何だったの?・・・総二郎さん、また怒ってんじゃないかなぁ・・・黙って消えちゃったから。これで2回目じゃない?でも今回は本当...
迷い猫と暮らした夏 (11)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

迷い猫と暮らした夏 (11)

4
「牧野つくしさんでいらっしゃいますか?」そう聞いてきたスーツの男性は姿勢を少しも崩さずに私の正面に立っていた。眼鏡の奥の瞳はとても鋭くて冷たかった。「はい・・・そうですけど?」「私はこういう者です」そう言って差し出された名刺は見た感じも触った感触も上質なもの・・・そこに書かれていた会社名は「花沢物産」。日本語と英語で書かれた名刺は、類の会社が日本だけでなく海外でもその名前が知られた企業であることを感じさ...