10月の向日葵 (20)
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

10月の向日葵 (20)

2
「今なんとおっしゃいましたか?つくしの稽古を考三郎に変わると?」「そうです。これからは総二郎さんに代わって孝三郎さんにつくしちゃんの稽古をつけていただくことにしたのよ。来週からですから、総二郎さんのお稽古は今日が最後になるわ。しっかりと仕上げて下さい。別に問題はないでしょう?同じ西門流ですもの。基本は同じです。総二郎さんに問題があったと言うことではないのよ?ただね・・・」家元夫人の突然の言葉・・・考がさ...
豪華イベント開催のお知らせです!
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

豪華イベント開催のお知らせです!

2
皆様、こんにちは~!plumeriaでございます!今日はスゴいお知らせ♥なんと、この私がとんでもないイベントに参加してしまいました!少し先なんですけど、予告しちゃいます!楽しみにしてて下さいね!***********************花束を君に〜21の翼〜異種CP21人の二次作家によるイベントを開催します♬サイトオープン日     10月15日0時00分頃〜11月下旬頃(それ以降はサイトはクローズし、各々のブログでの公開となり...
Sister Complex (80)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Sister Complex (80)

4
花沢のお父様からの連絡があったのは西門さん達と会った日の夜だった。フランスから直接私に電話が掛かるなんてことは今まで一度もなかった。両親からの伝言はいつも加代さんか、執事の清水さんから聞くばかりで、私の携帯が鳴ることはなかった。画面の表示にある「お父様」の文字・・・決して嬉しい報告ではない気がして、タップする勇気が出ない。 だけど出ない訳にもいかない。何度目かのコールでやっと通話ボタンを押した。「も...
10月の向日葵 (19)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

10月の向日葵 (19)

2
つくしが部屋を出て行ってしばらくして、やっとベッドから起き上がって着替えを済ませた。もしかしたら今までで一番しんどい夜だったかもしれない・・・我ながらよく我慢したと思うと笑いが出た。愛情も感情もない女はすぐに抱けるかもしれない.。終わってしまえば何も残らないんだから気にもしなかった。だけどつくしは違う。あいつは俺がこれから守っていく唯一の女だ・・・この先はつくし以外誰も抱くことはないだろう。今日これから...
Sister Complex (79)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Sister Complex (79)

2
次の日、西門さんが約束どおり迎えに来てくれたけど、流石に昨日の事があって顔を合わせにくい。今日は体調がすぐれないからと言って大学も休むことにした。加代さんに頼んでお詫びを伝えたけど、少したってから不安そうな顔をして加代さんは戻ってきた。「あの、つくし様。西門様が昨日の件で直接お話しを聞きたいとおっしゃってます。出来たら今日の午後にでもと・・・。いかがいたしましょうか。まだ玄関でお待ちなんですが」「そ...
10月の向日葵 (18)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

10月の向日葵 (18)

4
♪~♪~スマホの目覚ましの音かどこかから聞こえてきて、いつも自分のベッドの枕元に置いていたからそこに手を伸ばした。でも、何処にもない・・・そのうち時間切れでアラームは止まったけど、手探りでスマホを探していた。「あれ・・・何処いった?あれ・・・・・・はっ!」私の手が当たったのはスマホじゃない・・・あったかい人肌。しかも素肌・・・!私はまだ目を開けてなかったけど、この瞬間に昨日の事を思いだした!ここは・・・・・・総ちゃんの部屋...
Sister Complex (78)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Sister Complex (78)

2
つくしが泣きながら報告をしてきたのは、総二郎に俺たちが関係を持ってることを知られたということだった。どんな状況でそれがバレてしまったのかをつくしが言わなかった事は多少気になるけど、総二郎の事だから何気ないつくしの言葉から悟ってしまったのかもしれない。嘘のつけないつくしなら、簡単に総二郎の引っ掛けに騙されるんだろう。聞けば落ち込みそうだからそこには触れずにおいた。原因なんて聞いても結果は変わらない。...
10月の向日葵 (17)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

10月の向日葵 (17)

2
総ちゃんが考ちゃんとの話を断われって言ってくれたとき、嬉しくて嬉しくてすぐにでも総ちゃんに抱きついてしまいたかった。でも・・・それはすぐに現実に戻る。総ちゃんは次男だけどこの西門家の跡取りになった。もう昔の総ちゃんじゃなかった。両親のいない私はとてもじゃないけどこの人の横には立てない・・・そこは「選ばれた人」しか立つことが許されないんだって・・・。「つくしじゃないとダメなんだ」この一言は、これまでの悩みを...
Sister Complex (77)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Sister Complex (77)

4
目が覚めたのは自分の部屋だった。ぼうっとして何が何だかわからない・・・ここが自分の部屋だということはわかったけどどうしてここに戻っているのか覚えてない。どうしたんだっけ・・・。朝大学には行ったはず。車に乗って・・・あれ?誰の車だっけ・・・今日は違う車で類じゃない人と・・・類じゃない人・・・?そこまで考えた時、頭の中に西門さんが浮かび上がってきた!「いつから?」・・・あの質問をした彼の顔が!呆れたような笑顔を向けてきた・...
10月の向日葵 (16)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

10月の向日葵 (16)

4
つくしを後ろから抱き締めたまま、「帰さない」と言葉を出した。つくしは驚いて振り返ろうとしたけど、すぐ横には俺の顔がある・・・向けようとした顔を元に戻した。「つくし、話があるんだ。聞いてくれないか・・・俺、多分今じゃないとこの話をお前に出来ないと思う・・・」「総ちゃん?どうかしたの・・・と、取り敢えず、この腕を離してくれないかな・・・」「嫌だね・・・このままにしとけ。つくしは俺の方を見なくてもいいから」面と向かってな...