FC2ブログ
10月の向日葵 (6)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

10月の向日葵 (6)

2
<side祥一郎>昔からどうしても馴染めなかった茶道にとうとう見切りをつけた。やっと念願だった医大への入学が決まったからだ。西門には申し訳ない・・・いや、総二郎には申し訳ないが俺は自分の心に素直に生きることを選ばせてもらう。もうどのくらい前からだろう・・・茶碗を見るだけで心臓が痛くなるほどの嫌悪感をもち、静寂な空気の中で茶筅を動かす度にそれを投げつけたくなるようなストレス・・・毎日これと戦っているうちに崩れて...
Shall We Dance? (2)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Shall We Dance? (2)

2
牧野のダンスの練習が始まって一週間が過ぎた。足にはマメが出来て、それを潰してしまって血が滲んでる。それでも休まずに俺の家で練習を続けた。痛いだろうに、可哀相に思うけどここでやめることは出来ないんだよね?あいつと踊るまでは意地でも練習するんだろう?「牧野、肩が上がってる・・・もっと下げて?でも肘まで下げたらダメだよ。左肩、もう少し下げて・・・ほら、また腰が逃げた!」「一度に言われたらわかんないよ・・・頭がこ...
Sister Complex (66)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Sister Complex (66)

4
<side司>総二郎が言った電子工学科に行くと、やけに気難しい顔の学生ばかりがやたら本を抱えてウロウロしてやがる。ここはこの大学でもプログラマーや開発者を目指すヤツらの集団・・・いかにも頭脳明晰を自負したような顔が揃っていた。「おい・・・ここに高城誠ってやつはいるか?」そこら辺にいた学生を捕まえてそう問いただすと、怯えたような顔で教室の奥を指で指した。そこにいるのは一際目立つ容姿の1人の男。確かに一度ぐらい...