FC2ブログ
10月の向日葵 (51)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

10月の向日葵 (51)

5
類が来いと言ったのは夜の8時・・・その時間に俺は以前つくしを迎えに行った類のマンションの前にいた。見上げたら最上階には電気がついている。エレベーターに乗って最上階のボタンを押すと静かに動き出した・・・俺は類から何を聞かされるのかでドキドキしていた。こんなに心臓が煩いのもいつぶりだろうっていうぐらい・・・自分で言うのもなんだがもの凄い恐怖がある。何故だろう・・・つくしを信じていないわけじゃないのに。エレベーター...
Sister Complex (111)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Sister Complex (111)

2
花沢邸に戻ると一斉に使用人達が玄関前に集まってつくしを取り囲んだ。みんなが口々につくしの無事を喜んで中には泣き出す者もいるぐらい・・・つくしは顔を赤くしてここでも花束を受け取る。加代にも同じく同僚や後輩が取り囲むとこっちは加代が泣き出した。そんな光景を総二郎達がニヤニヤしながら見ている。「色々ありがとう・・・持って来てくれたんだよね?部屋に行こうか」「つくしちゃんはいいのかよ?」「うん・・・後でいいよ。今は...
10月の向日葵 (50)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

10月の向日葵 (50)

2
類が病院からつくしをどこかへ連れて行ったのまではわかったが、その後の類の行方がわからない。俺からの電話をとるとは思えなかったから、花沢物産の方へ電話をかけると今日は特別休暇を取っているという。その理由も当然教えてはもらえなかった。花沢の屋敷でも同じだ・・・類が口止めしているのか知らないとあっさりと断わられた。とにかく類が行きそうなところ・・・必死で考えたが、普段から家に籠もりがちなあいつの行きそうなとこ...
危険な紅葉狩り・5~茶と華と・秋の番外編~
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

危険な紅葉狩り・5~茶と華と・秋の番外編~

6
次の日になってつくしの足の包帯を取ってみたら、腫れが引いていて痛みもとれたらしい。歩くのに問題はなさそうだったから予定通り鳴子峡に行ってみることにした。朝食は部屋ですませて、その後のコーヒーを飲んでいたら何となく昨日の夜の妙な音のことを思いだした。庭の露天風呂を見ると回りは確かに他の部屋と離れていて、覗けるようにもなってないし・・・でも確かに違和感のある音だったような・・・。首を傾げたけど、まぁ特に問題...
Sister Complex (110)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Sister Complex (110)

4
「よおっ!!類!つくしちゃん、こっち!こっち!」「何だ!元気そうじゃん・・・!お帰り!」日本に着いて一番始めに空港で出迎えてくれたのは西門さんと美作さんだった。2人とも沢山の報道陣に囲まれながらも全然気にせずに私達の方に寄ってきて抱き締めてくれる!その光景には類も溜息ついていたけど加代さんの車椅子を押しながら黙っていた。もちろん、思いっきり嫌そうな顔は見せていたのは言うまでもない。「ただいま!ご心配...
10月の向日葵 (49)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

10月の向日葵 (49)

4
私のアパートから必要なものを持ってきてくれた花沢類は、そのまま今度は花沢邸に向かうと言った。そしてそこから私をどこかに隠してくれるみたい。その行き先まではまだ聞いてなかったけど、任せるしかなかった私は類が言うまで黙っておくことにした。「牧野の新しい病院も手配したからね。そこまでは車で行くと大変だからヘリを飛ばすね。少し揺れるけど心配しなくていいよ。もちろん俺も行くから・・・それと、向こうで世話をして...
リレーイベント 終了しました♥
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

リレーイベント 終了しました♥

16
皆様、こんにちは~!plumeriaでございます。15日から公開していました「花束を君に~21の翼~」が28日の後書きで全て終了致しました。沢山の方にご訪問いただき、また嬉しいコメントも沢山いただきました・・・本当にありがとうございました。*********私はこの度イラストを描かせていただいたのですが、そのお話を少しだけ・・・。私は学生の頃は本気で漫画家になりたいと思っていたことがありまして、相当熱心に応募しておりま...
Sister Complex (109)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Sister Complex (109)

2
日本に帰国する当日になった。ここから持って帰るものなんてほとんどないから服を着替える程度ですることもなかった。窓の外からニューヨークの街を遠くに見ながら、つくしは小さな声で呟くように言った。「高城さんはもうヨーロッパに着いたかしら・・・大学は退学するのかな。ちょっと寂しいな・・・」「どうして寂しいの?いいじゃん・・・!この春までいなかったんだから今までと同じでしょ?いきなり他に兄さんが出来たからってそこま...
10月の向日葵 (48)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

10月の向日葵 (48)

6
「それでは牧野さん・・・いいですか?ちゃんと治療を受ければ完全とまではいかなくても腕は動くようになると思いますからね。リハビリを頑張るんですよ?でも身体のことがあるから無理はいけません。しばらくは1人では生活が出来ないから、彼に助けてもらうんですよ?」「はい・・・お世話になりました。お願いしたとおり、私がここを出て行ったことはしばらく西門には言わないで下さい。お願いします」花沢類が私の車椅子を押してくれ...
危険な紅葉狩り・4~茶と華と・秋の番外編~
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

危険な紅葉狩り・4~茶と華と・秋の番外編~

4
つくしを抱きかかえて旅館に戻ると女将が出てきてつくしの手当をしてくれた。そこまで腫れてはいないが少しだけ熱を持ってる。湿布を張って包帯をしてもらうと、大袈裟だと眉を顰める。歩きにくいから俺の腕に掴まって部屋に向かった。美和子は何故かこの旅館に部屋をとり、つくしの希望で一緒に食事をすることになった。・・・俺は離れで二人っきりで楽しみたかったのに・・・!この女を俺たちの部屋に呼ぶのはごめんだ!女将に頼んで食...