FC2ブログ
10月の向日葵 (59)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

10月の向日葵 (59)

4
「総・・・二郎?ホントに・・・総二郎?」「あぁ・・・待たせたな。っていうかお前が俺を置いて行ったんだぞ?結構探したのに見つけるのが少し遅かったみたいだ」始めは少ししか開いていなかったつくしの眼が大きく見開いたかと思うと、その両方の瞳から涙が溢れて凄い勢いで頬を伝わり髪を濡らしていった。ハンカチでそれを拭ってやったけど治まらない・・・何度も何度も涙をこぼすからとうとう手でそれを拭った。つくしは自分の顔に触った俺...
危険な紅葉狩り・9~茶と華と・秋の番外編~
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

危険な紅葉狩り・9~茶と華と・秋の番外編~

4
ドンドンドンドン!・・・ドンッ!!「今度は誰だっ!何処のどいつが邪魔しようってんだよっ!!」せっかくつくしが滅多に見せない女の顔してたってのに・・・誰だ、この非常識なドアの叩き方はっ!!仙台のホテルったぁ最低だな!俺は頭にきてドアまで行くと、勢いよくそのドアを開けた!このふざけた野郎を一発殴ってやろうかと思うぐらい頭にきていた!でも、開けた瞬間目に飛び込んできたのは、夜なのにやけに爽やかな茶髪に子供みた...
Sister Complex (119)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Sister Complex (119)

2
関西西門の分家、西門清四郎氏の屋敷に着くとすでに高城社長夫妻と加代が揃っていた。少しだけ約束の時間に遅れてしまって加代からは軽く説教され、つくしも母親に叱られていた。ぺろっと舌を出すつくしに加代は溜息だ。でも、遅れた理由もわかっているからだろう、加代は「情けない」を連発。高城社長は気まずそうに知らん顔をした。ここも総二郎の本邸同様、日本家屋の荘厳な造りで石庭も見事だった。しんと静まりかえった屋敷内...