FC2ブログ
10月の向日葵 (79)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

10月の向日葵 (79)

4
遠くで除夜の鐘が鳴り響いた瞬間、俺はつくしをベッドの中で抱き締めていた。本当は身体を繋げたいけど優しくしてやれる自信もないし、何よりこいつの中の宝物は守りたいし。だから、つくしの身体を撫でてその少し柔らかく、豊かになった部分だけを愛してやる・・・まぁ、これは新年だからってわけでもなく、疲れていない夜には欠かさなかった俺たちの儀式みたいなもんだけど。「つくし・・・年が明けちゃったな。今年は大変だ!親になる...
amore sfortunato~片思い~・3
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

amore sfortunato~片思い~・3

6
「牧野!ちょっと来いっ!」「きゃあぁーっ!いや、ちょっと美作さんっ!」総二郎がいきなり噴き出したと思ったら、こんな店のボックス席で似合いもしないドレスを着た牧野を見るとは思いもしなかった!しかも桜子のだろう?そのドレス・・・もう少しでヤバいもん、晒すところだったのに立ち上がったまま固まりやがって!そんな大人っぽいもの、まだお前には早すぎるんだよ・・・ってそれよりも他の男が見るじゃないか!まぁ、総二郎はい...
カフェラテに浮かべたメッセージ・19
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

カフェラテに浮かべたメッセージ・19

2
亮という男とは関係をもっていないと牧野は答えた。女性を抱けない男・・・中にはいるよね、大抵が過去に起きたことのトラウマみたいなもので。見た感じ”あっち”じゃなかったし。そのことが恥ずかしいのか牧野は俺と眼を合わせようとしなくなった。もしかしたら自分には魅力がなかったんだって思ってんのかな・・・。そんなわけないのにね。あんまりにも長い時間、何も喋らなくなったから逆にどうしていいのかわからなくなって赤くなって...