FC2ブログ
10月の向日葵 (80)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

10月の向日葵 (80)

4
正月が過ぎてからこの辺りの雪は想像以上になり、俺たちは世間から隔離されたかのような空間で過ごしていた。窓から見える風景は白一色で庭の木々でさえ遠くの風景と区別が出来なかった。これは類の別荘が少し丘の上にあるからで、街に出れば問題はなかった。だけど、大事を取ってつくしは病院以外は家の中での生活になり、買い物も俺が全部引き受けるようになった。まぁ、そのぐらいこの生活に慣れたっていうことだ。雪掻きもつく...
カフェラテに浮かべたメッセージ・20
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

カフェラテに浮かべたメッセージ・20

6
藤本が明日の資料を自宅に届けてくれたから、それを夜遅くに自室で目を通していた。牧野は俺の隣に部屋を作らせたけど今日も俺の部屋にいて、昨日と同じように俺のベッドに潜り込んでた。シャワーも済ませて部屋着に着替えて、スッピンの牧野がすぐ側にいる。それだけですごく安心できた。あのアパートに残さなくて良かった・・・もし、残してきたらどうなっていただろう。それを考え始めると資料なんて眼で追うだけでちっとも頭には...