FC2ブログ
10月の向日葵 (90)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

10月の向日葵 (90)

4
<side類>フランスの自宅でぼんやりと過ごしていたときに日本からの電話を受けた。相手は北海道に配置している花沢の警護の人間の1人だった。総二郎と牧野の周辺をそれとなく見張らせているこの男からの電話?少し嫌な予感もしたけど・・・。「もしもし・・・何かあったの?」『はい、祥一郎様が休診されたので少し気になって尾行したのですが、そこで意外なことがありまして。西門に滞在されている例の千春という女性ですが、旭川のホ...
Joyeuse fête de Noël!・3
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Joyeuse fête de Noël!・3

4
「ツクシ、ちょっといいかな?」「はーい!」次の日、仕事が終わって着替えて帰ろうとしたときに、オーナーから呼び止められてキッチンに戻った。そこにはもう職人さんは誰もいなくてオーナーとアランがニコニコして私を待っていた。「実は今度の日曜日にHホテルでちょっとしたパーティーがあってね。そこは日本の企業が主催者だからツクシに行ってもらいたいんだよ。ちょうどその日は結婚式が重なっていて、そのホテルだけでは人...
カフェラテに浮かべたメッセージ・31
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

カフェラテに浮かべたメッセージ・31

4
窓の外はすっかり暗くなっていて、そういちろうも背中に首を突っ込んでおとなしくなっていた。2杯目のコーヒーを飲み干して、牧野もすっかり落ち着いて穏やかな空気に変わっていた。そろそろ夜の客が来るからもうお帰りとマスターに言われて、席を立ったときだった。「花沢さん、本当に良くここまで探しに来てくれました。つくしちゃんを東京に連れて帰ってもらえると聞いて本当に安心だ。ここにいつまでもいなくていいんですよ。...