FC2ブログ
10月の向日葵 (113)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

10月の向日葵 (113)

4
俺が本邸に戻ってきたことは次の日には後援会や各支部には伝えられた。修行ではないことを知っている後援会役員には深く頭を下げることになり、修行と信じていた人間にはそれなりに留守の詫びを入れた。ただし、修行という言葉は使わない。東京から離れて茶の稽古に励んでいた・・・そういう表現を繰り返した。そして家元とは特に話すこともなく、昔のように茶室で静かに精進する日々を送った。問題を起こした考はやはり謹慎処分とい...
カフェラテに浮かべたメッセージ・番外編~そういちろうの呟き~・10
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

カフェラテに浮かべたメッセージ・番外編~そういちろうの呟き~・10

6
「そういちろうさん、ほらよく見てごらん~!この下は瀬戸内海だよ!長崎に行くときはあの海をフェリーで行ったんだよねー!」「フェリーだったんだ!どおりでわかんなかったんだね・・・どれだけ探しても見つからないって思ってたんだ。フェリーは考えなかったな・・・ホントに心配したんだよ?牧野・・・もう何処にも行かないで・・・」「類・・・あの、パイロットさんがいるから・・・んっ・・・」・・・おい!その前に俺がいるって!パイロットってヤツ...
Sister Complex ・番外編~Troublemaker~・LastStory
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Sister Complex ・番外編~Troublemaker~・LastStory

8
「翔子?・・・翔子、大丈夫?実験中に珍しいね、翔子がぼーっとするなんて」 「えっ?!あぁ、ジェイムズ、ごめんなさい!ど、どこまでやったっけ?」 「あはは!もう第一回は終わったよ。翔子が何処かにトリップしてる間にね!」 こんな事初めてだった。今まで実験中に他のことを考えるなんて・・・私はここのリーダーなのに、ぼーっとして注意を受けるだなんて情けない。あの日、強盗に襲われた時に全身で庇ってくれた誠さん・・・花沢さ...