FC2ブログ
10月の向日葵 (114)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

10月の向日葵 (114)

2
6月の中頃になったある日の夜、家元から大きな茶会の亭主を務めるようにとの話があった。この半年近く大きな茶会を控えていた西門が、俺が戻ったことで復活したんだと世間に知らしめたいのだろう、招待客も著名人や伝統工芸関係者を含め豪華な顔ぶれだ。もちろん各支部の支部長から大企業の重役、政財界のドンと呼ばれるような名前もあった。これだけの人数を招待ともなれば正式な食礼、茶礼の茶事ではなく、薄茶のみの茶会・・・自...
カフェラテに浮かべたメッセージ・番外編~そういちろうの呟き~・11
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

カフェラテに浮かべたメッセージ・番外編~そういちろうの呟き~・11

6
俺は目の前にいる超怖ぇ顔のハシビロコウ・・・ソウジロウってヤツをジッと見ていた。結論・・・友達にはなれそうにねぇな!顔は慣れればいいかもしれねぇけど、要は性格だ。俺はこんなに動かねぇ怠け者のような鳥とは相性が悪い。昨日まで営業部長として必死に働いてたんだ、当たり前だよな!その時2人の会話が聞こえてきた。「ここが動物園みたいになっちゃうね!毎日が楽しいわ、友達が出来て良かったね、そういちろうさん!」 「な...
雪の結晶 (1)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

雪の結晶 (1)

10
ニューヨークの冬は日本より寒い。特にここは高層マンションの最上階・・・随分長いことここに1人で住んでる。誰とも話さずに・・・誰とも会わずに。一緒に住むはずだった人が帰ってくることがないから。だから毎日窓から外を眺めては溜息をついた。最上階とはいえ、ここにはテラスがあって外に出ることは可能だった。ガーデン仕様の豪華なテラス・・・当然のようにある高い柵に囲まれてはいるけど、下を見ればニューヨークの夜景が一面に...