FC2ブログ
10月の向日葵 (139)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

10月の向日葵 (139)

6
<side祥一郎>「祥一郎君、中々良い茶会でした。今日はいい気分です。このまま精進されて、経験を重ねれば問題はないような気がしましたよ?他の皆様はいかがかな・・・西門の長老方にもご意見を伺いたいが?」九条会長の声が静かに大広間に響いた。茶会は少し前にすべて終了し、一同が再びここに集まっていた。もちろん、俺の評価をするためだ。「そうですな。まだまだ本気で取り組まねばならんが、5年間離れていたとは思えないく...
PAIR COORDINATE・4
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

PAIR COORDINATE・4

2
その日の夕方、大学が終ってから牧野は西門で俺の稽古を受けていた。お袋からの命令みたいなもんで、えらく気に入られた牧野は少しでも稽古を増やして俺の半東を努められるぐらいにはしろと。そんな理由から今まで週1だった稽古が週3になってて、わざわざそのために俺の時間もそこに当てられるように変更しやがった。別にそれはそれでもいいけど、稽古した後に牧野が100%の確率でお袋に捕まる・・・そのまま夜になって送って行...
雪の結晶 (26)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

雪の結晶 (26)

2
「どうしよう。この2人・・・完全に寝ちゃったよ?」「まったくもうっ・・・今日中に帰るって言ったから場所を提供したのに・・・嘘じゃん!」飲み過ぎて完全にダウンした西門さんと美作さんがリビングのラグの上でひっくり返って寝てる。何回声をかけても揺さぶっても起きないからとうとう毛布を持ってきて2人の上に掛けることにした。類は何回か蹴ったりしてたけど、それでも向きを変えるだけで効果なし。「暖房効いてるから大丈夫だよ...