FC2ブログ
10月の向日葵 (149)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

10月の向日葵 (149)

2
総二郎が家を飛び出してから少しだけ家の中は静かになって、蒼もしばらく泣いたらまた眠ってしまった。可哀想に涙の跡がほっぺたにいくつも・・・それを手の平で拭いてやりながら抱いていた。「つくし、腕はどうだ?痛みが酷いのか?」「うん・・・痛いっていうか痺れるって感じかな。力はもうこれ以上は入らないのかもね。首の方はね、左側を向いてももう大丈夫になったんだけど。細かい作業になると指が震えるわ。将来蒼の服のボタン付...
PAIR COORDINATE・13
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

PAIR COORDINATE・13

6
本文中にR表現を含んでおります。苦手な方はご遠慮ください。パスをかけておりませんので閲覧は自己責任でお願い致します。***目の前に並べられた料理があまりにも綺麗で美味しくて、西門さんが薦めてくれたノンアルコールもガンガン飲んでしまった。疲れを癒やすための温泉では逆に疲れすぎたし、先日の弾丸アメリカ旅行でクタクタだった私の身体はもうボロボロ・・・。おまけに乗り慣れないバイクに何時間も跨がってるし。流石に体...
雪の結晶 (36)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

雪の結晶 (36)

6
またここに戻って来ることが出来るなんて・・・それだけで嬉しかった。あれからずっと類の身体に寄り掛かるようにして歩きながら、マンションの入り口まで着いたらホッとして逆に足が震えてきた。「大丈夫?もう誰も来ないから安心していいよ」「ん、もう大丈夫だけど、思い出しちゃっただけ・・・」エレベーターに乗ったらすぐに類のキスが来る。ここは類の部屋専用だから誰も乗ってはこない。彼の両手が私の頬を押さえ込んでて顔が動か...