FC2ブログ
喧嘩するほど仲がいい?(88)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

喧嘩するほど仲がいい?(88)

4
西門さんが九州に行く日、散々門前で注意をされた。1人で何処かに行かないこと、知らない人についていかないこと、誰からも物をもらっちゃいけないこと・・・って私は何歳だ?って思うような注意を家元達の前で車が出る直前まで言われ続けて恥ずかしいったらありゃしない!「わかってんだろうな?絶対に1人で行くなよ?」「わかりましたってば!もう、早く行きなさいよ、鬱陶しいっ!」「心配して言ってるのに鬱陶しいってなんだ!...
10月の向日葵~番外編 類の想い~・4
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

10月の向日葵~番外編 類の想い~・4

12
俺達が高等部だったある日のこと。英徳では一応生徒による掃除時間ってものはあったけど、清掃会社も入ってることから真面目に掃除する人間なんて殆どいなかった。そんな中、牧野は毎回きちんと掃除をしていて、それをクラスメイトが「所詮は使用人の子供だから」って蔑んで見ていた。俺はそれを知っていたけど牧野に実被害がない限りは傍観していた。そうしないとどんどんエスカレートするってわかっていたから。俺が見守っている...
隣の部屋の彼 (41)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

隣の部屋の彼 (41)

4
<side由依>『これさぁ、あんたの彼氏じゃないの?違う女と喫茶店で楽しんでたわよ?』電話口でそう言いながら和香が送ってきたものは、陽翔があの牧野って女と喫茶店にいる画像だった。別にすごく楽しそうな感じじゃないけど陽翔が優しい顔してる!私には最近、あんな顔なんて見せてくれないのに・・・!牧野って女は背中を向けてるからどんな顔してるのかは分からないけど、身を乗り出して陽翔に近づいてるように見えた。「・・・なに...
喧嘩するほど仲がいい?(87)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

喧嘩するほど仲がいい?(87)

6
京都に行く前のお稽古は毎日厳しかった。総二郎がいるときには彼がついてくれて、そうじゃないときは志乃さんというより家元夫人が積極的に稽古をつけてくれた。いつもはお茶目な家元夫人だけどお稽古の時は人が変わったようになる。特に表千家では男性の場合と女性の場合では動きにほんの少し違いがあるらしくて、その部分を徹底的に直された。今日もまず茶室に入った瞬間に動きを止められた。「つくしちゃんは今まで気にしたこと...
隣の部屋の彼 (40)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

隣の部屋の彼 (40)

2
そろそろバイトから戻ってくると思ってベランダでその姿を待っていたら、見えたのは真っ赤な総二郎の車だった。あれ、なんであいつの車が?って不思議に思って見ていたらそれは随分手前で停まってそこでドアが開き、牧野らしい女の子が降りてきた。もちろんあの様子じゃあきらも乗ってると思うけど。会話なんて全然聞こえないけど、牧野は手を振って見送ってる。そして向きを変えて寮の方に歩いてきた。暗くてよくは見えないけど今...
喧嘩するほど仲がいい?(86)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

喧嘩するほど仲がいい?(86)

2
和真の冷たい顔が目の前にある。お互いに腕組みしたまま睨み合っていたが、それを志乃さんとつくしがオロオロしながら見ていた。「総二郎様のお気持ちはわかりますが、ご自分のお仕事はきちんとしていただかないと困ります。そんなに沢山の仕事を弟子に任せるだなんてとんでもない!予定通りに行っていただきたいのですが?」「和真の言うことは分かるがある意味非常事態だ。つくしの稽古はあと1ヶ月が勝負。俺の半東だから俺がい...
10月の向日葵~番外編 類の想い~・3
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

10月の向日葵~番外編 類の想い~・3

2
牧野が小学部を卒業して中等部に入る年の3月末。花沢では俺の誕生日パーティーが開かれる事になってた。それはもちろん毎年の恒例行事だけど、今年は総二郎と一緒に牧野を招待した。初めの返事は出席だったから誰にも言わなかったけど楽しみにしていた。こんなに自分の誕生日が待ち遠しいってことはないってぐらい、本当に楽しみにしていた。普段、行事を嫌がる俺が喜んでスーツの採寸に協力するもんだから加代が驚いていたっけ。...
隣の部屋の彼 (39)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

隣の部屋の彼 (39)

2
<sideあきら>ほんの少しだけ齋藤の新しい父親の病院って言うのを調べてみた。類が何かを気にしていたけど、経営上何か問題があるんだろうかと思って。だけど特に評判にしても、経営状態にしても問題はない。至って普通の病院だった。問題って言うほどのことはないが、経営者が最近結婚して陽翔が医学部に入ったから跡取りが出来たってことぐらい。それまでは独身だったから引き継ぐ人間がいなかった・・・そのぐらいだろう。「あきら様...
喧嘩するほど仲がいい?(85)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

喧嘩するほど仲がいい?(85)

2
朝、目が覚めたのは6時半・・・つくしはまだ寝息を立てていた。初めてだったからすぐには起きられないか・・・無理はさせないでおこうと思って自分だけそっとベッドを抜け出した。そして何気に例の窓に行って双眼鏡で覗いてみたら・・・自分の書いた張り紙がしっかり読めた。・・・なかなかいい字だな!もちろん俺の部屋もバッチリ。こいつ、何回これで覗いたんだ?って思って見ていたらレンズの端からお袋が現れた!「あれ?お袋・・・げ!見ら...
隣の部屋の彼 (38)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

隣の部屋の彼 (38)

4
<side陽翔>金曜日の朝、レポート提出のために少し早めに大学に向かおうと思ってドアを開けたら、301号室から丁度あいつらが出てきた。西門と美作・・・やっぱりこいつらが騒いでたんだと少しだけ顔が歪んだ。でも、そいつらも俺を見て止まった。一瞬険しい顔をして・・・どうしたのかと思ったらその後ろからひょいと顔を出したのは牧野だった。朝っぱらから男の部屋から牧野が出てきた?しかも、この男達に囲まれて花沢の部屋から・・...