FC2ブログ
喧嘩するほど仲がいい?(62)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

喧嘩するほど仲がいい?(62)

2
『西門さんの馬鹿っ!大っ嫌い!・・・あんたの顔なんてもう見たくないっ!』馬鹿に嫌いに見たくない・・・泣きながら叫ばれたこの言葉が頭の中から離れなかった。牧野のブルーのドレスが暗闇に消えて行くのを、それを類が追いかけていくのをただ見ているだけの自分。カッコつけたかったわけでもねぇし、類に見られたって本当は構わねぇ。でもあいつとの話には時間がかかりそうだって思ったから2人になりたかっただけ。それだけだ・・・。...
隣の部屋の彼 (15)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

隣の部屋の彼 (15)

4
「あぁ、いらっしゃい。今日は1人なんだね、類君」「ん、あの子はあの日だけだよ。友達、になってるのかな・・・どうかな?よくわかんない」牧野が入学式に行って寮の周りも静かになった頃、時間はもう昼を回っていた。はっきり言って自炊なんて出来ないしする気もない。それ以外でも何もしないから部屋が散らかるということもなかった。つまり今のところ掃除っていうのもしてはいない。面倒くさいと言ってしまえばそれまで・・・とにか...