FC2ブログ
喧嘩するほど仲がいい?(66)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

喧嘩するほど仲がいい?(66)

8
とうとう双眼鏡のことがバレたけど、そのおかげで?なのか私の勘違いがわかった。わかったのはいいけど西門さんが目の前に座って私に言葉の要求をする。それがわかるようなわからないような・・・でも、そっちから言ってよ!って気がしてなかなか言い出せなくて、はぐらかしていたら今度はすごい力で抱き締められた。「なんか言えよ・・・」 「・・・なんて言うのよ」 「止まんねぇぞ?俺の見合いが」 「あ、あの・・・でも」 「いいから!今、...
10月の向日葵~番外編 夏の日の2人~・3
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

10月の向日葵~番外編 夏の日の2人~・3

6
つくしが中等部に入った年の夏、この年も夏茶事の多い俺達は何処に行くわけでもなかった。クラスの連中がわざわざ外国にバカンスやら買い物に行くんだとそんな話が飛び交う中、一言も喋らずに過ごしていたんだろう。時々学校で見かけるつくしは1人でいることが多かった。この頃はもう自分が西門に金銭的な世話になっているという自覚があったから進んで家の手伝いもしていた。それも人が嫌がる仕事を選んでしていたような気がする...
隣の部屋の彼 (19)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

隣の部屋の彼 (19)

6
「あんな奴らの何処がいいの?」大学に通い始めて数日後のランチタイム。おにぎりをパクンとしたところで言われるこの一言。初日から毎日ランチタイムになると私の目の前には陽翔がいた。そして西門さん、美作さんの事を悪く言う・・・それにうんざりして相手にはしなかったけど、流石にご飯が不味くなる。カフェテリアの金額にはついていけないから毎日中庭のベンチでおにぎりと簡単なおかずだけなんだけど、陽翔はまだ自宅にいるの...