喧嘩するほど仲がいい?(92)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

喧嘩するほど仲がいい?(92)

2
「今、なんて仰いました?家元夫人」「え?つくしちゃんの写真を撮ろうと思って」京都に行くまであと2週間ってところで急に言われた写真撮影。なんでも直接お会いする前に私の写真を送って顔を覚えていただくことが目的らしい。だけど、それって必要なの?私は自慢じゃないけど写真が嫌いなのよ!こんな童顔で丸顔で、総二郎と比べても完全に負けてるんだから!「それって絶対ですか?あの・・・びっくりさせた方が良くないですか?...
10月の向日葵~番外編 類の想い~・6
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

10月の向日葵~番外編 類の想い~・6

2
西門家と相談した結果、牧野は大学まで進学をさせてもらう事になって俺達と同じように英徳大学に入学した。高校を卒業したら西門以外の場所で働きたかった牧野は少し困惑していたけど、これは彼女のためというよりは西門が世間に美談として知らしめたい行動だろうって事はわかっていた。親を亡くした可哀想な子供を大学まできちんと出してやった・・・何かの話題作りにはもってこいの内容だから。だから牧野は一番無難な学部で無理の...
隣の部屋の彼 (45)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

隣の部屋の彼 (45)

2
<side由依>「陽翔、もう終わる時間かなぁ。ふふっ・・・それよりもあの子が何処かで泣いてたりしてね。いい気味だわ!」今日は陽翔が少し早く終わる日のはず。バイトも入ってないはずだし、一緒に過ごそうと思って彼に連絡もせずに大学まで足を運んだ。それにそろそろここに居辛くなった牧野の困った顔でも見ることが出来たらラッキーかも、なんて頭の中で想像しながら医学部の方に向かって歩いていた。数回にわたってかけた嫌がらせ...