FC2ブログ
喧嘩するほど仲がいい?(96)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

喧嘩するほど仲がいい?(96)

2
明後日には京都に向かうっていう日、家元と家元夫人が時間を作ってつくしの茶の相手をしてくれた。正客に家元、詰に家元夫人、次客に俺が入って一通りの流れを口を挟まずに進めてみる。1度手を止めて考え込んだぐらいで手順は覚えたようだ。このぐらいなら所作に問題はないだろうって事で家元からはOK!が出た。家元夫人からは女性ならではの立ち居振る舞いについて再度いくつかの注意があったが、それもつくしにはすぐに理解が出...
10月の向日葵~番外編 類の想い~再会~・8
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

10月の向日葵~番外編 類の想い~再会~・8

4
嬉しそうに総二郎に頭を下げて蒼は我が家の門を入って行った。偉そうに・・・なんて隣を見たら、総二郎は穏やかな笑みを浮かべて自分の息子の後ろ姿を見ていた。天邪鬼・・・牧野にだけじゃなく蒼にまで気持ちと反対の言葉をかけるんだね?呆れたような顔で立ってた俺に気がついて、慌てたように厳しい顔を作ってるけどもう遅いから。「あっ!蒼兄様だー!お母さーん、蒼兄様が帰ってきたよー!」「蒼兄ちゃん、どうしたの?もうこっちに...
隣の部屋の彼 (49)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

隣の部屋の彼 (49)

2
ヴィーーンヴィーーンと洗濯機の音が鳴ってる中、花沢類がテレビやDVDプレーヤーから色んな配線を外してる。それを少し動かしてから手を伸ばして丸めた張り紙を取ってくれた。日にちも経ってないから埃も被らずに張り紙はまた私の前に戻ってきた。「・・・牧野、なにか袋ない?」「なんでもいい?どうするの?」「これ以上指紋がつかないようにしたいだけ」「・・・本格的なんだね。なんか怖いな」可愛い袋でもあればよかったんだけどす...