FC2ブログ
喧嘩するほど仲がいい?(109)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

喧嘩するほど仲がいい?(109)

2
後座は濃茶点前、薄茶点前と茶の時間。今まで懐石をしていた茶室を一新する。そのために客達は1度腰掛け待合まで戻り、亭主が銅鑼を鳴らして合図するまで待つ。この間に俺は掛け物を外し、茶花に変える。爺さんが気にしていた座箒で畳を清め、点前座に水差し、茶入れを準備して銅鑼を鳴らす。頃合いを見計らって爺さん達が入ってくるから、ここでも躙戸に手掛かりを開けて水屋に下がる。「つくし、詰が入ったら腰掛待合にあるもの...
雨が連れてきた恋 (3)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

雨が連れてきた恋 (3)

4
雨の中で急に倒れた牧野を抱きかかえて車に乗せ、急いで向かったのは花沢の系列病院。耳が聞こえないという症状から耳鼻科の医師と・・・何故か精神科の医師が診察室に入った。そして牧野を診察した後で俺が呼ばれた。本来は家族にしか出来ない説明を特別に・・・殆ど俺が強要したんだけど。牧野は俺が入っていくのとは別の出口から、車椅子に乗せられて診察室を出て行った。今日は様子を見るために入院すると聞いたから、特別室を手配さ...
隣の部屋の彼 (62)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

隣の部屋の彼 (62)

4
部屋に入って濡れた服を着替えた。そのうち風が酷くなってきて窓ガラスをガタガタと揺らし始めた。花沢の屋敷は耐火耐震対策は最高レベル、全室強化ガラスや二重扉とかで厳重に守られていたから気にしたことはなかったけど、普通の家ってこんなに煩いんだと少し驚いた。確か俺の部屋は牧野達の部屋とは色んな部分で強化されてるはず・・・それなのにこんなに風が喧しいなら牧野は今頃怯えてないだろうか。それとも慣れてるのかな・・・。...