FC2ブログ
喧嘩するほど仲がいい?(111)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

喧嘩するほど仲がいい?(111)

4
控え室に入ったらすぐに掛け物を取りだして総二郎と一緒に床の間に掛けに行った。そこでもう一度この言葉の意味を確認、今度は急いで茶花を生けた。透かし籠に一番初めに入れたのは鷹の羽ススキ、そして白い鷺草、一番手前には額紫陽花。私が1度生けたものを総二郎が手直ししてくれた。それを同じく床の間に飾って、そこの準備は終わった。今日は薄茶運び点前。道具を自分で運ぶところから始まり、お客様の前で道具の準備、その後...
雨が連れてきた恋 (4)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

雨が連れてきた恋 (4)

4
次の日に退院して自分のアパートに戻った。今日、雨は降ってはいない。私の発作は起きない。汚れてしまった自分の鞄や服を片付けてから、部屋のソファーに座ってぼんやりと自分が倒れた時の記憶を辿っていた。花沢類は昨日の夜、病室でずっと一緒にいてくれて、私に病名を告げた・・・PTSD(心的外傷後ストレス障害)だと。『うん・・・そうだろうと思った。わかってるよ、私が弱いんだよね』『そうじゃない。それだけ大事だったんだよ・・・...
隣の部屋の彼 (64)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

隣の部屋の彼 (64)

4
何度も鳴る雷の音に怯える牧野を見ていたら、だんだんとその震えてる身体を抱き締めたくなった。怖がらせたくなくて・・・って理由だけど、それだけじゃない。気持ちを抑えることに限界がある・・・橋本さんと話してた時にそう思った。そして今、こうして隣にいる。窓の外の天気とは反対に俺の中は熱いものが込み上げていて、それをいつ吐き出そうかと考えていた、その時だった。これまでで1番大きな雷の音、それと同時にすごい力で俺に...