FC2ブログ
Stop Motion・56
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Stop Motion・56

2
お腹が痛くて踞っていたけど竹本さんの声だけは微かに聞こえた。「23階から救急患者を搬送する!大至急エレベーターのトランクを開けてストレッチャーが入るようにしてくれ!」それが誰に、何の電話なのかわからない・・・私はもう動くことが出来なかったから。どんどん痛みが強くなって汗が流れる。エプロンの裾を握りしめて嫌みを堪えたけどもう限界・・・このまま死んじゃうかと思うぐらい右側のお腹が痛かった。「つくしちゃん、荷...
忘れられた約束(4)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

忘れられた約束(4)

6
「ヨウシュヤマゴボウ・・・そんなものを口にしたんですか?」「この症状とあんたから聞いた話だとそうだと思うよ。幸いそこまで酷い症状じゃないから胃の洗浄をして少し休めば回復してくるだろうからしばらく寝かせておきなさい」この島で1番大きな病院で、ドクターに言われた言葉に驚いた。ヨウシュヤマゴボウという植物による中毒らしい。根と種子に毒を持ち、嘔吐や下痢、中神経麻痺、痙攣、呼吸障害・・・心臓麻痺、昏睡そして最悪...
隣の部屋の彼 (149)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

隣の部屋の彼 (149)

4
目が覚めたのは2人同時だった。類の腕が私の身体を包んでて、少し顔を上げたらおでこにキスされた。今日の誕生日パーティーはお昼から・・・まだ、急いで起きなくてもいいなんて類は言いながら私を抱き締める。「でも、ちゃんと朝ご飯食べて体調整えなきゃ・・・お腹が空いて力が出なかったら後悔するよ?」「あはは!そんな事考えるの牧野だけだよ。こんな時はお腹空いたかどうかなんて忘れてるよ」「えぇ~!そうかなぁ・・・ピアノの前...