FC2ブログ
私の帰る場所・15
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

私の帰る場所・15

2
少しだけ待ってもらって急いで着替えた。髪を梳かして顔を洗って、でもお化粧をする時間はなかったから「風邪気味で・・・」だなんて誤魔化して部屋に入ってもらった。「ごめんなさいね。何の連絡もせずにお邪魔して・・・それに体調が悪かったなんて知らなくて」「あ、いえ・・・そこまで悪いわけじゃありませんから。私こそごめんなさい・・・大学もバイトもなかったからってだらしないところをお見せしてしまって、お恥ずかしいです」なんて...
Christmas Concert(2)~隣の部屋の彼・番外編~
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Christmas Concert(2)~隣の部屋の彼・番外編~

2
「いらっしゃいませ~。何名様ですか?」いつものようにバイトをしながら頭の中では類とお父様のことを考えていた。私達のこれからはいいとして、何とかこの2人を仲直りさせることは出来ないかしら。お互いに笑い話が出来たらいいんだけど、急には無理だろうからせめて目だけでも合わせて欲しいなぁ。色んな事情もわかったことだし、少しでいいから歩み寄ってくれたら会話が出来るようになるんだろうに・・・。そんなことを考えてる...
嘘つきは恋の始まり (39)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

嘘つきは恋の始まり (39)

4
「あれ?牧野はスーツじゃなくていいの?」「うん!スーツだと動きにくいから着なくていいって!ジーンズじゃないパンツスタイルでいいみたい。靴もね、ヒールのないのでいいんだって」この後は普通に戻って牧野と2人で屋敷を出て車に向かった。牧野は薄手のセーターにコートを羽織ってパンツスタイルにモカシン履いて、まるで今日も学生のようだった。でも、アップにした髪型と白い項に目が行ってちょっとドキッとする・・・聞いた...