FC2ブログ
私の帰る場所・24
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

私の帰る場所・24

2
<sideあきら>病院の特別室の中は異様な静けさだった。白いカーテン越しに夕日が射し込んで俺達の顔をオレンジ色に染めていたが、その色とは正反対に冷たい空気が流れてる・・・そんな気がした。仁美の細い腕に繋がれた点滴から薬剤が落ちていく・・・この部屋で動いてるものはそれだけだった。「・・・つまり、私はもうあきらさんの子供を産むことが出来ないと言うことですか?」「残念だけどそういうことだ。でも、それを嘆いてる時間は...
もう1度抱き締めて・6
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

もう1度抱き締めて・6

2
「いらっしゃいませ~って、桜子?どうしたの?」「こんにちは!先輩。バイトは何時までですの?」それは春も終わって5月の終わり頃。バイト先のお団子屋さんに現れたのは、この店になんとも不似合いな露出度の高い服を着た桜子・・・しかも後ろには金髪の男性が1人。新しい彼氏かしら。すごいイケメンで落ち着いたブラウンの瞳は花沢類を思い出させた。「えっと、あと15分かな?・・・ってか、あんた!まだそんな格好寒いでしょ?風...
嘘つきは恋の始まり (48)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

嘘つきは恋の始まり (48)

2
タクシーで屋敷まで戻り、急いで玄関のドアを開けるとすぐに奥の方から走って出てきたのは加代。俺の姿を見ると慌てたように両手を振って部屋に行くのを止められた。「お帰りなさいませ、類様。少し宜しいですか?」「どうしたの?牧野に何かあった?」「牧野様は・・・あぁ!牧野様はバス停を乗り過ごしたとかで随分遅くに戻られて驚きましたわ。でも、今はもうお部屋にいらっしゃいます。本日は旦那様方も遅くなるからとご連絡があ...