FC2ブログ
私の帰る場所・27
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

私の帰る場所・27

2
5月の始め・・・朝から雨が降っている日曜日だった。この頃、立礼りゅうれい式で茶を点てるようににはなっていたが、以前とは比べる事も出来ないほど情けない茶しか点てられない状態が続いていた。何をするにもやる気にならない・・・時間さえ判らない日もあれば全く手が動かない日もあった。身体の中心に力が入らないような感覚・・・集中力も気力もなくなって茶筅を回している時でさえ頭の中が真っ白でタイミングを逃してばかり。碌な茶...
Christmas Concert(8)~隣の部屋の彼・番外編~
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Christmas Concert(8)~隣の部屋の彼・番外編~

2
クリスマスが近づくにつれて牧野と俺と橋本さんの練習は更に熱が入ってきた。ただ橋本さんは後遺症で指に痺れが出てしまう。そのせいで1日に弾ける時間が限られてるから俺と牧野の指導に回ってくれて、最後に1度合わせるだけ。牧野も数ヶ月前に特訓したからなのか今回は比較的スムーズに音合わせが出来てる。何より前のように失敗できない状況じゃないから気が楽なのもあるだろうけど。それに、あの日以来やっぱり嬉しそうで機嫌...
嘘つきは恋の始まり (51)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

嘘つきは恋の始まり (51)

10
「専務、2日間社員食堂に行ってませんが・・・大丈夫なんですか?」「大丈夫って何が?」もう終業時間を過ぎて今から帰ろうって時に藤本が真面目な顔で聞いてきた。社員食堂に行かないのは牧野の仕事を邪魔しないため・・・俺が行くだけで奥に引っ込められるんなら行っても同じだしね。牧野がそこに居るのに顔が見えなくて、笹本の顔が見えるってのが気に入らない、ただそれだけなんだけど。「そのお顔の傷、本当は牧野さんに引っ掻かれ...