FC2ブログ
私の帰る場所・62
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

私の帰る場所・62

-
「お待たせ致しましたな、お家元」、その声を聞いて軽く頭を下げた。入って来たのは紫の父親と母親。事故後、1度だけ面会したもののそれっきりでお互いに行き来は無かった。だから余計に気不味い・・・いや、俺としては気不味い方が破談になりやすくて良かったから気にはしないが。「ご当主、お久しぶりでございます。突然お訪ねして申し訳ない。この度の事でひと言お詫びを言わねばと思いながら日にちが少々経ってしまいました。お...
嘘つきは恋の始まり (89)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

嘘つきは恋の始まり (89)

4
「・・・ハックシュ!!・・・それではお先に失礼致します」「早く風邪を治しなよ?なんなら明日、半休取ってもいいから病院に行けば?」「珍しい・・・そんなに私の身体を心配してくれたことなんてないのに。ハックション!はぁ・・・どういう風の吹き回しですか?」「だって休まれたら印鑑もサインも全部俺がしないといけないだろ?それに調べ物もあるんだし」「・・・結局自分の事ですか?」「何言ってるの。藤本が居てこその俺だよ?そのぐら...