FC2ブログ
『花沢城物語~格闘家・闘司郎参上!!~』 byGPS
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

『花沢城物語~格闘家・闘司郎参上!!~』 byGPS

6
「東との国境線にはもう少し空軍を強化しておいて。あいつ、すぐ飛んでくるから」「はっ!畏まりました」「北との国境線は今の3倍ぐらい塀を高くしといて。あそこの洗濯屋がすぐにやってくるから」「はっ!畏まりました」「南は如何致しましょう、類様」「……何しても無駄だよね。南は無視しよう。あいつには無視が1番堪えるだろうから」「……はっ!無視します!」「以上!本日の防衛会議、終了致します!」「……お疲れ様。宜しく頼...
私の帰る場所・78
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

私の帰る場所・78

-
<sideあきら>~1年後~紫音と花音の誕生日の翌日、牧野の居る鎌倉の別荘に向かっていた。牧野はあれからも自分の心と闘いながら暮らしていた。引き続き同居させてる小夜からは初めの頃より落ち着いてきたと言われ、突然はしゃぎ出したり突然泣き出したりと言う感情の起伏は随分穏やかになったらしい。静かに過ごす日が多く、たまに子守唄のような歌を歌ってると聞いた。その時には自分の子供のことを思い出しているのか、涙を溢...
Be mine Forever・7
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Be mine Forever・7

2
「茶道具屋さんは早かったですわね・・・」「ホント!15分ぐらいしか居なかったんじゃないの?ここはやっぱり問題外だったのね」「でも先輩!次は確実ですわ。祇園ですもの・・・何処に行くのかしら」「祇園って言うだけでお店なんて知らないんでしょ?」またタクシーの中から総二郎が出てきたお店を見て桜子とヒソヒソ話をしていた。いや、ヒソヒソしなくても総二郎には聞こえないけどさ。まるでストーカーしてる気分になって罪悪感が...
嘘つきは恋の始まり (105)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

嘘つきは恋の始まり (105)

4
「クゥ~ン・・・クゥ~ン」「ん?どうした?梅三郎・・・やっぱり桃太郎達が恋しいかな。ごめんね・・・でも、私が居るからね」納屋の中でやっと私の腕から出て歩き回る梅三郎・・・でも、やっぱり少し歩いたら私の膝の上によじ登ってきた。そして頭を突っ込んで震えてる。昨日からのストレスで全然元気がないこの子が心配・・・突然姿を消したことで慌ててる類の事が心配。今日は会社に行けたのかな・・・って考えながら梅三郎の頭を撫でていたら納...