FC2ブログ
私の帰る場所・79
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

私の帰る場所・79

-
<sideあきら>今日も梅雨空で小さな雨が降っている。だからテラスの下で濡れないように牧野は海を眺めていた。「よっ、今日は具合がいいんだって?そこ、雨に濡れないのか?」「・・・うん、いらっしゃい。美作さん」「・・・あぁ、久しぶりだな」俺の名前を呼んだ時の表情、それとこの声のトーン・・・おそらく今日は正気なんだろう。だけど「判るのか?」なんて聞かない。毎回それを確かめていたけど、牧野は判ってても判っていなくても...
Ensemble pour toujours (8)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Ensemble pour toujours (8)

2
「専務ならここには居ませんよ。休暇を取って旅行中らしいけど?」 「・・・・・・はい?」格好いいおじさんが真顔でそう言った・・・聞き間違いじゃないよね?「あっ、あの!休暇って・・・でも彼はこっちに来たばっかりですよね?それなのに休暇取って旅行に行ったんですか?」「ふむ・・・そう言われればそうだけど、別に規定違反じゃなかったし、むしろ今はまだ本格的にこっちでの仕事を持っていないから彼が居なくても大丈夫だからじゃないか...
嘘つきは恋の始まり (106)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

嘘つきは恋の始まり (106)

2
情報部からの連絡は翌日すぐに入った。五十嵐物産東京支店長秘書、麻生ルミ子という女性・・・現在30歳で、成城にある築8年程度のマンションに独り暮らし。大学卒業してすぐに五十嵐に入社して、総務課に1年だけ在籍して秘書課に異動している。それが7年前で、五十嵐浩司が頻繁に東京に来るようになった5年前、既に面識があったと言うことだ。写真を見る限り「美人」でプロポーション抜群。大学もT大だし、まずまずの才女なんだ...