FC2ブログ
私の帰る場所・95
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

私の帰る場所・95

-
すげぇ身体が火照って心臓がバクバク鳴り始めた。自分でもそんな気はねぇのに下半身に熱が籠もったようになり、これをどうにかして鎮めたい・・・それにはあいつを抱くしかねぇのか?って考えるぐらいに身体だけが興奮してきた。それを奥の部屋から見て微笑む紫・・・こいつがさっきの赤紫蘇茶に何かを混ぜたとしか考えられなかった。「・・・・・・うふふ、総二郎さん、こちらにどうぞ?お休みになりたいでしょう?」「・・・お前、何を入れた!...
あの頃の君を探して(2)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

あの頃の君を探して(2)

2
<フランス>目に痛いくらいの煌びやかなシャンデリアが輝くホテルの披露宴会場・・・そこの窓際で独り、ぼんやりと外を見ていた。この時間、すぐ近くではエッフェル塔がライトアップされている。その前に広がるシャン・ド・マルス公園内の灯りで緑色があちこちで幻想的に浮かび上がる・・・ロマンチックに見えるこの光景も俺の目には虚しく映るだけだった。彼女の・・・牧野の行方が判らなくなっていたから・・・。「よっ!類、久しぶりだな」...