FC2ブログ
私の帰る場所・105
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

私の帰る場所・105

-
暑い夏が終わり、今年は残暑と言ってもそこまで暑くなく、過ごしやすい気候になってきた。夏に崩した体調も心配するほどに酷くはならず、強い安定剤を飲むような日もなくなった。あの日から暫くは週1でカウンセリングを受けたけど、9月になったらまた月に1回でいいと言われ一安心だった。それでもテレビを見ることが怖い・・・研究所でのお昼ご飯はやっぱり暑くても屋外の日陰で、鎌倉に戻っても殆ど見ることはなかった。頻繁に電...
Surprise Present (4)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Surprise Present (4)

4
何処かの豪邸がすっぽり入りそうなこの部屋に2人きり・・・チラッと横を見たらゴージャスなキングサイズのベッドがある。不味い・・・すっごく不味い。このホテルで叫んだところで誰も来ないことは判ってる・・・殺人以外なら絶対に誰も入ってこないわ。そのぐらい不味い・・・逃げ場がないじゃないのっ!そんな事を思いながら汗をかいていたら、道明寺が背中を押して私を窓際に連れて行った。「ちょ、ちょっと!どうするの?」「は?窓から下...
あの頃の君を探して(12)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

あの頃の君を探して(12)

4
雨が降りしきる中、ネットで調べた雑居ビルを探していた。路地裏だと言うけど本当にわかりにくい場所で、こんな所にもバーなんてあるんだ・・・って思いながら店の名前を探した。確かこの辺り・・・そう思った時、1つの店のドアが開いて黒髪の女性が飛び出してきた。「・・・濡れないようにビニールに入れていくわ、行って来まーす!」瞬間、俺はその場に足を止めた。牧野・・・・・・牧野だよね?あの声と黒髪と、あの動きは間違いなく彼女のもの...