FC2ブログ
『花沢城物語~抱っこ+添い寝≦フリーパス~』 byGPS
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

『花沢城物語~抱っこ+添い寝≦フリーパス~』 byGPS

0
くっそー!今日もかよ!!池付近を見渡せど静司郎の姿はない。静司郎も闘司郎も二日と空けず花沢城に通ってくのに、何で肝心の俺が出入り出来ねーんだよ?!大体あいつ等もそれまでは居るのか居ないのか分かんねーくらい静かだったってのに、静司郎が通うようになって煩くなったよな?!ったく…どーしてくれんだよっ!「司様、どうかなさいましたか?眉間に皺が寄ってらっしゃいますが…また花沢城の事をお考えですか?」「まーな。...
私の帰る場所・106
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

私の帰る場所・106

-
<sideあきら>冬が過ぎ、桜の枝にピンク色の花が咲き始めた春・・・今でも宝生に潜り込ませている近藤がある情報を掴んだと言って俺の所に来た。それは総二郎が気にしていた薫と言う女性と紫の事。薫は聞いていた通り、宝生の家に住み込みで入った調理師の娘で普通の家庭の子。年は紫より少し下で今年22歳になったばかりだという。薫が宝生に来た時はまだ2歳で、紫は姉妹がいなかったからすごく可愛がっていつも一緒に遊んでいた...
あの頃の君を探して(13)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

あの頃の君を探して(13)

6
店に戻ったらさっきのマスターが慌てたように側に来て、牧野を助けた礼を言い何度も頭を下げていた。どうやらこの人は悪い人ではなさそうだ・・・直感でそう感じた。「上着が随分と濡れてしまいましたね、干しておきましょう。お寒くはありませんか?どうぞ、タオルをお使いください」「俺の事は心配しなくていいよ。えっと・・・一杯もらえる?」「は?はいはい、うちは初めてですよね?キープ、されますか?」「・・・あっ、そうか。日本...