FC2ブログ
私の帰る場所・140
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

私の帰る場所・140

-
やっと巡り会えた牧野を腕に抱いていたが、気持ちが昂ぶって眠る事なんて出来なかった。逆に牧野は久しぶりの行為で疲れ切って爆睡・・・俺が髪を触ろうが頬にキスしようが起きる気配なんて全然無い。昔より小さくなったような気がする顔・・・西門を恐れて震えながら暮らしてたんだと思うとすげぇ悔しかった。まだ夜が明け切ってない薄暗い部屋の中、昨日からの出来事をぼんやりと考えていた。何とか冷静にはなったけど衝撃的な事ばっか...
Keep the Secret・5
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Keep the Secret・5

2
ガタン!と大きな音を立てて総二郎が立ち上がったから、オーナーや美和達も全員こっちを見た!ヤバい・・・このままだと総二郎の怒りが爆発してこの2人が流血して大惨事になるっ!そうなったら私と総二郎の事がバレて今度は私が流血の大惨事に・・・いやいやいや、それは嫌だっ!!立ち上がったあと、ゆっくり2人の方を睨んだ総二郎の顔・・・目が、目が怖いっ!「てめ・・・」「おっ、お客様!追加注文ですかっ?!!」2人組に背中を向けて...
あの頃の君を探して(46)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

あの頃の君を探して(46)

4
本文中に微ではありますがR表現を含んだ部分がございます。苦手な方はご遠慮下さい。パスをかけておりませんので閲覧は自己責任でお願い致します。*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*♪~~♪~~♪~~・・・「・・・・・・ん、朝・・・?」目が覚めたのは朝早い時間・・・まだカーテンの向こうがそこまで明るくなかった。でも身体が痛くて、でも暖かくて・・・やっぱり凄くクタクタになって頭が重たかった。少し頭を動かした...