FC2ブログ
『花沢城物語・特別編~花沢温泉は抹茶の香り~』 byR&GPS
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

『花沢城物語・特別編~花沢温泉は抹茶の香り~』 byR&GPS

4
菊とハルが勢いよく飛びこんだバッシャ~ンそれに続いて、珀と桃までも勢いよく飛びこむバッシャ~ンほんと、うちのSPはどうなの?完全に遊んでいるよな?それに、次々やってくる新たな動物達に興味津々だし、仲良くなりたがるっておかしくない?あきらの奴、さっさと迎えに来てくれないかな?可愛いんだけど、ここは一応俺達の温泉な訳で、、と、類は横を向くするとそこには、温泉を被ったつくしの姿シャツが濡れ下着が透けて色...
私の帰る場所・178
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

私の帰る場所・178

-
一睡もする事なく地下室でモニターを見ていたが流石に限界・・・つくしを連れてリビングに戻ったのは朝日が眩しい時間帯だった。そこには夢子おばさんが居て、おじさんは既に会社に向かったと聞いた。あきらには休暇を取らせる分、休む訳にもいかない。それに美作商事に対して誰かから連絡があるかもしれないと言って出掛けたと聞かされた。「・・・何も連絡は無かったわね・・・やっぱり金銭目的の誘拐じゃ無いって事よね」「判らないな。...
Substitute・11
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Substitute・11

1
屋上から降りてくると、今日最後の講義は出席しないと不味いとばかりに教室に足を向けるつくし。「じゃあ、また!」と片手をあげて数歩走り出した所で足を止め、類の方に向き直った。類も反対方向に歩き出していたのに同じく足を止め振り返る。言葉も交わしていないのに彼女の行動が判るかのような感覚は、類本人にも「自分の中の謎」・・・ミステリアスな部分だった。だからという訳ではないが、いつものように無表情に戻ってしまっ...
幸せな夢の始まり(34)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

幸せな夢の始まり(34)

4
再び「瑠那」に変身して総二郎と向かったのはF・Bホテルの屋上にあるバー。シンガポールの観光スポット・マリーナベイを目の前で見ながら過ごせる人気のバーらしい。ここの一画を貸し切って特別席を用意し、ウィンリー夫人が来るのを待っていた。『ハ~イ!あなた達すっごく素敵ね、何処の国の人?この辺じゃ見掛けないわね』『ん?何処だと思う?』『そうねぇ、韓国かしら?あの国の男性は綺麗ですもの!』『ははっ!残念だった...