FC2ブログ
私の帰る場所・216
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

私の帰る場所・216

-
総の茶会が終わって、結局花音は抹茶を飲まずに逃げて終わった。それを仁美さんは随分気にしていたけど総は笑ってるだけ・・・気にはしていなかった。むしろ無理矢理飲ませてトラウマになってはいけないと、もう少し大きくなってからでも問題ないと逆に仁美さんを励ましていた。「申し訳ありません、こんな雰囲気は初めてなので驚いたんだと思いますが・・・」「いや、何となくだけど花音がああなる事は想像していたから気にしてないって...
最後の雨 (7)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

最後の雨 (7)

4
知美さんの結婚式は華やかだった。いつもより数倍綺麗な知美さんは新郎さんの腕を掴んでずっと笑ってて幸せそう・・・私も手が痛くなるほど拍手を送った。いいなぁって思いながら「おめでとう!」って声を張り上げた。『新郎の達也君は学生時代ラグビーの・・・』新郎さんの紹介の時、これが花沢類だったらどう説明するんだろうって考えた。でも花沢家の結婚式でこんなスピーチなんてある訳がない・・・友人代表に誰がなるの?道明寺・・・それ...
Colorful Pieces(16)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

Colorful Pieces(16)

4
花沢家でバイトを始めて1週間が過ぎた。1日の流れは大体掴めたけど、掴めないのはご主人様である花沢類の生態・・・いや、行動だった。カーテン用のリモコンをピッ!と押して彼の部屋に朝日を注入!そして彼のベッド横に立って深呼吸1回。「おはようございます、類様。起床時間です、起きて下さい」「・・・・・・・・・」「おはようございます、類様、お時間です、布団から出て下さい」「・・・・・・・・・」「ちょっと!聞いてます?]「・・・・・・・・・...